そもそも、犬の緑内障とは?



犬の眼の表面には角膜という膜があります。角膜と水晶体の間には空洞があり、この部分に眼房水が溜っています。この眼房水は血管のない角膜に栄養を与えたり、老廃物を処理したりするために重要です。

犬の眼球は角膜を含むぶどう膜という膜でつつまれ、眼のかたちは硝子体と眼房水で維持されています。眼の圧力の調節は眼房水の量を変えることでコントロールしています。眼房水眼の表面の角膜に栄養を補給する役目ももっています。

この眼房水は常に作られていますが、作られた量と排泄される量がほぼ等しければ眼圧はある一定の圧力を保つことができます。もしも排泄される眼房水が少なければ眼圧はどんどん上がってきます。

犬の緑内障は何らかの原因で角膜と水晶体の間にある眼房水の流れが妨げられ、眼圧が急激に上がってしまう病気です。眼圧が上がることで目の外の方向へ圧力がかかり、網膜やし神経が圧迫され障害を受けます。

緑内障には先天性と後天性がありますが、後天性の方が多い傾向にあります。柴犬やシーズー、アメリカンコッカ―などは緑内障を起こしやすいと言われています。

犬の緑内障には急性と慢性があります。急性の場合は、目を痛がる、眩しそうにする、強結膜(白眼)が充血する、角膜が浮腫を起こし薄い紫色に見える、瞳孔が開くなどの症状が出ます。

また、痛みから食欲不振や元気焼失になる場合もあります。

慢性の場合には、眼球の大きさが異なる、角膜全体がにごって見えるようになります。このような段階では、視神経や角膜が大きなダメージを受け、視力障害もしくは視力消失していることがほとんどです。

犬の緑内障の検査はどのように行うのでしょうか?

犬の緑内障の検査は、まず眼瞼の上から眼球を軽く抑え眼圧が上がっているかを確認します。ただし、眼圧が上がると痛みが激しく触らせてくれないことが多いので、点眼用の麻酔薬をもちる事もあります。眼圧が上がっていれば触った時に硬く感じます。

具体的にどの程度眼圧が上がっているかは「トノペン」という眼圧をはかるための専用検査機器で測定します。角膜の表面にトノペンの計測部分の先端を眼の表面に直接当てるため、眼科専用の点眼タイプの麻酔薬を眼の表面に垂らし痛みを感じない状態で測定します。

そのほか、網膜の状態を調べる眼底検査も行います。眼圧が上がり時間が経過すると角膜の濁りが強くなります。このような状態になると検査が困難になることもあります。

緑内障の治療にはどのようなものがあるのか?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の緑内障の治療は眼圧を下げることを初期治療の目的にします。眼圧を下げる方法には、「点眼薬」「内服薬」「注射・静脈点滴」があります。

静脈点滴の場合には入院で治療を行います。眼圧が上がっているので、眼の違和感や痛みで足でこすったり、どこかに擦りつけたりする事があります。これは大変危険な動作で、こすりつけた事によって角膜に傷が入ってしまう「角膜潰瘍」や「眼球が破裂してしまう眼球破裂を起こしてしまうあことがあります。このような事を防ぐために「エリザベスカラ―」を用いて、犬が眼にさわれないようにします。

さらに眼圧が上がってしまうと、眼が極端に飛び出したようになることがあります。このような状態を牛眼と言います。この状態になると内科療法などでは回復の見込みが低く眼球摘出を行う場合もあります。

治療費はどのくらい?

犬の緑内障の治療費は内科療法と外科療法によって大きく異なります。

点眼薬は種類にもよりますが、急性緑内障の場合は点眼薬だけで2000~3000円くらいかかります。その他、診察費用・検査費用などを含めると1回の診察で6000~10000円程度かかります。

入院が必要となった場合は、眼圧が下がるまでは集中的に治療することになるので1日の入院費が8000~10000円程度になる場合もあります。

また、眼球摘出などの手術が必要になった場合は入院加療費用(検査・処置料・注射料金など含む)と手術費用こみで15~20万円前後かかります。

ただし、治療費は地域や内容によって異なりますので、詳細は最寄りの動物病院にお尋ねください。

犬の緑内障は激しい痛みを伴い、処置が遅れると視力消失する病気です。初期症状は「眼圧上昇」「頭を触ることを極端に嫌がる」「目の充血」「瞼が痙攣をおこす」「眩しそうに細目にしている」などですので、普段から愛犬の眼にしっかり触って、良く観察し些細な変化を見つけてあげてください。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi kaoridama
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード