いつか飼い主が迎えに来ることを信じて

引用の出典元:www.thedodo.com

オスのピットブル"ブルー"は、カリフォルニア州で飼い主家族と1年間暮らしていました。しかし、飼い主は引っ越し先にブルーを連れて行くことができず、カーソンシェルターに持ち込みます。

ブルーの体に虐待された跡はなく、おそらくピットブルが飼えない州に引っ越しが決まったのかもしれません。しかし、愛犬であればハイ・キル・シェルターではなく、せめて飼い主自ら里親を探すべきでした。

冷たい壁と床、見たこともない頑丈な檻の中に入れられたブルー。彼の耳には他の犬たちの泣き声も届いていました。

ブルーは、なぜ自分がここにいるのか、なぜ飼い主がいないのか、何もわからないままに塞ぎ込んだ日々を過ごすことに。

しかし、ここはハイ・キル・シェルターです。1日も早く里親が見つからなければ、ブルーは殺処分されてしまいます。

スタッフが近くを通ると、飼い主が来てくれたのではないか、とブルーは顔を上げて見えない姿を探し求めました。

そして、まだ壁の向こうに飼い主がいるはずだ、と懸命に鳴いて呼び続けます。ブルーの目頭からは、冷たく悲しい涙の粒がこぼれていました。

ハイ・キル・シェルターからの救出

引用の出典元:www.facebook.com

犬の養子縁組や救助活動を行う『Saving Carson Shelter Dogs』のボランティアスタッフが、ブルーのいるシェルターを訪れました。

その際に、ブルーのあまりにも悲し気な表情がとても気になり、彼を救出することを決意します。

ボランティアスタッフはブルーの檻の前に座りクッキーを差し出しますが、警戒心から後ずさりして食べることはありませんでした。

それでも懸命に話しかけるスタッフの声にブルーは少しずつ心を開いていきます。撫でてほしいと、冷たく固い檻に力いっぱい顔を押し付ける姿に、スタッフも泣き声を押し殺していました。

このあと、ビデオ撮影したブルーの動画を同グループのFacebookに掲載し、里親を募集することになります。

ようやく心を開いた犬と感動の握手

引用の出典元:www.thedodo.com

のちに里親となるジェニファー・マッケイさんは、涙をこぼすブルーの動画を観た直後、シェルターを訪れました。

しかし、ブルーは悲しい表情のままジェニファーさんと目も合さず尻尾も振らず、近寄って来ることすらありませんでした。それでもジェニファーさんは諦めずにブルーに声を掛け続けます。

すぐにでもブルーを引き取りたいところでしたが、シェルターではブルーが人と暮らせるかどうか気質テストを行う必要があると判断しました。

テストは1週間にも渡るため、その間にジェニファーさんはブルーに彼専用の新しいベッドと骨のおやつを持ってきてあげました。

まだブルーは彼女を認めてはいませんでしたが、確実に新しいベッドを気に入っており、ほんの少しだけジェニファーさんに好意を寄せてくれたようです。

ジェニファーさんが3度目の訪問をしたとき、とうとうブルーは立ち上がり、まっすぐに彼女の元に歩み寄って来ました!

ジェニファーさんは、檻ごしに差し出されたブルーの手をしっかりと握り締めるのでした。

「裏切られるほど元気になったのが嬉しい!」

引用の出典元:www.thedodo.com

気質テストを無事にクリアしたブルーは、ようやくジェニファーさんと一緒にシェルターから出られることになります。

意外や意外!シェルターの扉が開かれると、ブルーはとても興奮して勢いよく車に飛び乗ってきました。どうやらブルーは車が大好きだったようです。

ジェニファーさんは、自宅に到着したブルーをお風呂に入れてあげ、散歩に出掛けます。その日、ブルーはとても安心したのか、居間のソファでぐっすりと眠ってしまったそうです。

次の日からのブルーは、シェルターにいたときとは別の性格になったかのように、元気いっぱいはしゃぎまくります。


引用の出典元:www.thedodo.com

ブルーが見つけた新しい遊びは、鏡の前に立って自分自身をチェックすること!自分の姿を見て、尻尾を振ったり笑顔を見せたりと、鏡の奥にいるもう1匹のワンコと遊ぶのが楽しくて仕方がないのです。


引用の出典元:www.thedodo.com

ジェニファーさんは、「あんなに落ち込んでいたブルーが、こんなに元気になって嬉しいわ。ブルーには騙されたわね!」と、笑顔を見せました。

ラッキーなことにブルーには永遠の家が見つかりましたが、ハイ・キル・シェルターには救出を必要とする犬たちがたくさんいるのが現実です。

なんとか1匹でも助けたいと活動するグループは、日々救出活動に奔走しています。それは日本も同じことですね。

ブルーの物語は、無責任に犬を飼わないことと同時に、里親として保護犬を家族に迎え入れることも、大切な命を守ることに繋がるのだ、と私たちに教えてくれているようです。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo