若くして成功する中国の若者が急増中?!

世界的にみても急成長を続ける中国は、若い世代の人たちが自らビジネスを立ち上げて成功するケースも多く見られます。

中国人が持つ商売への情熱と成功への執着心は、人口が多く競争率の激しい国だからこそ爆発的な力を持つのかもしれません。

29歳のWang Yanもそんな栄光への道を掴んだ一人の若者。鉄工場を経営し巨額の富を築き上げ、一般の人が一生かかって稼ぎ出す額を叩きだすような成功を収めていました。

彼のように30歳にも満たない中国人の若者の成功は多く、彼らは中国国内に留まらず外国にいても多種多様なアイデアと持ち前のアグレッシブ&アクティブさで成功の鍵を掴んでいきます。

まさか自分が?!愛犬が犬食文化の餌食となる

しかしそんなYanの成功ストーリは2012年にピリオドが打たれます。

それは飼っていた愛犬が失踪し、あらゆる手を使っても探しだすことができなかったことが始まりでした。Yanは知り合いという知り合いにあたり犬の捜索をし、自ら食用肉販売所にまで足を運んだのです。

自分自身では愛犬を見つけることができなかったYanも、知り合いから彼の愛犬が食用肉になるのを見たという話を聞き、心底傷つきショックを受けました。

そこからYanは失踪した動物たちを助けることに、人生の新たな目標を見出すようになったのです。

全財産を失っても救いたい命がある!

引用の出典元:postsiam.net

Yanが失踪した動物を救おうと決心した時には保護した動物たちを収容する場所がなかったため、自分が雇っていたすべての人を解雇し、鉄工場で使っていた機械を売り保護活動の資金にし工場を保護した動物たちを収容する場所「Changchun Animal Rescue Base」と呼び使いました。

ここには1000頭を超える犬を収容し、Yanはそのほとんどを里子に出すことに成功したのです。今ではYanの財産は底をつき借金までして動物の保護を続けています。一度億万長者として生きた彼は、今の生き方に一切後悔はしていないと言います。

またYanは保護施設に本当に役に立つものしか受け取らず、寄付金などは一切もらわない主義を通しています。

億万長者だからこそ分かるお金よりも必要なこと

引用の出典元:postsiam.net

ビジネスで成功をおさめたYanにとって、お金を顧みずに飛び込んだ動物保護の世界。一度億万長者という富を築いた彼だからこそ、お金よりも必要なことを訴えることができるのかもしれません。

若くして180度違う生き方を選んだYanに、多くの若者が指示し中国全土で動物愛護の風向きが変わってきています。

辛く悲しい経験をした時こそ、新しい世界への扉を開けることができるのです。

参照:Milionario cinese sul lastrico, dopo avere donato tutti i suoi soldi per aiutare i cani | Animali | Le news più strane

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード