アメリカで実際に行われた、驚きの愛護キャンペーンとは?

引用の出典元:www.thedodo.com

去る7月23日、全米の700近くに及ぶシェルターでひとつの目標に向かって大きな取り組みがなされました。その目標とは、できるだけ多くの動物に新しい飼い主を見付けること。

アメリカのテキサス州のあるシェルターは、先導して300匹の犬猫に家族を見付けることに決めました。そのプロジェクトは、アメリカのテレビ局NBCとTelemundoが主催者となり、『Clear The Shelters(CTS)』と名付けられています。

7月23日が終わるまでに、CTSに参加したテキサス州のフォート・ワース・アニマル・シェルターでは、全ての檻が空になりました。実に、310匹の動物たちに里親が決まったのです。

ピットブルのジェーン

引用の出典元:www.thedodo.com

その日は、数ヵ月にも渡りシェルターに留まり続けていた犬たちがハッピーエンドを迎えたのですが、その中でも特にある1匹の保護犬の話が印象的です。

それは、ジェーンという名前のピットブル。

ジェーンは、この5月に迷い犬としてフォート・ワースのシェルターに連れてこられました。彼女は非常にシャイで、自分から人に近付くこともなければ、シェルターの職員が必要であれば彼女を抱き上げない限りは檻から離れようともしませんでした。

徐々にシェルター職員と信頼関係を築いたジェーン。

しかし、四六時中職員とべったりいたがるようなその強過ぎる信頼関係が仇となって、新しい飼い主候補たちからは敬遠されてしまうことになったのです。

喜びも束の間、シェルターの戻ってきたピットブル

引用の出典元:www.thedodo.com

そんなジェーンに、6月の譲渡会で新しい飼い主が見付かりました。

しかし、喜びも束の間に終わりました。

7月5日にジェーンはシェルターに再び戻って来てしまたのです。

里親曰く、返却の理由はアレルギー症状が出てしまったから。

幸運にも、ジェーンが本当の家族を見付けるまでには、さほど時間が掛かりませんでした。CTSの日に、彼女はある女性に見初められたのです。

ジェーンは女性に連れられて、新しい家族の元へ向かいました。

無謀に思える目標が、現実になるとき

引用の出典元:www.thedodo.com

今年のCTSの日だけでも、ジェーンのような全米の約2万匹の動物が里親探しに成功しました。その週末でみると、4万5千匹の動物に家族が見付かったそうです。

フォート・ワースのシェルターでは、通常一日に平均20匹ほどが里親に巡り合えるのだとか。したがって、300匹という数字が驚異的なことは疑う余地がありません。

これは、素晴らしい前例を作ったと言っても過言ではないでしょう。

現在ではインターネットやSNSを上手に駆使して情報を共有すれば、CTSのようなイベントは小さいコミュニティー内に留まらず、国内、または世界単位でも開催することが可能です。

保健所や保護団体から保護犬を迎えることに関しては、まだまだアメリカに後れを取っている日本。

このようなアメリカの良いところは積極的に吸収して、今後、CTSのような取り組みが日本中で行われることを願って止みません。

参照:Happiest Shelter Photo Shows Dozens Of Empty Cages

NPOの保護活動を無料で支援できる取り組みを知っていますか?



Tsunayoshiでは、日本の動物保護団体が多く登録している「NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo(グッドゥ)」の協力のもと、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる取り組みを開始しました。

下記のリンクから支援ページに飛ぶことで、あなたの想いを動物たちを守る力に変えることができます!




gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。是非、あなたも無料で支援してみてください!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo