\ 高齢犬に優しい健康食 /

限定特価で販売中

記事一覧

このページでは、これまでにTsunayoshiで作られたすべての記事を紹介しています。

全記事一覧 (5ページ目)

記事サムネイルを表示しています
痛々しいほどに皮膚が剥きだしだった野良犬が美しい姿を手に入れるまで

動物保護団体によって保護された野良犬は、元の姿がまったく想像できないほど傷ましい状態でした。野良犬の体にはノミやダニが寄生しており、被毛はほとんど失われ真っ赤に腫れ上がっていました。さらには足の変形や耳には裂傷の跡まであったのです。手厚いケアを受けたのち、まさか!と思えるほどの美しさを取り戻した犬の姿に驚きを隠せません。

記事サムネイルを表示しています
ある日突然、愛犬が誘拐されてしまったら?消えた愛犬と家族の悲しみ。

家族として共に暮らしてきた愛犬と離れるということは、身をちぎられるほどの悲しみです。しかも、それが「誘拐」という犯罪に巻きこまれて、愛犬が自分の元からいなくなったのだとしたら…。まさしくそんなことが現実となってしまった家族を救ったのは、小さなマイクロチップの存在でした。とんでもなく遠い町で発見された神聖な犬"パンプキン"の物語をお届けします。

記事サムネイルを表示しています
【永遠の相棒へ】別れた夫から愛犬に届いた「誕生日カード」に心温まる

愛し合って結婚したものの、様々な理由から別れざるを得なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。別れる相手に未練はなくとも夫婦の間に愛犬がいた場合、その悲しみはさらに深くなります。2年前に別れたレベッカさんと夫の間には、愛犬の"アポロ"がいました。今回は、別れた夫から愛犬に届いた「誕生日カード」が生み出した、甘~い愛情物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
【狂気の沙汰】飼い主は病気のペットを縛った挙句、川に放り投げた。

イギリスから残酷な犬の遺棄事件のニュースが飛び込んできました。大きな腫瘍を抱えた犬が袋に入れられた状態で川に投げ捨てられていたのです。その残酷さは英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)のスタッフですら、共に暮らしてきた愛犬になぜここまでの仕打ちができるのか、と怒りで体が震えるものでした。

記事サムネイルを表示しています
火災で心肺停止に陥ってしまった犬の救助を決して諦めなかった消防士

火災が発生したとき外出していたクリスタルさんは、部屋に残された愛犬のマーリーを探しにアパートに戻ろうとします。それを遮って燃え盛る建物に突入したのは、勇気ある消防士でした。この消防士のおかげで、マーリーは無事に救出されたものの、すでに心臓は止まっていました。しかし、消防士の懸命な救急処置によって大いなる奇跡が起きるのです。

記事サムネイルを表示しています
オシッコに行った愛犬が崖から転落!奇跡的に一命をとりとめるに至った経緯とは?

「いつもの散歩コースは安全だ」と思い込むのは危険だと思わせるような事故がイギリスで起きました。飼い主といつも通り散歩を楽しんでいた愛犬は、いつものように「オシッコ」場所を探しに行きます。なかなか戻ってこない愛犬を探しに行った飼い主が見たものは、崖の中腹で震える愛犬でした。不運なことに、愛犬は飼い主の目の前でさらに下まで転落してしまいます。奇跡的に無事だった"ボリス"の物語をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
野良犬を寒さから守りたい!牛乳パックで作る「犬小屋プロジェクト」が素敵すぎる

野良犬のために、牛乳パックを利用した犬小屋を手作りするブラジル人女性がいます。暑いイメージがあるブラジルですが、意外にも南のエリアは寒くて霜が降りることもあるのです。寒さに震える野良犬たちを守ろう!と立ち上げたあったか~い「犬小屋プロジェクト」をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
【非難殺到】儀式と呼ぶにはあまりにも酷い!犬をグルグル回す狂犬病予防の儀式

21世紀だというのに、時代錯誤も甚だしい「狂犬病予防の儀式」を行っている国があります。日本人なら誰でも国名だけは知っている、ブルガリアです。実は、ブルガリアはヨーグルトの良いイメージとは真逆で、外務省HPでも犬に咬まれる被害が多発し、狂犬病に気を付けるよう発表しています。野良犬が非常に多いこの国の僻地では、未だに犬の狂犬病を予防するための恐ろしい儀式が行われているのです。

記事サムネイルを表示しています
最愛の飼い主に最後のお別れを。埋葬地まで車を追いかけたマレーシアの愛犬に涙

マレーシアから、悲しくもあり、心が温まるニュースが飛び込んで来ました。このニュースは、飼い主と愛犬の絆の強さを物語っていると、多くの人々の心の琴線に触れました。最愛の飼い主との最後の別れの日。そのとき愛犬ボビーが取った行動とは何だったのでしょう?

記事サムネイルを表示しています
【パピーミル憎し】足腰が立たなくなるほど赤ちゃんを産まされ続けた母犬

悪質な繁殖業者パピーミルは、使い物にならなくなったとシェルターに母犬を持ち込みました。ラッキーなことに動物保護団体の手によってシェルターから母犬は引き取られることになります。しかし、あまりにも悲痛に満ちた表情の母犬は、人間はおろか歩くことさえ困難だったのです。スタッフたちの愛情を受け、少しずつ変化していく"ロレッタ"をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
野良犬に古タイヤと毛布で冬支度を!バス会社がハウスを用意した理由に心もほっこり

日本と真逆の気候となるブラジルから、野良犬への心温まる話が飛び込んできました。いくら野良犬と言えども、冬の寒さは体に堪えます。ブラジルのあるバス会社が、野良犬が無事に冬を乗り越えられるために古いタイヤと毛布で作った簡易ハウスをターミナルに設置しました。ハウスを用意してあげた本当の理由にも注目です。

記事サムネイルを表示しています
テロで命を奪われた犬。悲惨なテロに巻き込まれたのは人間だけではなかった

世界各地で勃発するテロ事件。2017年4月7日、スウェーデンで起きたテロ事件は、人間ばかりかその場所に居合わせた犬をも巻き込んでしまいました。飼い主の命こそ助かったものの、愛犬の命は無残にも奪われてしまったのです。世界や日本のニュースでも報道されなかった、1匹の尊い命について考えてみたいと思います。

記事サムネイルを表示しています
食べさせ過ぎの「優しい虐待」から保護、約1年後に信じられない姿になっていた

愛犬がほしがるからと何でも食べさせてしまえば、間違いなく肥満になるばかりか健康を害してしまいます。海外では、飼い主が犬の健康を考えずに異常に太らせてしまうのは「虐待行為」とされ、罪に問われるケースも。今回は、異常に肥満してしまったキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが飼い主から保護され、プロの手によって健康な体と幸せな暮らしを取り戻す話です。大変身を遂げたビフォーアフターに衝撃を隠せません。

記事サムネイルを表示しています
【美しすぎる絆】愛犬は、後頭部強打で意識不明に陥った飼い主をずっと抱きしめ続けた。

犬が飼い主の危機に遭遇したとき、どんな行動を取るのでしょうか?その日、飼い主の男性が自宅の木を剪定していたところ、脚立から転落して意識を失ってしまいました。愛犬のトニーは飼い主を決して一人ぼっちにさせず、救急車が来るまでの長い時間ずっと抱きしめ続けていたのです。飼い主と愛犬との美しい絆を感じ取れるような出来事をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
せっかく保護されたのになぜ逃げる?野良犬には保護されるわけにはいかない理由があった!

カリフォルニア州で保護された野良犬は、なぜか保護されるのを嫌がり逃げ続けていました。最終的に保護に成功したのですが、またもや野良犬は施設から逃げ出そうとします。緊急の理由を理解した救助者は、犬にリードを付けて一緒に保護されたエリアに戻ることに。そこには、この犬が保護されるわけにはいかない光景がありました。

記事サムネイルを表示しています
子犬の頃から何度も施設に戻される...世界で最も悲しい犬にもう一度チャンスを。

ゴミ箱から救出された子犬の"ラナ"には里親ができたものの、育ってきた環境が過酷だったせいで、飼い主に噛み付いてしまいます。シェルターに戻されたラナには再び里親が現れ、幸せな生活を送っているはずでした。しかし、2016年の7月に再びシェルターに戻されていたことが判明。2017年の5月20日までに里親が見つからなければ、またもや別のシェルターに移されるか安楽死させられるかもしれないのです。

記事サムネイルを表示しています
野良犬のはずなのに?保護された子犬の「お手」が意味するもの。

ルーマニアの動物保護団体が子犬を発見した場所は、あまりにも危険な車通りの多い道路脇でした。じっとタイミングが訪れるまで待っていたスタッフは、無事に子犬の保護に成功します。その瞬間、子犬は嬉しそうに「お手」を何度も繰り返したのです。思わず目頭が熱くなる、子犬の"ファーム"のハッピーストーリーをお届けします。

記事サムネイルを表示しています
【続報】ヤフオクに出品された犬に差し伸べられた手は、多くの人の心を動かした

ヤフオクに出品されていた犬の運命はどうなるのだろう、とみなさんも心配していたことと思います。その後の進展が見られましたので続報をお届けします。

記事サムネイルを表示しています
自身の体調より子犬の命を!保護された野良犬が教えてくれた揺るぎない母の愛情

スペインのとある町で保護された野良犬。やせ細って足を引きずるこのメス犬には、後に大きな秘密があることが分かりました。自分よりも大切なもののために必死に生きながらえてきたその犬には、一体何があったのでしょうか?

記事サムネイルを表示しています
誰からも望まれなかった黒い子犬、ある女優との運命の出会いで人気者になるまで。

メスの飼い犬が脱走して望まない子犬が産まれてしまった飼い主は、施設に子犬たちを持ち込みました。しかし、パグとチワワのミックス犬(チワパグ)の被毛は人気のない黒色だったことから里親がなかなか見つかりません。そこに名乗りを挙げたのは、女優のヒラリー・ダフさんでした。そのことで子犬は幸せだけでなく人気者の道を歩むことになります。

記事サムネイルを表示しています
病気で容貌が変わった飼い主と5週間ぶりの再会、本人だと気づいた瞬間が可愛すぎた

病気で22キロも痩せて容貌が変わってしまった男性。愛犬はどんな反応を示すのだろう?そんな不安を抱えて退院した男性に、愛犬は吠えかかります。やはり自分の姿がここまで変わってしまったら、愛犬は分からないんだな…。とガッカリしていた飼い主ですが、愛犬は彼の香りを確認したとたん、大興奮して飼い主に体を押し付けました。病気で突然離れるしかなかった飼い主と愛犬の感動の再会をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
保護犬に一目惚れするも譲渡してもらえず...飼育放棄した元飼い主から守れるか?

動物愛護センターや動物保護団体から保護犬を引き取って一緒に暮らしている人も多いかと思います。家族となった記念すべき「初めての夜」、みなさんの愛犬はどんな表情で過ごしたでしょうか?アメリカに暮らす男性もシェルターに足を運び、一目惚れした犬を引き取りました。世界的掲示板『reddit』で話題になった犬のエピソードをご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
数々の先天的奇形があった子犬が、シェルターの職員のお陰で新しい家族を得るまで

ある日、ロサンゼルスのシェルターに持ち込まれて保護された子犬は、一度見ると決して忘れることができない身体的特徴の持ち主でした。多数の先天的奇形があった子犬が、どのように職員の力添えで元気を取り戻し、運命の新しい家族に出会えたのかをお伝えします。

記事サムネイルを表示しています
保護した子犬には傷痕や瞼の炎症...誰もが里親は現れないと思うも奇跡的な展開が!

アニマルシェルターには様々な犬が持ち込まれたり保護されたりします。カリフォルニア州のヒューマン・ソサイエティ・オブ・シリコンバレー(HSSV)にやって来た10週齢の子犬の全身には傷痕があり、瞼には手術が必要な炎症が起きていました。瞼の手術を終えた子犬の顔は見た目が少し変になってしまい、誰しもが里親は無理だろうと考えていたのすが、術後まもなく永遠の家族を得ることになります。

記事サムネイルを表示しています
いつ心臓が止まってもおかしくない...太りすぎた保護犬の命がけのダイエットとは?

「飼育放棄」、と聞けばガリガリに痩せ細った犬の体を想像しますが、この犬はその真逆でした。飼い主が一切の健康管理をせず、挙句の果てに捨てられたと推測された"パール"は、まるでボールのように太っていたのです。保護されたものの、関節炎にうつ病を患っていたパールは、一時安楽死の危機にさらされます。しかし、奮起した保護スタッフのおかげで、パールはダイエットに成功し命を繋ぐことができました。

記事サムネイルを表示しています
成長し過ぎて商品にならないと捨てられた「クマ犬」から学ぶ、里親の必要性

大きく成長してしまった子犬は明らかに商品価値が落ちることから、そのブリーダーは5ヵ月のポメラニアンをシェルターに持ち込みました。ラッキーなことに子犬には素敵な里親が現れます。里親さんはアートギャラリーを所有する、大の芸術愛好家。可愛さを武器にギャラリーの人気者へと転身した、まるで子熊のような"バート"をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
ダルビッシュがピットブルの里親に!?彼の行動とTwitterが起こした奇跡に賞賛

大リーグのレンジャーズで活躍するダルビッシュ有投手が、里親募集をしていた男性のTwitterを見て、里親として名乗りを挙げました!心優しいダルビッシュの行動に、地元メディアはもちろんネット上でも話題になっています。Twitterが起こした奇跡をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
遅すぎることはない!飼い主に先立たれた18歳の保護犬が教えてくれる『最高の犬生の見つけ方』

飼い主は18歳になる愛犬よりも先に旅立ってしまいました。幸いにも、残された高齢犬の"モーガン"には素敵な里親が現れます。そして、モーガンは初めての世界を精力的に経験していくのです。年齢に縛られず、笑顔で毎日を生きる、18歳のモーガンに訪れた最高の犬生をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
「もう飼えない」という理由で愛犬をヤフオクに出品した飼い主

みなさんご存知の「ヤフオク」で、驚くことに「犬」がオークション商品として出品されていました。それに気が付いた心ある男性が落札したあとに出品者に連絡を入れたところ、「飼えなくなったから」という理由で出品したことが判りました。その後、彼がFacebookにアップしたところ、多くの反響が寄せられました。まだ最終的な結果を見るまでに至っていませんが、身近なヤフオクで起きた非常識と心ある人々の行動をご紹介します。

記事サムネイルを表示しています
異常な姿で3日間以上も彷徨っていた野良犬を保護...1日でも早く悪夢を忘れてほしい

テキサス州で発見された野良犬は、頭に何かをスッポリと被って歩いていました。ショッキングな様子に住民が救いの手を差し伸べますが、野良犬は極端な恐怖心により人間を寄せ付けません。そんな状態のまま3日間が過ぎ、住人は動物管理センターに通報し無事に捕獲されます。ようやく過酷な環境から解放された"ピックル"。いったいなぜそんなものを被っていたのでしょうか。

<< 3 4 5 6 7 >>