\ 高齢犬に優しい健康食 /

限定特価で販売中

記事一覧

このページでは、これまでにTsunayoshiで作られたすべての記事を紹介しています。

全記事一覧 (1ページ目)

記事サムネイルを表示しています
戦士した息子の形見となった子犬、引き取って数年後に起きた不思議な出来事とは?

戦争でわが子を失った母は、せめて息子が戦地で可愛がっていた子犬を家族に迎えたい、と考えます。懸命に捜索した結果、無事に引き取ることができました。子犬も大きくなったある日、母の息子を思うストーリーを取材に来たメディアが犬の映像を撮っていると、そこにはなんとも不思議な光が差し込み始めたのです。

記事サムネイルを表示しています
安楽死を免れたピットブルの「大好きのハグ」が胸を打つ。

動物保護施設のボランティアをしている女子大学生が出会ったのは、耳や尻尾の毛が抜けたピットブルでした。他の保護犬がうるさく吠える中、この犬だけは静かに彼女の瞳を見つめていました。しかし、この犬には安楽死がひたひたと迫っていたのです。

記事サムネイルを表示しています
「僕の仲間も一緒に助けて」保護を拒否する捨て犬が守ろうとしたものとは?

人生で途方に暮れたとき、仲間がいる人は幸いです。今回保護された犬にも素敵な仲間がいました。男性が運転中に発見した捨て犬を保護しようとするのですが、なぜか嫌がり森の方を見て吠え続けます。この捨て犬は、過酷で辛い日々を共に過ごしてきた「仲間」も一緒に助けてほしかったのです。

記事サムネイルを表示しています
まさに奇跡!雪崩によって壊滅的な被害に遭ったホテルから3匹の子犬を救出

イタリアで起きた雪山の雪崩。これにより、ホテルの一部が倒壊してしまいました。長引く救出作業の中、ある奇跡が起こります。このニュースは救助隊員を大きく勇気付けました。

記事サムネイルを表示しています
「ペットショップでは保護動物のみ販売可能」米国で可決された条例に未来を感じる!

アメリカ西海岸の大都市、サンフランシスコでペットショップでの生体販売に関する条例が可決されました。ペットショップで販売できる犬・猫は、保護動物に限る、というものです。これはまさに日本でも望まれているもの。この条例が可決されるにあたり尽力したのは、女性政治家でした。

記事サムネイルを表示しています
【危機一髪】犬の命を奪いかけていた首輪...その理由はまたもや飼い主のネグレクト

犬が飼い主の庭から保護されたとき、その首元には赤い血が滲み、ボロボロの首輪が食い込んでいました。あと1ヵ月救助が遅れたら、この犬は亡くなっていたかもしれません。あまりにも意識の低い飼い主から保護された犬は今、幸せへの第一歩を歩み始めています。

記事サムネイルを表示しています
【涙腺崩壊】あなたは家族から捨てられた老犬が泣くのを見たことがありますか?

老犬は、病気を理由に家族から動物管理センターに捨てられてしまいました。持ち込んだのは老夫婦です。老犬は飼い主から離された寂しさで延々と泣き続けました。そして2日後、悲しい涙を目にいっぱい溜めたまま、老犬は息を引き取ったのです。高知県・中村小動物管理センターの檻の中で、人間の赤ちゃんのように泣き続ける老犬の動画をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
余命宣告を乗り越えて...人間の都合で障がいを抱えた生まれてきたピットブル

保護犬を引き取りに行ったら、多くの人は可愛らしい顔立ちのワンコを選ぶと思います。しかし、アーニーさんは障がいを抱えたメスのピットブルをとても気に入って引き取ることにしました。ただ、このワンコの命はもって3年という期限付きだったのです。余命を超えて力強く生きるピットブルをご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
偏食気味の犬もペロリと完食しちゃう?話題のモグワンを徹底レビューしてみた!

愛犬の食生活に気を使ってますか?食生活のベースとなるドッグフードは、愛犬の健康を維持する上でとても重要なものですよね。「体の中に取り得るものだから変なものは避けたい」と考える飼い主さんも多いことでしょう。そこで今回は、いま話題のプレミアムドッグフード『モグワン』を実際に注文してみました。愛犬の食いつき具合なども含めて徹底レビューをしていきたいと思います!

記事サムネイルを表示しています
「また独りぼっちになるかも…」里親家迎え入れられたのに眠れない犬の運命は?

保護犬が里親家族に迎え入れられれば、ほとんどの犬は安住の地を得て笑顔を見せてくれるはず。しかし、この犬は違いました。笑顔どころか安心して眠ることさえできないと言うのです。それは、犬のあまりにも切なく辛い過去に原因がありました。

記事サムネイルを表示しています
ケージに閉じ込められたまま飼育放棄された犬…医師の諦めない心が奇跡を起こす

誰がどう見ても、この犬は死んでいると思うのではないでしょうか。汚れきったケージ内で犬が死んでいるとの通報を受け、担当者が到着し確認してみると、驚くことに犬は生きていました。しかし、あまりの状態に誰しもが回復するはずはない、と思っていたこの犬は奇跡的に生き延びることができたのです。

記事サムネイルを表示しています
ケガを負った飼い主から離れない!犬の気持ちに応えた救急隊員と病院の「神対応」

ケガをして救急車に運ばれる男性の元には2匹の犬が心配そうに寄り添っています。飼い主のケガを相当心配しているようです。忠犬ぶりを発揮する2匹に、神対応ぶりを見せたのは救急隊員と病院の人たちでした。犬の純粋な心と人の優しさが感じ取れるストーリーです。

記事サムネイルを表示しています
「出かけるぞ!」ユニークな方法で元捨て犬を楽しませるお年寄りが素敵すぎた

とかく深刻になりがちな捨て犬の問題。しかし、アメリカに住むお年寄りは「心から犬たちに喜んでほしい」という思いで、あるユニークな方法を形にして毎日を楽しんでいます。さあ、どんな楽しみ方をしているのか、見ていきましょう!

記事サムネイルを表示しています
【九死に一生】首を骨折して死にかけた男性の命を守り続けたのは愛犬だった!

大晦日の夜、男性は薄着のまま雪の積もる玄関先に暖炉用の薪を取りに行きました。足元はいつも通りのスリッパ。しかし、運悪くも転倒し、なんと首を骨折してしまったのです。そして、マイナス4度の冷気の中、20時間後に奇跡的に救出されます。彼を温め続け命を助けたのは愛犬のゴールデンレトリバーだったのです。

記事サムネイルを表示しています
まさに無償の愛!迷子の子犬をとことん面倒看た警察官の優しさが心に響く

パトロール中に迷子らしき子犬を見つけたのは警察官でした。飼い主がいないか、しばらく付近を探してみたものの、それらしき姿を見つけることができませんでした。職務規定通りに動物保護施設に連れて行くかと思いきや、なんと自宅でしばらく面倒を看ることに。自らの時間を犠牲にしてでも子犬の面倒を看た警察官の優しさが心に響きます。

記事サムネイルを表示しています
たった1枚の写真が変えた、心優しきストリートチルドレンと野良犬の未来

みなさんは「ストリートチルドレン」の存在をご存知でしょうか?日本で暮らしていると、家もなく路上で生活している子どもの姿など、0%に近い確率で見ることはありません。しかし、世界中では1億人以上のストリートチルドレンが今日も飢えや寒さの中、命を繋いでいるのです。今回は、パキスタンのストリートチルドレンが見せた犬への愛情物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
辛い過去を抱えた保護犬、赤ちゃんとの出会いによって心の扉を開いていく。

カナダのエリザベスさん夫婦は、わが子に動物をリスペクトする精神を身に付けてほしいという考えと、世の中に向けて保護犬がこんなにも愛らしく美しい存在であることを知ってほしいという願いを込めて、たくさんの写真をインスタグラムにアップしています。辛い過去のトラウマで心を閉ざしていた保護犬が、家族に打ち解けていく素敵な物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
保護犬もスタバで癒やされちゃう!?犬専用の裏メニュー「パプチーノ」の効果とは?

動物保護施設で里親を待ち続ける保護犬たちの気持ちを癒やす、ユニークな「パプチーノパルプログラム」をご紹介します。アメリカの動物愛護協会が、保護犬たちをスターバックスに連れて行き美味しい「パプチーノ」を楽しんでもらう、というものです。このプログラムは保護犬に癒やしを与えると同時に、たくさんの人に施設で暮らす犬を知ってもらう良い機会になっています。保護犬たちの至福な表情に注目です♪

記事サムネイルを表示しています
車に跳ねられ重傷を負った犬を市民と獣医が保護!犬を想う人々の行動が熱い

車で走行中、動物と遭遇しヒヤッとしたことはありませんか?ましてやそれが犬だったら?雪が積もるノースカロライナ州の道路上で、車に跳ねられた犬がグッタリと横たわっていました。発見後、病院で手当てを受けましたが、その費用には人々からの寄付金が充てられます。さらに獣医師の提案による「ひき逃げ違法化運動」まで巻き起こりました。

記事サムネイルを表示しています
遺されたメッセージが辛すぎる...動物保護施設で働く獣医はなぜ自殺したのか?

獣医師として高い志を持ち活躍していたはずの女性。しかし、心優しい獣医師だったことが、徐々に彼女の心を苦しめていきます。今回は、台湾の動物保護施設で働いていた獣医師が自らの命を絶つほどの理由はなんだったのか、そして、彼女が命と引き換えに遺していった心に刺さるメッセージをご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
涙の再会!韓国の食用犬飼育場で苦楽を共にした二匹の絆とは?

近年、韓国の食用犬飼育場から保護された多くの犬が、新しい生活と家族を求めてアメリカへ渡っています。今回ご紹介するのは、同じ境遇にあった二匹の犬。彼らの絆と愛の強さは離れていたときも、距離や時間をものともしませんでした。

記事サムネイルを表示しています
ゴミ扱いされる犬...それでも人間に尻尾を振り続ける犬の姿に涙が止まらない。

人々の心がウキウキするはずのクリスマス。しかし、雪が積もった街の一角に住む住人の心は沈んでいました。なぜなら、道路に積み上がったゴミの中に、寂し気に座っている犬がいたからです。その街の名は、人間も住みにくいと言われるデトロイト。この犬の身に、いったい何が起きたのでしょうか。

記事サムネイルを表示しています
子どもと大型犬を写した、まるでおとぎ話のような美しい写真の数々に心打たれる。

極寒の地、ロシアで過ごす「子どもたちと犬の写真」を撮り続けている写真家がいます。それはまるでおとぎ話の1コマを切り取ったような幻想的な美しさを放ち、私たちの心を癒してくれます。めったに犬の情報が入ってこない大国、ロシアから素晴らしい写真をご紹介しましょう!

記事サムネイルを表示しています
「残される愛犬に新しい飼い主を見つけてほしい」ホームレス男性の最期の願いとは?

好き好んでホームレスになる人はいません。運命に翻弄されたクリフさんも、そんな1人です。病気をきっかけに仕事を失った彼はホームレスとなり、寒い路上で愛おし気に愛犬を抱きしめていました。その姿に心を打たれた女性が話しかけると、クリフさんは「いくばくもない自分の命が消えるまでに、愛犬に新しい飼い主を見つけてほしい」と願いを託したのです。

記事サムネイルを表示しています
たくさんの愛に支えられて...幸せな暮らしを手に入れたホームレスと野良犬

犬を愛する人間の心は誰にも止めることはできません。たとえ仕事を失ってホームレスになったとしても、です。今回ご紹介するのは、ロサンゼルスでホームレスとなった男性と野良犬とが一緒に幸せな生活を送れるようになった物語です。それは、数多くの愛ある人々のサポートがあってのことでした。

記事サムネイルを表示しています
靴を噛んだだけなのに!前足を切断された子犬はどこまでも人間を信頼し続けた。

タイの動物保護団体に運び込まれた子犬の姿は、医療スタッフですら大きなショックを受けるほどでした。やんちゃ盛りの9ヶ月の子犬の前足は、鋭利な刃物で切り落とされていたのです。恐ろしい虐待行為をしたのは飼い主の隣人の男でした。

記事サムネイルを表示しています
降りしきる雨の中にたたずむ捨て犬。そのとき、ある女性が取った行動とは?

ある朝偶然見かけた捨て犬。雨の中で動こうともしません。あなたなら、どうしますか?捨て犬を救うべく勇気ある行動に出た、あるアメリカ人女性に迫ります。

記事サムネイルを表示しています
「一緒に生きてきた」俳優・遠藤憲一の愛犬との出会いと別れに思わず涙

愛犬がいてくれることで人生が変わった、と感じていらっしゃる人も多いかと思います。俳優の遠藤憲一さんも愛犬との暮らしを通して大きな影響を受けてきた1人です。1997年初めて犬と暮らし始め、2016年、2匹目の愛犬を愛妻と一緒に天国に見送りました。今回は、コワモテ役からじんめん犬までと、幅広い演技力を持つ遠藤憲一さんの愛犬との「出会いと別れ」の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
生体オークションから108匹の犬を救出!しかし、そこには新たな問題が残されていた。

アメリカ、ミズーリー州で、8人の女性ボランティアグループにより「キャバリア・レスキュー・オペレーション」と呼ばれる大々的な救出作戦が行われました。劣悪な環境下で飼われていたキャバリアを含む犬の数は実に108匹!この犬たちはみな「パピーミル」と呼ばれる子犬工場向けに販売される予定だったのです。全頭救出に成功したものの、その作戦には問題も残されました。

記事サムネイルを表示しています
冷酷すぎる!書類不備で搭乗を拒否された意見を極寒の中置き去りにして凍死させた夫婦

ロシアから、愛犬家には耐えがたいニュースが飛び込んできました。書類不備が原因で愛犬の搭乗を拒否されたある夫婦が、あまりにも言語道断な行動に出たのです。この夫婦の愚行は世界に知れ渡り、多くの人から非難が寄せられています。

1 2 3 4 5 >>