犬に洋服を着せるのは、基本的には良くないのでは?

引用の出典元:shutterstock.com

地球上にはたくさんの生物がいますが、日常的に洋服を着て過ごすのは人間だけですよね?

動物は自分で体温を調整する機能があります。犬で言えば、夏と冬で毛が生え変わったり、毛を立てる、はぁはぁと息をするといったことで体温を調整しています。洋服を着ることで、このような働きが阻害され、かえって健康を損なう場合があります。

ただ、あなたの愛犬の犬種によっては必要不可欠な場合もあります。もともと熱帯に住んでいて暑い気候が得意な犬と、逆に高地に住んでいて寒い気候が得意な犬がいます。

目安としては毛の長さです。長い毛の犬は普通体温がしっかり保たれていて冬には強いですが、短い毛の犬は体温を維持するのが難しく夏には強いですが冬は苦手な傾向にあります。短い毛の犬を飼う場合は、飼い主が体温調節をするために服を着せるという選択肢もあるでしょう。

犬に洋服を着せるとおとなしくなるのは何故?

引用の出典元:shutterstock.com

犬に洋服を着せると急におとなしくなる、というデータがあります。

首輪や服など、体を拘束されるものを身にまとっていることで、気持ちが抑圧されるからです。気持ちが抑圧されるということは犬のストレスになっているとも言えます。

どんな洋服を着せたらいいに?

引用の出典元:shutterstock.com

室内飼いだと犬の抜け毛が気になるもの。服を着せていると抜け毛が床に落ちにくくなるというメリットもあります。

もし服を着せるのなら、通気性の良い天然素材の服がよいでしょう。また、冬でもあまりもこもこのものを選ぶのは良くないです。通気性が悪く、皮膚炎になる可能性があります。ひらひらがついている、あるいは窮屈、もしくはだぼだぼだと犬の運動を妨げるおそれがあります。

それぞれの犬種や体重にあった洋服を購入して使用するといいでしょう。袖なしの洋服を選ぶと比較的運動がしやすいです。くれぐれも人間用の洋服を着せることは避けましょう。犬の体型に合わず、ストレスになりかねません。

ただ、犬も高齢や病気などの場合は体温調節の機能が鈍り、真冬の寒さは体に堪えるかもしれません。心配であれば、あらかじめ動物病院で相談しましょう。

犬の洋服まとめ

引用の出典元:shutterstock.com

犬の服は犬の体調や場面に応じて使い分けが必要だということがわかりました。犬の服はかわいくて、ついつい何枚も買ってしまいたくなりますが、そこはグッと我慢して!

今が必要であるかどうか見極めた上で、必要な時だけ必要な品質のものを着せてあげましょう。

おすすめ記事:犬の洋服を買うときに知っておきたい、定番の通販サイト4選と特徴

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi aazusweets
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード