熱中症に特に気をつけたいワンちゃん

引用の出典元:shutterstock.com

特に短頭種の犬種や、寒い地方原産の犬は熱中症になりやすいと言われています。また、子犬や老犬、肥満気味の犬や心臓病や呼吸器の病気を持っている犬は注意が必要です。

熱中症の初期症状としては、体温が40℃以上まで上がり、苦しそうな呼吸になります。よだれや嘔吐、ふらつきが出ることもあります。さらに熱中症がひどくなると、意識を失ったり、痙攣を起こすこともあります。

熱中症に気づくことが遅れるということは、そのまま命の危険につながるのです。

室内飼いであっても熱中症の危険

引用の出典元:shutterstock.com

室内であっても、留守番の際に熱中症になってしまうことがあります。

閉め切った部屋では、どんどん熱がこもり、高温多湿の中でどんどん体温調節ができなくなってしまいます。エアコンがついていても、日の当たる場所にケージがあり、その中で犬が留守番していた時に熱中症になってしまったというケースもあるのです。

熱中症に気づいた時は、すぐに体を冷やすことが一番です。水を飲めるようであれば、水分補給をさせながら、体全体に水をかけたり、冷たいタオルを頭や内股などに当てて、体を冷やしましょう。意識がない場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

熱中症にさせない為の対策を

引用の出典元:shutterstock.com

室内で留守番をさせる時は、気温と共に湿度に気を配り、エアコンを使う際は、冷房と除湿を上手に利用しましょう。ただし、特に子犬や老犬、病気の犬は冷気が直接当たらないよう注意することも大切です。

また、直射日光を防ぐ為に、カーテンを閉めていったり、ケージの中に冷感マットなどを敷いたり、場合によってはケージごと移動しておきましょう。

思った以上に弱いものと考えて

引用の出典元:shutterstock.com

犬は、思った以上に暑さには弱いものです。エアコンをつけて出かけても、停電などで切れてしまうようなこともあります。その後、日が射すと、危険な環境になります。

万が一の為に備えて、室内でも涼しい場所を作っておく、冷感マットや冷感タイプの洋服、ペットボトルを凍らせるなど、可能な限りの対策をして、熱中症対策をしてあげましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ