目やにが増えたら、色とニオイに注意

引用の出典元:shutterstock.com

犬の目やにがなんだか多いなと感じた時は、その色とニオイに注意してみましょう。

犬も、目にほこりが入ってゴロゴロする時は目やにが出てくるものです。そんな時は、白や灰色がかった目やにが多くでいます。こまめに拭いてあげたり、場合によっては目薬をさしてあげましょう。

消化能力が落ちていたり、なんらかの感染症にかかっている場合の目やには黄色っぽい目やにでニオイもきついものです。

早めに獣医師に診せるようにしましょう。

炎症によって目やにが起きている場合

何かにぶつかって目を傷つけてしまったり、自分の足で引っかく、なんらかの感染症などして、ぶどう膜や角膜が傷ついてしまうことがあります。

目をしょぼしょぼとさせたり、痛がったりして涙が出ることが多く、目やにも一緒に多くなることがあります。

傷口の炎症がひどくなって、細菌感染などを起こすと危険です。こういった目の異変を感じた時も早めに獣医師に相談しましょう。

犬種によってもシーズーやパグなどは、目のトラブルが起こりやすいものです。ドライアイによって結膜炎などを頻繁に起こしてしまうこともあるので、注意しましょう。

緑内障になっている可能性

急に目やにが多くなっただけでなく、充血がひどくなったり、目をつむるほど痛そうにしている時は緑内障になっている場合もあります。

眼圧が高くなる為、犬にとっては痛みが強く元気もなくなります。見た目にも、目が飛び出したようになったり、目が見えにくくなっている様子がわかるようになります。

緑内障は症状が進行すると、失明のおそれもあります。

気づいた時点ですぐに動物病院を受診しましょう。

普段から愛犬の目のチェックを

愛犬の目やにが多くなった時は、その他の症状が出てないか体調チェックをしてあげるようにしましょう。

目の様子を普段からチェックしておくこと、異常にも早く気づくことができるようになります。

定期的に目の周りを拭く習慣をつけて、目の色、目やに、においなど、変わったことはないかチェックしてあげるとよいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ayuka
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード