窃盗事件がきっかけだった

引用の出典元:www.facebook.com

1月のトルコは異常な寒波で例年になく雪が降り、野良犬たちも寒さに耐え忍んでいました。

イスタンブールではショッピングモールを解放し、野良犬たちを店内で過ごさせるなど、トルコの人たちの優しさは世界中に伝えられています。

イスタンブールから真東に900キロほど離れた都市ギズレンもまた、大雪に見舞われていました。緯度で言えばちょうど日本の青森県辺りに位置しています。

雪の降る1月に、ギズレンで窃盗事件が発生しました。犯人を捜すべく監視カメラをチェックしていたセキュリティ監視員は、ある男性が映像に映り込んでいるのを発見します。

それは、家の軒下で寒さに耐えている野良犬に、優しく接する男性の行動でした。

犬に近づた男性がみせた心温まる行動

引用の出典元:www.facebook.com

建物の前に現れた男性は、帽子をかぶり長靴を履いています。ザクザクと足首よりも高く積もった雪を踏みしめて犬に近づきました。

男性は手にドッグフードか何か、食べるものが入ったフードボールを持っているようです。頭を撫でて話しかけながら、犬の肩に積もった雪を払ってあげました。

きっと「こんなに雪が積もっちゃったな、寒いだろう。これを食べて頑張れよ!」そんな会話があったのでしょう。

犬も人間を怖がる様子はまったくなく、男性の顔をじっと見上げています。そして、男性の行動はそこで終わりませんでした。

なんと、自分の上着を脱いで犬の体にかけてあげたのです。そして、何度も何度も頭を撫でるとその場を立ち去って行きました。

犬も、ずっと彼の後ろ姿を見つめていました。わずか1分足らずの映像には、男性の優しさがギュッと詰まっています。

優しい男性の正体は?

セキュリティ監視員からこの話を聞いたトルコの報道関係者、Tuna Oztunc氏 は自身のFacebookにこの動画をアップしました。



心がジーンとする映像の中の男性はいったい誰なのか?

Facebookの動画を見た人たちは、この優しい男性の正体はいったい誰なのかを知りたい!という話題で持ち切りになります。

そして、とうとうこの男性の正体が判明しました。ギズレンに住む町役場の職員、Bulentさんでした。

彼はのちにメディアのインタビューを受け「もしこの犬に上着をかけずに通り過ぎたら、きっと私は自分自身を責めていたことでしょう。私の行動は自分のためでもあったし、取るに足らないことなんですよ」と、謙虚に語りました。

ギズレン市長から表彰まで!

引用の出典元:giresun.bel.tr

この動画が世間に広く周知されたことで、彼は市長から表彰までされました。

元々、ギズレン市長のKerim Aksu氏は野良犬たちの保護活動に力を入れている人物です。Bulentさんの心温まる行動は市長の琴線に触れたのでしょう。

市長は、この大雪で困っている野良犬たちに毛布やエサなどを提供し、動物を守ることは私たち人間の義務だと語っています。

街の治安のために取り付けられていた監視カメラは、「人間の本来あるべき姿」をも捉えていました。トルコは本当に野良犬への愛情が深い国なのですね!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード