Tsunayoshi

Tsunayoshi[ツナヨシ]|犬の飼い方が学べる情報サイト

Tsunayoshi [ツナヨシ]は、情報発信と社会問題の解決を支援する、社会支援(Social Support)メディアです。

インターネットメディア事業の側面としては、犬猫の殺処分をはじめとする様々な社会問題の啓蒙や問題提起を行うだけでなく、犬と暮らす愛犬家のケアを目的とした質の高い情報を日々配信しています。

Tsunayoshi [ツナヨシ]の記事を執筆するライター陣には…

・ドッグトレーナー
・獣医師
・動物看護師
・ドッグライフアドバイザー
・海外在住の保護団体スタッフ
(イギリス、ドイツ、アメリカ等)

など、バラエティー豊かな犬のプロ達を中心に、犬を心から愛してやまないライター陣によって運営されています。私たちは月間50万人に及ぶ多くの読者様に支えられ、愛犬家に必要な情報や知識、そして倫理観をテーマに犬と生きていくことを真剣に考えています。

社会支援(Social Support)事業の側面としては、全国のNPOや動物保護団体と連携することで、国内における犬猫の殺処分0を目指しています。『各団体の経済的な自立を可能にする』ことを理念としており、最終的には社会的インフラを築くことを目標にしています。

また、Tsunayoshi [ツナヨシ]の情報発信と拡散能力を最大限に利用することで、多くの人々に社会問題について認知してもらう活動を行っています。

環境省自然管理局の報告によると、平成26年度(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)において殺処分の対象となってしまった犬猫は101,338頭にも昇ります。

101,338頭もの尊い命が殺処分されてしまうという大きな社会問題に取り組むべく、WEB上における強い拡散力を駆使したインターネットメディアと、実益によってNPOや保護団体の活動支援を行う社会支援(Social Support)を組み合わせた独自の事業展開を行っています。

\ 今日の人気ランキング TOP3 /

生活苦で愛犬をシェルターに。悲しみに耐えられず翌日迎えに行くと愛犬は安楽死させられていた
生活苦で愛犬をシェルターに。悲しみに耐えられず翌日迎えに行くと愛犬は安楽死させられていた

生活に困窮した飼い主は、愛犬を手放す決断をしシェルターに持ち込んだものの、いつも目の前にいるはずの愛犬がいない悲しみに耐えられませんでした。思い直して翌日シェルターに引取りに行く ...

放し飼いが犬にとって幸せとは限らない。ろく食事も与えられ無かった犬の保護生活
放し飼いが犬にとって幸せとは限らない。ろく食事も与えられ無かった犬の保護生活

保護犬たちに新たな飼い主を見つけるために重要なポイントとなる『リトレーニング』。傷ついた心のケアとともに、さまざまな家庭で受け入れてもらうことが出来るように必要なしつけを出来るだ ...

捨てられた2匹の犬は、不安を打ち消すかのように互いに抱き合い続けた。
捨てられた2匹の犬は、不安を打ち消すかのように互いに抱き合い続けた。

飼い主は、殺処分率の高いハイ・キル・シェルターに2匹の犬を持ち込みました。犬たちは飼い主から虐待されていたのか、ずっと互いに寄り添って抱き合っています。彼らが持ち込まれたシェルタ ...

\ 最新の記事をチェックしよう!/

人間の勝手で野良犬にされた『ひまわり』が教えてくれた愛の連鎖を再び。
人間の勝手で野良犬にされた『ひまわり』が教えてくれた愛の連鎖を再び。

元飼い犬だった"ひまわり"は、生まれたばかりの子犬たちと竹藪に隠れていたところを、宮崎県の動物管理署によって捕獲・保護されました。実は、今回ご紹介する"ひまわり"は映画にもなった ...

バッテリ液が原因か?酷い火傷を負った保護犬はセラピー犬に生まれ変わった!
バッテリ液が原因か?酷い火傷を負った保護犬はセラピー犬に生まれ変わった!

街中を彷徨うゴールデンレトリバーが発見されたとき、背中には大火傷を負っていました。その後、獣医らの懸命なケアにより保護犬は一命を取り留めます。そして、幸いにも里親も見つかり、セラ ...

理由が悲しすぎる...飼い主に捨てられたハスキーが再び笑顔を取り戻した理由とは?
理由が悲しすぎる...飼い主に捨てられたハスキーが再び笑顔を取り戻した理由とは?

迷子犬を見つけたら、何としても飼い主の元に戻してあげたい、そう誰しもが思うはず。しかし、迷子犬のハスキーを発見した男性が勇んで飼い主に連絡を入れたところ、完全に拒否されてしまった ...

驚愕の事実...米国で毎年10,000頭もの犬が警官に殺される原因と対策について考える
驚愕の事実...米国で毎年10,000頭もの犬が警官に殺される原因と対策について考える

家の庭でのびのびと過ごす飼い犬と、街の平和を守る警官。彼らは一見、相まみれることのなさそうな両者ですが、近年アメリカ合衆国では警官に殺される飼い犬の数が急激に増加。野良犬ならまだ ...

手話で心が通じ合う少年と保護犬。あえて難聴の犬を引き取った理由とは?
手話で心が通じ合う少年と保護犬。あえて難聴の犬を引き取った理由とは?

ある動物保護団体に保護されたその犬には身体的ハンデがありました。しかし、彼女を引き取った里親のもとで、そのハンデが逆に強みに変わりました。保護犬エリーの秘密とは、一体何だったので ...

ドイツで起きた多頭飼育の崩壊から、ペット産業の闇を考える。
ドイツで起きた多頭飼育の崩壊から、ペット産業の闇を考える。

サッカー文化が盛んなことから日本人にも馴染みが深いドイツはドルトムントですが、実は多頭飼育崩壊によって15匹の犬たちがレスキューされました。犬を飼うこと、それからペット産業につい ...

1匹の老犬との出会いが人生を変えた!老犬保護のために全てを捧げる生き方とは?
1匹の老犬との出会いが人生を変えた!老犬保護のために全てを捧げる生き方とは?

老犬や持病がある保護犬は、里親探しが最も困難だといわれています。今回ご紹介するアメリカ人女性が引き取った犬は、そのどちらの要素も持ち合わせていた犬でした。しかし、この老犬との出会 ...

小さな命を諦められなかった...口唇口蓋裂で餓死寸前だった子犬を安楽死から救った女性
小さな命を諦められなかった...口唇口蓋裂で餓死寸前だった子犬を安楽死から救った女性

口唇口蓋裂という先天的異常を聞いたことがありますか?犬だけでなく、人間も含むすべての哺乳類に起こりうる奇形です。3人の獣医師から安楽死を勧められるも、口唇口蓋裂の子犬の命を懸命に ...

愛犬家の生活を快適に?飼育の過程でペットに必要な情報を教えてくれるアプリが登場!
愛犬家の生活を快適に?飼育の過程でペットに必要な情報を教えてくれるアプリが登場!

私たちの生活に欠かせない携帯電話。今ではスマートフォンを愛用している人が多いのではないでしょうか。せっかくスマホを持っているならば愛犬との生活をより楽しく、より快適にしてくれるペ ...

3年で迷い犬が減少傾向になるも、依然としてイギリス国内で安楽死率が高い犬種
3年で迷い犬が減少傾向になるも、依然としてイギリス国内で安楽死率が高い犬種

犬が人間の家族の一員として定着した今日でも、飼い主の元からはぐれて捕獲される迷い犬が後を絶ちません。しかし、ここ数年で、愛犬大国・イギリスの捕獲犬の数が著しく減少し始めたと言いま ...

「実験用動物は必ず里子に出せ」ニューヨークの新法律で動物実験はどう変わる?
「実験用動物は必ず里子に出せ」ニューヨークの新法律で動物実験はどう変わる?

苦痛を与えられた挙句に使い捨てのように扱われていた動物実験用の犬猫たち。昨年、ニューヨーク州で可決した法律は、実験に使用されている動物たちに少しだけでも明るい未来を与えることにな ...

ピットブルへの認識が変わった飼い主、それは取り戻せない愛犬の命と引き換えだった
ピットブルへの認識が変わった飼い主、それは取り戻せない愛犬の命と引き換えだった

ピットブルという犬種の血を引いている、という理由だけで目の敵にされている現実はみなさんご存知の通りです。アメリカに住むグレッグ・ヘイネンさんもそうした1人でした。しかし、彼はピッ ...

大晦日の奇跡!積雪で重症の飼い主を19時間も温め励まし続けて生還させた愛犬
大晦日の奇跡!積雪で重症の飼い主を19時間も温め励まし続けて生還させた愛犬

犬と生活しているとちょっとした日常の中で彼らに助けられることが多々あります。それは精神的なものが多く、犬が家族の一員であるからこそ感じられる見えない繋がりでもあるのです。しかし、 ...

年に一度の大イベント『パピーボウル』、米国らしい里親キャンペーンが素敵
年に一度の大イベント『パピーボウル』、米国らしい里親キャンペーンが素敵

アメリカでは年が明けると、多くの人がお気に入りのアメリカンフットボールのチームの成績を気にし出すと言われています。なぜなら、2月初旬にNFLの頂上戦であるスーパーボウルがあるから ...

【閲覧注意】生放送で飼い犬への虐待を流した男の実態...知れば知るほど許しがたい
【閲覧注意】生放送で飼い犬への虐待を流した男の実態...知れば知るほど許しがたい

犬は大切な家族なはず。それなのに飼い犬を殴ったり蹴ったり、怒声を浴びせ、虐待行為を続ける人間がこの日本のどこかで暮らしています。しかも、虐待する様子を『ニコニコ生放送』で配信した ...

新設したシェルターの火災は19匹の尊い命を奪った…その裏で囁かれる詐欺疑惑
新設したシェルターの火災は19匹の尊い命を奪った…その裏で囁かれる詐欺疑惑

ワシントン州で起きた火災は、まさに予期しない場所で起きました。火災現場は新設して間もないアニマルシェルターだったのです。シェルター内にいた35匹の犬の内19匹が犠牲となってしまい ...

盲目の女性に降りかかる火災の恐怖!飼い主の命を3度も救った補助犬がすごい
盲目の女性に降りかかる火災の恐怖!飼い主の命を3度も救った補助犬がすごい

いつ何時、自分の身にに降りかかるか分からない住宅火災。しかも、自身が全盲だったら!?アメリカに住む全盲の女性に火災の恐怖が降りかかりました。しかし、彼女は分身でもあるサービスドッ ...

医療スタッフの一員として、闘病中の子どもに笑顔と希望を与え続ける犬たち
医療スタッフの一員として、闘病中の子どもに笑顔と希望を与え続ける犬たち

ファシリティドッグをご存知ですか?ファシリティドッグとは病院などの施設に医療スタッフとして常駐する犬のことです。ファシリティドッグは、闘病中の子どもたちを癒す不思議な力を持ってい ...

「もう無理やり狩猟なんかしなくていいんだよ」御用済みとなった猟犬が手に入れた自由
「もう無理やり狩猟なんかしなくていいんだよ」御用済みとなった猟犬が手に入れた自由

ハウンド系の犬は狩猟が得意ですが、ビーグル犬のルーズベルトは違っていました。彼は狩猟が苦手だったのです。元の飼い主はそれを理由にシェルターにルーズベルトを持ち込みました。その後、 ...

耳を無くした元闘犬に、世界中から送られた愛の形が素敵すぎる!
耳を無くした元闘犬に、世界中から送られた愛の形が素敵すぎる!

こんなにおしゃれな犬は見たことがない!というほど、かわいいらしいヘッドアクセサリーをつけたアビゲイル。色とりどりのリボンやニット、彼女のヘッドアクセサリーのレパートリーはたくさん ...

撮影現場で動物虐待?犬が生まれ変わる感動映画に非難が殺到した理由とは
撮影現場で動物虐待?犬が生まれ変わる感動映画に非難が殺到した理由とは

犬が何度も生まれ変わり、自分が生きる意味を求めるといった内容のハリウッド映画『A Dog's Purpose』。犬好きなら大号泣必至の感動ストーリーなのですが、撮影現場で犬に演じ ...

虐待により脊髄損傷を受け捨てられた犬…人々の愛と犬の努力で奇跡の回復!
虐待により脊髄損傷を受け捨てられた犬…人々の愛と犬の努力で奇跡の回復!

幸せになるために生まれてきたはずの1つの命が、またもや人間の手で虐待を受けてしまいました。ドーベルマンのメス、ナンシーが発見されたのはゴミ溜めでした。虐待により脊髄が損傷し、後ろ ...

【九死に一生】地震の瓦礫の下から救出された犬の第二の犬生はレスキュー隊
【九死に一生】地震の瓦礫の下から救出された犬の第二の犬生はレスキュー隊

2016年は本当に災害の多い年だったように思います。日本の熊本地震は大きな爪痕を残しました。世界に目を向けてみても、イタリアの地震も甚大な被害を被り、まだまだ復興の途中です。今回 ...

「一緒に最期の散歩を分かち合ってくれませんか?」愛犬の安楽死を目前にSNSで呼びかけ
「一緒に最期の散歩を分かち合ってくれませんか?」愛犬の安楽死を目前にSNSで呼びかけ

日本では馴染みが薄い安楽死ですが、海外では愛犬の苦しみを長引かせずに安楽死を選択する人が少なくありません。18歳になる愛犬と暮らすマークさんもその1人でした。そして、安楽死の前に ...

「あの場所には絶対戻りたくない…」決死の想いで闘犬場から脱出したピットブル
「あの場所には絶対戻りたくない…」決死の想いで闘犬場から脱出したピットブル

アメリカの森から保護されたオスのピットブルは全身傷だらけの状態でした。後ろ足には重傷を負い、切断手術が必要です。驚くことに保護されたピットブルは、自力で闘犬場から脱出してきたので ...

これぞ母の愛!骨折した足を引きずり、獣医をわが子の元に誘導した母犬に感動
これぞ母の愛!骨折した足を引きずり、獣医をわが子の元に誘導した母犬に感動

メスのグレイハウンドは、保護されたとき足を骨折していました。動物病院で診断を受けると、骨折だけでなく赤ちゃんを産んだばかりの体であることが判明します。獣医は赤ちゃんを探すべく、母 ...

アジア先進国の動物愛護事情は?シンガポールの捨て犬とセラピードッグ
アジア先進国の動物愛護事情は?シンガポールの捨て犬とセラピードッグ

シンガポールと聞いてどのようなことを思い浮かべますか?マーライオン、マリーナベイサンズ、金融街、ショッピングの街、などなど華やかなイメージが浮かびますよね。そんなシンガポールのペ ...

犬食文化が残る韓国に変化の兆しあり!米・動物愛護団体によって200匹が救出される
犬食文化が残る韓国に変化の兆しあり!米・動物愛護団体によって200匹が救出される

犬食文化がいまだに残っている韓国ですが、犬を食べるのは残忍だ、として世界から非難を浴びているのはご存知の通りです。その韓国に、アメリカの動物愛護団体『ヒューメイン・ソサエティ・イ ...

里親として迎えるも突如歩けなくなった子犬が、もう一度走れるようになった治療法とは?
里親として迎えるも突如歩けなくなった子犬が、もう一度走れるようになった治療法とは?

ルーさん家族が可愛い子犬の"ルカ"を迎えたものの、何か動きがおかしいことに気が付きます。子犬は後ろ足を引きずるようにして歩いていたのです。このまま一生歩けないかもしれない、と不安 ...

「いつも自分を支えてくれる愛犬だから」介助犬と一緒にバージンロードを歩いた花嫁
「いつも自分を支えてくれる愛犬だから」介助犬と一緒にバージンロードを歩いた花嫁

結婚式と言えば人生最大の大イベント。パニック障害を抱えるヴァレリーさんは、近々結婚式を控えていました。誰しもが緊張するものですが、ヴァレリーさんはパニック障害のため人よりも緊張し ...

<< 3 4 5 6 7 >>

Tsunayoshiでは、多様な犬種の情報もまとめているよ!

犬の飼い方が学べる情報サイト、Tsunayoshi [ツナヨシ] とは?

Tsunayoshi [ツナヨシ] は、犬との暮らしを楽しむ人のための、犬のしつけ病気食べ物グッズ、そして独自の犬種図鑑など、犬の飼い方が学べる情報サイトです。犬との毎日が豊かになるような、とっても役立つ情報がたくさん集まる犬メディアです。

また、犬との暮らしに役立つ情報の以外にも、「おもしろ」「かわいい」「感動」というテーマでは、エンタメ性の高いコンテンツも充実しています!ちょっとした隙間時間や就寝前にオススメです。あなたの犬好き度が倍増すること間違いなしですよ♪

考える」という独自のカテゴリーが存在するものTsunayoshi [ツナヨシ] の特徴です。このカテゴリーは、犬に関する社会問題や海外事情などをピックアップすることが多く、人と犬とが楽しく共生できる素敵な社会の実現のために、私たち愛犬家にできることを日々探求しています。