食後に嘔吐する子犬、その原因は?

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカはニュージャージー州にある動物保護団体Funny Farm Rescueには、個性溢れる顔ぶれが揃っています。動物の赤ちゃんの面倒をみるのが大好きなマネージャー的存在のオーストラリアン・シェパードのファーリーを筆頭に、アルビノのクジャク、リッキーが続きます。そして、今回ご紹介するチャック。

チャックはジャーマン・シェパードで、レスキューの警備担当です。農場を歩き回るチャック。一見、どこにでもいる普通の犬のように見えます。ところが、食事の時間がくると、そうではないことがすぐに分かります。

チャックとFunny Farm Rescueの巡りあわせは、団体の創立者のローリー・ザレスキーの友人が当時まだ子犬だったチャックのことを相談したことから始まります。ブリーダーから購入したというその子犬は、食べたものを胃に留めておくことができませんでした。

不審に思ったローリーは、子犬を動物病院へ連れて行くよう指示しました。すると、チャックが巨大食道症を患っていると診断されたのです。

巨大食道症とは、どんな病気?

引用の出典元:www.thedodo.com

私たちには馴染みのない病気である巨大食道症。食道が何らかの原因で拡張した状態になる疾患です。胃に食べ物を運ぶための食道の神経が欠損していたり上手く機能しないのが原因です。その結果、食べ物や液体を胃まで運ぶことが出来なくなり、食道で溜まってしまうのです。

この病気は先天的なものもあれば、後天的なものもあります。猫よりは犬に多くみられるそうです。特に、ジャーマン・シェパードは巨大食道症になりやすい犬種です。

流動食を流すために胃にチューブを通すのが一般的で、それ以外はこれといった決定的な治療法はなく、予後はあまり良くないとされています。

チャックが巨大食道症と診断された後、その友人は世話をし続けることは困難だと判断し、子犬をシェルターに連れて行くことにしました。しかし、もしチャックがシェルターに行けば、かなりの確率で殺処分されるであろうと確信したローリー。なぜなら、チャックのように特殊な病状がある犬にとっての里親探しは困難を極めるからです。

そこでローリーはチャックを自分の施設に連れて帰ることにしました。2013年3月のことです。

意外にもベビーチェアーが役に立った!

引用の出典元:www.thedodo.com

チャックの病状は想像以上に悪いことが分かりました。獣医師が今まで診た患畜の中で重症のケースで、手術では治る見込みがないと診断されました。

獣医師はチャックに流動食用のチューブを提案しましたが、ローリーは断固として拒否。チャックにはなるべく普通の生活を送らせたいと思ったからです。

宣告はそれだけではありません。恐らくチャックは1年ももたないだろうから、安楽死の道を選ぶのが最善なのではないかとさえ獣医師に提案されました。

しかし、ローリーは諦めませんでした。

どうしたらチャックが問題なく食べることができるか調べたローリーは、ある物に辿り着きました。それは、友人から譲り受けたベビーチェアー。これに直角に座ることで、食べた物が重力の関係で逆流せずに胃に留まり続けることが出来るのです。

生後3ヵ月のチャックは、訓練の結果、ベビーチェアーに座って食事することをマスターしました。

難病から命を救った魔法の椅子

引用の出典元:www.thedodo.com

現在、3歳になったチャック。さすがにベビーチェアーからは卒業し、代わりにベイリーチェアー(bailey chair)に座っています。

チャックは決して箱の中に入ってふざけているわけではありません。もしチャックがこの姿勢以外で食事をすると、嘔吐してしまうのだそう。

食後は暫く椅子の中で過ごす必要があります。しかし、このベイリーチェアー、よほど座り心地がいいのか、チャックは食後によく居眠りしてしまうことも。

チャックが使用しているベイリーチェアーは、巨大食道症の犬にはよく使用される特別な椅子なのだとか。日本ではまだ知名度が低いベイリーチェアー。したがって、海外の物をお手本にして椅子を手作りする飼い主の方もいるようです。

アメリカでは、巨大食道症の犬にはベイリーチェアーは必須と認知されています。その証拠に、インターネットで検索してみると、ベイリーチェアーを専門に作るショップや専門のサイトが出て来ます。この点、アメリカは進んでいるなと感心させられますね。

この魔法の椅子のおかげで、巨大食道症の犬が何千匹と救われるでしょう。たとえ不治の病であったとしてもちょっとした工夫で、犬たちを安楽死させる必要がなくなるのは素晴らしいことです。日本でもこの椅子の存在が幅広く知られるようになり、悲しい思いをする犬と飼い主が減ることを強く願います。

参照:Dog Was Born Different, So He Has To Eat In A Special Chair

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード