のどかな川は犬の遺棄事件で一瞬にして凍り付いた

引用の出典元:metro.co.uk

犬の遺棄事件が起きたのは、2017年5月9日、イギリス東部ノリッチ郊外でした。のどかなウェンサム川沿いを散歩していた人は、ヘレスドン橋の辺りで「ショッピングバッグ」を発見します。

不審に思ったため、バッグの中身を確認したところ…。

信じられないことに、ダークグリーンのジャケットに詰め込まれ、袖の部分で縛られている犬の姿があったのです。

明らかに人間による犬の遺棄事件だと、歩行者はすぐに警察に連絡を入れました。日常の風景は、一瞬のうちに凍り付くような遺棄現場となってしまったのです。

病気が原因で遺棄された可能性

引用の出典元:pixabay.com

現場には警察、そして発令を受けた『英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)』のスタッフが直ちに駆け付けたおかげで、幸いにも犬の命だけは救われました。

しかし、これまでに数多くの動物たちを救済・保護してきたRSPCAのスタッフですら、あまりにも残酷な遺棄事件にショックを隠し切れませんでした。

犬は、5歳程度と思われるメスのスタッフォードシャー・ブル・テリアで、犬の左腹部には大きな腫瘍があり、爪も伸び放題で多くの疾患も抱えて苦しんでいたことが判明します。

しかも、川に投げ込まれたことで溺れた形跡もありました。

腹部の腫瘍に関しては良性だったこともあり無事に手術で摘出されたのですが、犬が受けた心の傷の回復には時間がかかりそうです。

査察官のローラ・セイヤーさんは、「飼い主は犬の病気が理由で彼女を捨てることにしたのかもしれませんが、こんな野蛮なやり方は考えられません。

もし、飼い主がきちんとした医療を受けさせていれば、この犬は元気を取り戻し幸せに過ごせたはずです。我々は、心無い残酷な飼い主を見つけるために全力を尽くしています。

些細な情報でも構いませんので、ぜひご連絡を」と語っています。

遺棄事件のニュースを知った人々も憤りをあらわに

引用の出典元:pixabay.com

犬を生きている状態でジャケットに詰め込み、逃げ出せないように縛った挙句、さらにバッグに閉じ込めて川に投げ捨てるという、あまりにも狂気じみた残酷な行為に、このニュースを知った人々も強い憤りを感じます。

「飼い主が同じ目に遭えばいいんだ」
「犬は家族の一員なのに、どうしてこんなことができるの?」
「うち内の犬も腫瘍だと診断されました。除去手術の計画以外に、こんな川に投げ込んで捨てるなんて考えは、何百万年経ったって私の頭によぎることはありません!飼い主は子どもにも同じようなことをするのだろうか?」
「人類はもっとも野蛮な種です」

「犬を飼う」という意味をまったくわかっていない人間は、飼い主になる資格はありません。コメントにもあるように、平気で犬を捨ててしまう人間は、もっとも野蛮な生き物だと言えるでしょう。

どうか、この犬の未来が幸せで満ちますように。

参照サイト:Dog owners 'tied up pet and threw her in river because she had a tumour' | Metro News

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード