\ 高齢犬に優しい健康食 /

限定特価で販売中

記事一覧

このページでは、これまでにTsunayoshiで作られたすべての記事を紹介しています。

全記事一覧 (1ページ目)

記事サムネイルを表示しています
なぜ犬に対して“赤ちゃん言葉”になるのか?その心理と犬への効果が解明!

犬を飼っている皆さん、愛犬にはどのような声掛けをしていますか?!動物を飼っていない人であっても、もしかしたら普通の話し方ではなく少し“犬用の話し方”をしているのではないでしょうか。ここでは、フランスの研究チームがそんな私たちの話しかけ方の違いと犬たちの反応を実験した結果をレポートします。

記事サムネイルを表示しています
シェルターで涙を流し飼い主を探す犬。差し伸べられた救いの手によって笑顔を取り戻す

飼い主の引っ越しにより手放されることになったオスのピットブル。彼が持ち込まれたのは、残念ながらハイ・キル・シェルターという殺処分率の高い施設でした。ピットブルの落ち込みようはひどく、施設のスタッフの足音が聞こえるたびに、飼い主の姿を探していたそうです。ラッキーなことに彼に里親が現れ一緒に暮らし始めたところ、予想を裏切られるほどの元気を取り戻すことができました。

記事サムネイルを表示しています
「犬の鳴き声がうるさい」クロスボウの矢を民家に放った45歳無職の日本人男性

犬がワンワン吠えるのは仕方がないことだ、などと放置していると、とんでもない事件に巻き込まれてしまうかもしれません。2015年、大阪に住む男性が隣家の犬の鳴き声にイラついて、クロスボウという弓で金属棒を窓に発射する事件が起きました。住人と犬に怪我はありませんでしたが、こうした犬の騒音トラブルは後を絶ちません。今回は、事件の内容をご紹介するとともに、私たち愛犬家に求められているモラルについても考えてみます。

記事サムネイルを表示しています
飼い主に捨てられ痩せ衰えたサルーキ、元気を取り戻して結婚式に出席する姿が美しい!

サルーキとグレイハウンドのミックス犬は、道路脇に捨てられているところを保護されました。すべての骨という骨が浮き上がり、自力で立つことさえできないほどに痩せ衰えていたのです。その後、ガリガリの天使は素敵な里親と巡り合い、1年後、飼い主の結婚式で美しい姿を披露できるまでに回復しました。

記事サムネイルを表示しています
素人ブリーダーの犠牲となり、親兄妹も片目も失ったアルビノの子犬が幸せを掴むまで

素人ブリーダー、通称「バックヤードブリーダー」の元で産まれた4匹の子犬。そのうち2匹は色素を持たないアルビノでした。偶然の導きでこの4匹はレザさんという女性に引き取られますが、3匹は血を吐いて亡くなってしまいます。生き残った1匹のアルビノ犬"ラッキー"が、過酷な運命をもろともせず前向きに生きる物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
「僕は生きたい!」安楽死の勧告を乗り越えた、生まれつき前足がない子犬の魂の叫び

ボクサー犬の赤ちゃんは、生まれつき前足に障がいを抱えていました。獣医の元で出産が行われたのですが、生れてから4時間後、獣医師は子犬を安楽死させることを考えます。しかし、長年に渡り動物を救済する夫婦によって、子犬の命は救われました。夫婦の深い愛情でたくましく生きる"ナビー"をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
【頭にはタバコの跡】空き家に置き去りにされ餓死寸前だった犬が、消防署の看板娘になるまで

空き家に置き去りにされた犬を救助してほしい、との通報により、1匹のメスのピットブルが救出されました。しかし、その体は糞尿にまみれ、ガリガリで餓死寸前の状態だったのです。その後、近くの消防署に一時預かってもらうことになりましたが、あまりの可愛さに消防署で正式に引き取ることになります。虐待の辛い過去を断ち切り、街の人々の安全に貢献する"アシュレイ"の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
二度も死にかけ、白斑にも苦しみながらも波乱万丈の犬生を乗り越えた黒いラブラドール

ラブラドールレトリバーの"ラウディ"君。いまや、Instagramで6万人ものフォロワーがいる大人気のワンコです。しかし、15歳の黒ラブの犬生は決して平坦なものではなく、2度も命の危機を乗り越えて今日があります。しかも、そのストレスからなのか、両目の周りは白斑になってしまいました。素敵な飼い主のおかげで、白斑を抱える子どもたちにたくさんの笑顔を与え続ける黒ラブをご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
有害物質による異常な虐待を受け続けた犬たち…人々の愛で可愛い姿を取り戻す

動物保護団体によって保護された犬、ルルとララ。被毛は抜け落ち、真っ赤に腫れ上がっていました。恐ろしいことに、無知な飼い主の手によって殺虫剤と思われる有毒物質を長期間浴びせられていたのです。しかも、アレルギー体質になり目も見えない状態でした。半年以上にも渡る治療が施され、ようやく可愛い姿を取り戻すことができた"ルルとララ"の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
飼い主に捨てられ安楽死を控えた犬、大好きなぬいぐるみと一緒に幸せへの1歩を踏み出す!

アメリカの動物保護施設に、いつものごとく飼い主によって1匹の犬が持ち込まれます。犬は「象のぬいぐるみ」と一緒でした。飼い主は、せめてもの償いとして少しでも安心して過ごせるように、と犬に持たせたものでした。ところが、犬にはなかなか里親が現れずに、安楽死が目前に控えていました。犬と象の運命やいかに!?

記事サムネイルを表示しています
共に戦火をくぐり抜けた愛犬に、安楽死でピリオドを打った男性の姿が涙を誘う

飼い主自らの意思で犬の命の期限を決める「安楽死」を選択することは、苦渋以外のなにものでもありません。アメリカのスミスさんもまた、難病で痛みに苦しむ愛犬を目の前にして、安らかになってほしいと、安楽死を選択した1人です。軍人と軍犬として共に戦火をくぐり抜けてきた相棒、"ボッザ"を看取るスミスさんの姿に涙が止まりません。

記事サムネイルを表示しています
飼い主からも獣医からも見捨てられ餓死寸前...それでも笑顔を見せるピットブル

インドネシアで飼われていたピットブルの"ティンティン"は、飼い主によって動物病院に持ち込まれました。しかし、飼い主は2度と病院を訪問することはなかったのです。さらに、獣医までもがティンティンに治療を施さず、エサも与えずにそのまま放棄しました。インドネシアの実情も含め、笑顔を取り戻した犬の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
3本足になってしまった保護犬が、癌を乗り越え世界中の人々に勇気を与えるまで。

フレンチ・ブルドッグの"ベサニーちゃん"は、道路脇に佇んでいるところを保護されました。しかし、ベサニーちゃんの足は癌に侵されていることがわかり、切断を余儀なくされるのです。その後、素敵な里親さんに巡り会って元気を取り戻したばかりか、今ではInstagramで3万人のフォロワーが付くほどの人気者に!可愛いベサニーちゃんの日常や名前の由来、将来の夢もご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
なるほど!犬が朝起きたときにストレッチしたり身体をブルブル振る意外な理由

犬が朝起きたとき、足を後ろにピーンと伸ばす姿に思わず笑ってしまったり、萌えてしまったりする愛犬家は多いでしょう。でも、なぜ彼らがそのような行動を取るか知っていますか?犬たちが起床時に取る典型的な仕草には、一体どんな意味が隠されているのでしょうか?

記事サムネイルを表示しています
安全な果物と危険な果物。愛犬のおやつに最適な果物11選

歯ごたえが良く、甘みもあって、犬も大好きな果物。ヘルシーで良いイメージがある果物ですが、実は犬には与えない方が良いものもあるのをご存知ですか?愛犬に与える前に、どんな果物が安全で、どんな果物が危険なのかを確認しましょう。

記事サムネイルを表示しています
驚愕!ゴミ捨て場で野良犬が必死になって掘り起こしていたものとは?

犬がゴミを漁るのは、まったく珍しくない光景です。ブラジルのとあるゴミ収集場で、ゴミを漁っていたあるメス犬がいました。昨夜のご馳走の残りを求めていたのかと思いきや、目的はまったく別のものだったのです。一体何を探していたのでしょう?

記事サムネイルを表示しています
痛みに耐える野良犬と、それを見守る野良犬。2匹を支える人々の力強さに感動

テキサス州ダラス郊外に、捨てられた犬たちが集まっているエリアがあります。食べ物はもちろん寒さから身を守る小屋も毛布もない中で、野良犬たちは互いを労わり合うことしかできません。ケガを負ってじっと痛みに耐える野良犬と、友を見守るもう1匹の野良犬に差し伸べられた、人々の熱い思いが伝わってくる物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
犬種差別を無くしたい!強面のピットブルの印象を変えるために女性が思い付いた方法

アメリカに暮らすピットブルのある飼い主は、散歩の中に人々が愛犬を怖がったり避けて通るのに気付きます。そこで、『あること』を試してみることに決めました。その得策とは一体何だったのでしょうか?

記事サムネイルを表示しています
【賞賛の嵐!】豪雨の中、野良犬を見掛けたバス運転主が取った行動とは?

豪雨の中、濡れて怯える野良犬を見掛けたら、あなたならどうしますか?日本の反対側に位置するアルゼンチンから、思わず心がほっこりする話が飛び込んできました。バスの運転手の取った行動から、思いやりとは何か?臨機応変さとは何か?と考えさせられます。

記事サムネイルを表示しています
信じられない暴挙に出た男...恋人の破局の犠牲になってしまった子犬

人々がペットを手放す理由はいろいろあります。引っ越し、病気、老化、経済的問題など…。どれも勝手な言い分です。近年では、わたしたちのライフスタイルの変化も手伝ってか、離婚や破局によりペットを飼育放棄するケースが増えてきています。

記事サムネイルを表示しています
知らなくてはいけない現実、韓国の犬肉産業の裏側で起きている驚愕の事実に迫る!

「犬が悲惨な目に遭っていることなんか、知りたくない!」そんな心の叫びが聞こえてくるほどの「現実」がそこにはありました。今回は、韓国の心あるグループが撮影した、悲惨な犬肉農場の裏側にスポットを当てます。この事実を知ってしまったら、自分にも何かできないだろうか?と心底思えるような内容です。将来に渡り協力体制が求められる隣国、韓国だからこそ、私たちは事実を知り国への理解を深めなければいけないのでしょう。

記事サムネイルを表示しています
人間の心をとらえて離さない、ゴミ箱に捨てられていた前脚がない子犬

カナダのオンタリオで保護された1匹の子犬。ゴミ箱に捨てられていたその子犬には、先天的障害がありました。特徴的な鼻の形のために素敵な名前を得たその子犬は、困難があるにも関わらず、多くの人々の心をとらえています。

記事サムネイルを表示しています
風前の灯火だったガリガリの保護犬…懸命に生きようとする姿が泣けてくる。

保護された犬の体は、生きているのが信じられないほどに痩せ衰えていました。骸骨のようなその姿は、誰しもの心を締め付け怒りをも誘発します。1日、そしてまた1日と、懸命に生きようとする小さな体の"リズ"の奇跡の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
虐待を受け人間の顔を見ることもできなかった老犬。里親と出会い輝く笑顔に!

壁に頭を押し付け、人間の顔すら見ることもできない老犬。彼の名前はジャックです。ジャックが動物保護施設に収容されたとき、飼い主からの虐待による後遺症で心に深い傷を負っていました。しかし、ある女性との出会いが老犬ジャックの犬生を輝かせ始めるのです!

記事サムネイルを表示しています
今や人間同士だけではない?!アメリカ発の保護犬と人間のマッチングサービスとは?

アメリカでユニークで画期的なマッチングサービスが開始されたというニュースが飛び込んできました。マッチングするのは人間同士ではありません。今後のトレンドは、保護犬と里親をマッチングさせるサービスです。

記事サムネイルを表示しています
世間が抱くネガティブな印象を払拭したい!ピットブルに対する偏見を無くす画期的な取り組みとは?

ポジティブなイメージより、どうしてもネガティブなイメージが付きまとってしまいがちなピットブル。そんな中、シェルターにいるピットブルに里親を見つけやすくするために立ち上がった、アメリカ人の写真家がいます。彼の活動内容は、一体どんなものなのでしょうか?

記事サムネイルを表示しています
「死なないで」事故に遭った野良犬を励ます8歳の難民少年、利他の精神に称賛の声

シリアの紛争で、子どもを含めた多くの人々が難民と化しています。8歳のフセイン君もシリアからトルコに移動してきました。着の身着のままで祖国を離れ、他国で暮らすだけでもかなり大変なはずです。それにもかかわらず、フセイン君は交通事故に遭った野良犬の命を救おうと、大切な自分の毛布を犬の体にかけ見守り続けました。

記事サムネイルを表示しています
残虐極まりない犯人を捜せ!両耳と鼻をそぎ落とされたロットワイラーに言葉も出ない

犬を引っ越しゴミと一緒に捨てていく住人が多発するデトロイトで、またもや犠牲となった犬が発生しました。しかし、今回のケースは尋常ではありません。通報を受けた動物保護団体のスタッフは、現場でうずくまる犬を見て言葉を失ってしまいました。恐ろしい虐待を受けたロットワイラーは、両耳と鼻をそぎ落とされていたのです。

記事サムネイルを表示しています
1,000匹もの蜂に刺され飼い主には捨てられる…不運続きの犬が幸せを手に入れるまで

生まれつき耳が聞こえない幼い犬に不運が重なります。ある日、誤ってハチの巣を踏んでしまいました。動物病院に連れて行かれたものの、飼い主はそのまま二度と犬の前に姿を現すことはなかったのです。しかし、そのほうがかえってこの犬には良かったのかもしれません。不運の連鎖を断ち切り幸せを手に入れた"スティンガー"の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
韓国の犬肉養殖場からアメリカへ渡った犬が怯えていた理由とは?

韓国の犬肉養殖場から救出され、アメリカに渡った若いメス犬がいます。ローズと名付けられたこの保護犬は、シェルターの職員たちが未だかつて見たことがないほど怯えきっていました。彼女には怯えて当然の理由があったのです。彼女に一体何があったのでしょう?

1 2 3 4 5 >>