海へのお出かけに“必ず持っていくもの”①



■大きめ&小さめのタオル
海水で濡れた愛犬を拭くためや、日除け代わりに使用したり、さまざまな用途がありますから、数枚づつ持っていきましょう。

■フード&フードボール
海で泳ぐことはエネルギーの消費が激しいですから、普段食べている量より多めに持っていくことをお勧めします。
そして、意外と忘れがちなのが「フードボール」。壊れやすい陶器よりも、簡易型の物の方が海へのお出かけには向いていますので、使い捨ての紙皿などを活用してみてはいかがでしょうか。

■飲み水&器
海水浴といえば“夏”ですし、泳ぐ=運動になりますから、熱中症予防のためにも飲み水は十分な量を持っていきましょう。
ちなみに、飲み水はクーラーボックスに入れて持っていくと良いですよ。何本かはペットボトルごと凍らせた物を一緒に入れておくと保冷剤代わりになって便利です。

海へのお出かけに“必ず持っていくもの”②

引用の出典元:shutterstock.com

■首輪・ハーネス&リード
万一破損してしまった時のために、予備の首輪やハーネス、リードを持っていきましょう。
ただし、フレキシリードなどの伸び縮みするタイプのリードは、砂や海水が入ってしまうと故障することもありますので、海で泳いだりする際は、伸び縮みしないタイプのリードを持っていきましょう。

■ウンチ袋&ビニール袋
泳いでいると少なからず海水を飲んでしまい、そのためウンチが緩くなる場合がありますので、ウンチ袋は多めに持っていくことをお勧めします。
ビニール袋は濡れたタオルを入れたり、ウンチ袋を持って帰る際などに使用できるので持っていきましょう。

■迷子札や犬鑑札など
何かの拍子にリードが外れないとも限りませんので、万一のためにも迷子札や鑑札などは、愛犬に必ず付けておきましょう。

海へのお出かけに“持っていくと便利なもの”①

引用の出典元:shutterstock.com

■ライフジャケット
泳ぎが得意な犬でも、急に波が高くなったりすれば身体を持っていかれてしまうこともあり得ます。
事故防止のためにもライフジャケットを着用させておくと私たち飼い主も安心ですよね。
最近ではサイズも豊富にありますので、愛犬に合ったものを見つけましょう。


■保冷剤など
熱中症予防のためにも、念のためにクーラーボックスなどに入れて持っていっておきましょう。

海へのお出かけに“持っていくと便利なもの”②

引用の出典元:shutterstock.com

■パラソル
夏の海には日陰は必須です。
愛犬と一緒に入れる「海の家」などが無い場合には、必ず持参もしくはレンタルしてパラソルを設置しておきましょう。

■真水を入れるためのポリタンクやバケツなど
近くに犬用のシャワーが無い場合には、愛犬の身体に付いた塩分や砂を洗い流すためにポリタンクやバケツなどを持っていくと便利です。
最近ではシャワー付きのポリタンクや、コンパクトに折りたためるバケツなど、アウトドア向きの物もありますので活用してみてください。

■おやつなど
激しい運動をした後のエネルギー補給になりますので、持参するなら普段食べ慣れているおやつを用意しましょう。


いかがでしたか?

愛犬との海へのお出かけに必ず持っていくもの&持っていくと便利なものをお伝えしましたが、行き先やそれぞれご家庭での愛犬との生活習慣などによって、他に必要なものがないかをチェックしてみてくださいね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード