犬のでべそって、ヘルニアだったの!?

引用の出典元:shutterstock.com

犬のでべそのほとんどの場合が、臍(さい)ヘルニアと言われるものです。

これは本来なら、生後まもなく腹腔からへその部分につながっている穴が閉鎖されるはずなのですが、この閉鎖が十分ではなく穴が開いた状態で腹腔内部の脂肪や内臓の一部がででしまっている状態を言います。

大きさは親指の先くらいのものからりんごくらいの大きさになるものもあります。「ウチの子でべそ?」と思ったら、一度獣医師に診察してもらいましょう。

犬のでべそを治すには手術が必要

引用の出典元:shutterstock.com

では、このでべそって治るのでしょうか?

生後間も無くから3ヶ月くらいまでの子犬のでべそは、成長と共に腹筋が発達することによってでべそがなくなることが多いです。また、でべそが小さく柔らかくて押したらすぐに戻るような状態であれば、癒着などは考えられませんので、しばらく様子を見ることになります。

多くの場合、生後6ヶ月から8ヶ月くらいの間に自然治癒します。

ただ、このでべそを完治させるには、手術しかありません。男の子は去勢手術、女の子は避妊手術の時に同時に行うことができます。同時に行うことで、麻酔も1回で済みますし、愛犬の負担も少し和らげることができますね。




でべそで発症しやすい病気

引用の出典元:shutterstock.com

犬のでべそで、最も気をつけなければいけない病気は、腸閉塞です。

普通、穴からでている脂肪や内臓は腹膜で包まれています。ですから、この腹膜に覆われていれば、皮下にでていたとしても内臓は守られているのです。しかし、この腹膜に何らかの異常があれば、そこから直接、内臓が飛び出し腸閉塞を起こしかねないのです。

その場合、かなり激しい痛みがあるので愛犬の様子をいつも見守ってあげてください。腸閉塞になれば、すぐに手術をしないと生命に関わります。

ただ、多くの子は自然に治りますし、ヘルニアがあっても元気に過ごしている子もたくさんいます。

ですから、一概にでべそだからといって、他のいろいろな病気にかかりやすいとか言うことはないようです。

でべそになりやすい犬種はいるの?

引用の出典元:shutterstock.com

でべそ、つまり臍ヘルニアは先天的なものです。どの犬にも起こりうる可能性があるのですが、その中でも比較的に発症しやすいとされている代表的な犬種を以下にまとめてみました。


先天的にでべそになりやすい犬種


  • シーズー
  • アメリカン・コッカ・スパニエル
  • ビーグル
  • 秋田犬
  • キャバリア

特に、シーズーは、でべそになりやすいと言われています。

もしもペットショップなどで、「でべそ」と表示されていれば、しっかりと説明を受けて納得した上で購入する方がよいでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi pug-pug
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード