家族が愛犬を捨てた理由が悲しい

引用の出典元:www.thedodo.com

ピットブルのメス"レイラ"は大家族育ちです。レイラの他に2匹の犬と5人の子どもがいる家庭で暮らしていました。

レイラを特に可愛がっていたのは2歳と7歳の子どもたち。子どもたちの笑い声に囲まれて、レイラも嬉々として遊んでいたことでしょう。

しかし、そんな楽しい日々はある日を境に突然終わりを遂げることとなるのです。レイラは飼い主によってハイキルシェルターに持ち込まれてしまいました。

飼い主がレイラを捨てた理由は「ペットが増えすぎたから」という、なんとも無責任で身勝手なものでした。

レイラが毎日どれだけ賑やに暮らしてきたのかと思うと、彼女の孤独感が胸に刺さります。

楽しかった記憶とぬいるぐるみ

引用の出典元:www.thedodo.com

ハイキルシェルターでの暮らしを快適だと思う犬はいないことでしょう。冷たく無機質で誰とも遊ぶことができない環境に置かれたレイラも、強いストレスを感じていました。

聞こえてくるのは子どもたちの笑い声ではなく、不安と恐怖に満ちた他の犬たちの声だけです。シェルターではレイラはまったくうまくやっていませんでした。

そんなレイラを癒やしてくれたのは、「ぬいぐるみ」。レイラは子どもたちと一緒にぬいぐるみで遊んでいたのでしょう。

レイラはぬいぐるみを咥えたまま決して離そうとはしませんでした。ぬいぐるみと遊ぶことで、レイラの記憶の中にある楽しかった日々にトリップしていたのかもしれません。

安楽死ギリギリのタイミングで保護

引用の出典元:www.thedodo.com

しかし、すでに何度もレイラは安楽死のリストに乗せられていた状態で、一刻の猶予もなかったのです。

その情報をキャッチした動物保護団体『Rescue Dogs Rock NYC』は、ギリギリのタイミングでレイラを引き出すことに成功します。

動物保護団体のオサリバン氏は次のように語っています。

「レイラは庭で元気に遊んでいます。彼女は本当にお利口だし素晴らしい犬です。レイラには早い段階で里親が付くと期待しているんです」

そして、動物の命を守る立場として次のようなコメントを付け加えました。

「毎日、たくさんの犬がシェルターに投げ捨てられています。本当に悲しいです」

愛犬が邪魔になったからと、シェルターに捨てることは決して許されない行為です。引き出されなかったら今ごろレイラはこの世にいません。

こうした動物保護活動を行う人々がいることで、命を繋ぎとめた犬たちが数多くいることを痛感します。

笑顔を取り戻したレイラにも、幸せな第2の犬生を歩んでほしいですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ