飼い主に見捨てられた老犬

引用の出典元:www.littlethings.com

アメリカ、カリフォルニア州のシェルターに、若いラブラドールレトリバーと老いたコッカースパニエルの2匹が保護されました。

幸いにも、彼らにはマイクロチップが装着されており、2匹とも同じ飼い主であることが判明します。しかし、シェルターから連絡をもらい到着した飼い主は、驚くことを主張し始めました。

なんと、1歳のラブラドールレトリバーは自分の飼い犬だが、9歳のコッカースパニエルは自分の犬ではない、と言うのです。

マイクロチップの情報に間違いはありません。つまり、飼い主は老犬のほうは引き取りたくなかったのです。老犬と言えども、まだ9歳の飼い犬をなぜそんなに拒否するのか、スタッフは推測できませんでした。

シェルターの職員は、おそらく2匹を連れて帰るよう説得したことでしょう。しかし、飼い主家族は頑として聞かず、非情にもコッカースパニエルの"クッキー"を見捨てて、ラブラドールレトリバーだけを家に連れて帰ってしまったのです。

飼い主を後追いし泣き叫んだ老犬の気持ち

引用の出典元:www.littlethings.com

老犬のクッキーは、家族が仲間のラブラドールだけを連れて、逃げるようにして足早に立ち去る様子を見ていました。

クッキーは泣きながら後追いしたものの、扉の向こうに行ってしまった家族が戻ってくることはありませんでした。

たとえ自分を捨てていった飼い主でも、クッキーにしてみれば大切な家族です。クッキーの気持ちを思うと、人間の身勝手さへの怒りと悲しみが湧いてきます。

このように、シェルターに放棄されてしまった老犬のほとんどは引き取り手もなく、その多くが殺処分される運命です。

しかし、あまりにも悲痛な面持ちで戻ってきたクッキーの様子を見たスタッフは、なんとか里親を見つけてあげたいと、SNSにクッキーの情報を掲載しました。

動物保護団体に救われた老犬の命

引用の出典元:www.littlethings.com

SNSに投稿されたクッキーの情報を知った動物保護団体のリン・ハミルトンさんは、クッキーをシェルターから引き出して里親を探すことにします。

ところが、その後獣医の診察を受けたクッキーの体からは12個もの腫瘍が見つかり、負担のない範囲で除去手術が行なわれました。

飼い主は、クッキーの病気のことを知っていて放棄したのかもしれません。

リンさんは、老犬で健康状態のあまり良くないクッキーを里子に出すのは無理だろうと判断し、自らの目が行き届く所で最期まで面倒を看ることを決断したのです。

リンさんは過去の事例から、こうした病気を抱えた老犬にかかる医療費が原因で、再び捨てられてしまうことを知っていました。

そんな辛い経験を、老犬に二度とさせてはいけないと、預かりボランティアさんの家にクッキーを託します。

幸福へのセカンドチャンス

引用の出典元:www.littlethings.com

元の飼い主から捨てられたしまったクッキーでしたが、かえってそれが幸福へのセカンドチャンスだったのかもしれません。

クッキーは毎日抱きしめられて人の温もりに触れ、美味しいご飯やオヤツを食べ、なによりも愛に溢れた新しい生活を手に入れることができたのですから。

もし、シェルターのスタッフや動物保護団体のサポートがなければ、間違いなくクッキーは安楽死させられていました。

リンさんは、医療費がかかるからとか、手がかかるからといった理由で見捨てられる老犬は後を絶たないと言います。

犬を自分自身の一部だと考えれば、そんな気持ちにはならないはずです。それでも、こうして捨てる人は、自分を満たしてくれる都合の良いペットだ、面倒になったらいらない、とでも考えているのでしょうか。

クッキーは今、残りの腫瘍の除去手術を受ける予定です。クッキーに残されたこれからの犬生は愛に満ちていて、最高の環境で過ごせることは間違いありません。

心優しき人たちの手助けでセカンドチャンスを得たクッキーには、あと何年も長生きしてほしいですね!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード