ブルドッグの外見:筋肉質で力強い体型と顔のシワが最大の特徴

引用の出典元:www.shutterstock.com

ブルドッグは、筋肉質で力強くコンパクトで、筋肉質でしっかりとしてるのが特徴です。
また、他の犬と比べると身体の割には頭が大きく、鼻がつぶれていて、顔のシワが深く上唇が左右に大きく垂れ下がってます。

この顔の造りが、ブルドック独特の表情を醸し出していて、最大の特徴といえます。

頭が大きいということは、出産時に自然分娩はほぼ不可能に近く、ほとんどの場合は帝王切開での出産をすることになるのだそう。

ブルドッグは早く走るという能力を求められなかったこともあって、どっしりとした四肢を持っています。

それゆえ、身体を左右に揺らしながら歩く「ローリング・ゲイト」と呼ばれる歩き方は、どことなくコミカルな感じさえしますね。

そんなブルドッグの平均的な体重は25kg前後、体高は35cm前後。

で、小型犬としては少し大き目な印象かもしれません。

被毛はスムースコートで滑らかな光沢があり、毛色はブリンドル、レッド、フォーン、ファローなどの単色か、これらの色とホワイトの組み合わせ、または単色にブラックのマスクと口吻のスマットと、さまざまカラーがあります。

ブルドッグの性格:実は、とっても甘えん坊♪

引用の出典元:www.shutterstock.com

ブルドッグは、いかつい顔立ちながら非常に温厚で穏やか、そしてとっても甘えん坊。

できれば、いつも飼い主の側に居たい…と思っているんですよ。

また、陽気で愛想の良い面も持ち合わせているので、小さいお子さんがいるご家庭で一緒に暮らしている方も結構いらっしゃいます。

もともとは吠えることもほとんどありませんので、非常に飼いやすいと言われる犬種なんです。

ブルドッグの寿命や気をつけたい病気は?

引用の出典元:www.shutterstock.com

ブルドッグの寿命は、他の犬種に比べて比較的短く8〜10年くらいと言われています。

出来るだけ、健康で長生きしてくれるように、日頃から身体の変化などをしっかりと見極めてあげるようにしたいものですね。

気をつけたい病気としては、皮膚のシワが多いという特徴があるので「湿性皮膚炎」や「アトピー性皮膚炎」などの皮膚病に掛かりやすいといわれています。

他には「股関節形成不全症」や、生まれつき鼻腔が狭いので呼吸がしづらい「鼻腔狭窄」にかかりやすいです。

ブルドッグの多くは、ゼーゼーと呼吸が荒く、いびきを掻く、よだれを垂らすという特徴を持っています。

体温調節が苦手で暑さに弱いので、特に夏場のお散歩の時間などは注意が必要です。

ブルドッグを我が家に迎えたいと思った時にいくら位かかるの?

引用の出典元:www.shutterstock.com

ブルドッグの値段の相場は30万~80万円前後とされています。

この値段の幅広さは、ブリーダーやペットショップなどによって違いがあります。

ブルドッグの場合は特に、展覧会やショー等でチャンピオン犬になった子孫は値段が高くなる傾向になるようです。

血統だけではなく、前項で述べたようにブルドッグは股関節形成不全などの好発犬種という特徴もありますから、骨格に異常がないかをしっかりと確認すると良いですよね

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード