虐待からの救出

引用の出典元:www.thedodo.com

中米に位置するコスタリカは「世界で最も幸せに暮らせ場所」に選ばれたこともある、自然豊かな共和国です。しかし、都市部では麻薬の蔓延や強盗・殺人事件といった治安の悪さも問題視されています。

そんなコスタリカにある動物保護団体『チャーリーズ・エンジェルズ・アニマルレスキュー・コスタリカ』は、飼育放棄されていた1匹の犬を保護しました。

犬の様子は過去最悪とも思えるほどの状態で、骨と皮だけになった体を横たえていたそうです。体には穴が開き、救助者をを見上げることさえできないほど瀕死の状態にありました。

団体の創設者であるタニアさんは、目の前で命が尽きようとしている犬に"レオン"と名付けます。ライオンのような強さで生きていってほしい、と願いを込めて。

献血ドナー犬が必要だが…

引用の出典元:www.thedodo.com

動物病院に搬送されたレオンは、獣医から用意されたフードと水に口を付けます。そして、すべてを平らげたあと、フードボウルをきれいに舐めました。

レオンはタニアさんの顔を見上げると、嬉しそうに尻尾を振ったのだそうです。レオンは懸命に生きようとしていました。

直ちに輸血が必要なほど重度の貧血であることが判りますが、病院には供血する犬はおらず、献血をしてくれるドナー探しが始まります。

愛犬家たちからドナーとして協力の申し出があったものの、住んでいる場所が遠すぎてなかなか輸血に至りませんでした。

窮地に至ったとき、タニアさんの脳裏に"ノーマン"という名前のロットワイラーの顔が浮かびました。タニアさんの以前からの知り合いが飼っている犬です。

献血するには25キロ以上で健康であることが条件ですが、ノーマンはそれをクリアしています。すぐにノーマンの飼い主のホセさんに連絡を入れると、仕事をすべてキャンセルして快く承知してくれました。

動物病院に連れて来られたノーマンには血液検査が行われ、ドナーとして問題ないことが確認されます。

「これでレオンを助けられる!」全員が安堵の胸を撫でおろすように大きく息をつきました。

善意の献血で救われた命

引用の出典元:www.thedodo.com

ホセさんは、目の前で大量の血液が抜かれていくのを、最後まで見ていられなかったと言います。それに対してノーマンは、とても落ち着いていたそうです。

その様子は、「心配しなくて大丈夫さ!すべてうまくいく!」と、自分に課せられた期待と責任をわかっていたかのようでした。

後日、タニアさんは頑張ってくれたノーマンにオモチャをいくつか持って行きました。その中からノーマンが選んだのは、ピンクのテニスボールだったそうです。

ホセさんとノーマンの善意により輸血が無事に済んだレオンは少しずつ回復の道を歩んでおり、十分に健康を取り戻せば里親探しもできると診断されました。

トラウマによって失われた命

引用の出典元:www.facebook.com

入院していたレオンの体は回復し、犬の飼育経験が豊富な里親も決まりました。

これからは幸せな時間だけが待っているはずでしたが、レオンと里親に、あまりにも悲しい現実が起きてしまうのです。

里親は迎え入れたレオンにリードを付け、外に連れ出しました。するとそこに、2人の人影が近づいてきます。次の瞬間、レオンは人影に怯えパニックを起こしてしまったのです。

そして、そのまま林の中に逃げ込んでしまいました。辺りは薄暗くなりかけていたと言います。里親は真っ暗になるまで捜索し、翌朝も日の出とともに探し回りましたが、レオンの姿を見つけることはできませんでした。

そしてその日の午後、近くの川で小さなレオンの亡骸が発見されたのです…。

里親の手からリードが外れたのか、それとも暴れて首輪が抜けてしまったのかはわかりません。

ただ、慣れない環境の中、遠くから近づいてくる2人の人影を見て、レオンの中のトラウマが蘇ってしまったのでしょう。

里親はおそらく自らを責めていると思いますが、団体のタニアさんはFacebookでこう語っています。

「今回のことは、誰のせいでもないことを知っています。

レオンはひどい虐待を受けていたので、知らない人にパニックを起こしてしまったのでしょう。

私たちは、レオンが少し内気で怖がりなことはことは把握していましたが、人間をここまで恐れていることは知らなかったのです。

病院でも自信と幸せを取り戻した様子で歩き回っていたのに…。

悲しい知らせをシェアしなければならず、本当に申し訳ありません。
レオン、今あなたは自由です。どうぞ安らかに眠ってください」

善意の輸血や獣医たちの処置を受けてつながった命でしたが、虐待で傷付いたレオンの心は回復していなかったのかもしれません。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード