「腸」の調子が良ければ、病気にならないって本当?

引用の出典元:shutterstock.com

犬も人間も、免疫細胞の60%が腸に存在しています。言い換えれば、健康でいられるのは腸が元気な証拠!もしあなたが、愛犬に少しでも長生きしてほしいと願うなら、まずは愛犬の腸内環境に目を向けましょう。

まずは、「腸」という臓器を知るために、抑えておきたい3つの菌を紹介します。

腸の中には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3つの菌が存在します。

「善玉菌」は、健康維持や老化防止の役割を果たしており、「悪玉菌」は、善玉菌の働きを邪魔し、健康を損なう存在です。そして最後の「日和見菌」は、「善玉菌」と「悪玉菌」のどちらか数の多い方に見方をするという、ちょっと厄介な存在なのです。

腸内バランスが乱れて悪玉菌が増えると、便秘や下痢を引き起こしたり、犬によっては、アレルギーからくる皮膚病、消化器官が弱ったことにより起こる肥満症状などを招く可能性があります。

また、こうした状態を長く放置することで、生活習慣病からなるガンといった大病にもつながりかねません。

腸内環境は、毎日の食事のとり方や生活習慣によって良くも悪くも短期間で変化していくので、改善するなら一日でも早いにこしたことはありません。

『うんちの状態』をはじめ、『食欲』『脂肪のつきかた』『口臭・体臭』などをこまめにチェックして、腸の調子を保つ努力をしましょう。

愛犬のうんちの臭いが気になる方はコチ

長生きには、おいしく食べて、ストレスを溜めない生活!

引用の出典元:shutterstock.com

先ほども紹介した通り、腸内バランスの乱れは、まず『うんちの状態』に現れます。

”いつもより固いor柔らかい””匂いがきつくなった気がする”といった変化には、腸内バランスが悪化しているよ!ということを知らせるサインかもしれません。以下に挙げるケースに当てはまらないかをチェックしながら、原因を探っていきましょう。


毎日のドッグフードが腸を疲れさせている


保存料や人口添加物が多く含まれているフードを毎日与え続けていると、腸が疲れてしまい、消化機能の働きが悪くなるといわれています。

また、必要以上におやつを与えてしまっている場合も要注意。
特に匂いの強いジャーキー類は、腸を疲れさせるだけでなく中毒性も高い為、フードの食いつきを悪くしてしまう可能性もあります。

腸は、筋肉と同じように使った分だけ休ませてあげることが重要です。時間に関係なくおやつを与える習慣をつけてしまうと、腸が休まる時間を見つけられず、結果的にどんどん疲れて、消化機能を悪くしてしまう悪循環に陥ってしまうのです。


犬自身、もしくは飼い主がストレスを溜めこんでいる


あなたにも、極度の緊張が続いた時にお腹が痛くなってしまった経験はありませんか?腸内環境と、メンタルがリンクしているのは、実は犬も同じなんです。

一日中ゲージに閉じ込められっぱなしでストレスが溜まったり、飼い主に全くかまってもらえない状態が長時間続いてしまうと、犬もストレスから便秘や下痢を引き起こしてしまうのです。

さらに、犬は私たちが思っている以上に飼い主のことを観察しています。

もし、あなたがずっと落ち込んでいたり、泣いていたりした場合、その辛さがワンちゃんにも伝わってしまい、一緒に体調を崩してしまうこともよくあるんですよ。

愛犬の腸内環境をベストな場内でキープするためには、あなた自身のケアも重要なポイントなのです。

絶対に摂取しておきたい「乳酸菌」は、フードからは摂取できない!?

引用の出典元:shutterstock.com

正常な腸内環境をキープするために、正しい食生活を習慣化することが大切だと紹介しましたが、ここからは、さらに具体的に摂取した栄養素を紹介していきましょう。

腸内細菌学の権威、辯野義診博士によると、腸内環境が良好な動物は、腸内環境が悪い動物に比べて平均寿命が1.5倍も長いと発表しています。

そしてもう一つ、アメリカの動物園で衛生面を配慮して動物たちの食事を加熱食に代えたところ、ガンや心臓病にかかる動物の割合が急増したというデータが発表されました(無加熱の生の食事を与えていた動物園では、逆に生活習慣病に罹る動物が減少したそう)。

これらの研究結果やデータから分かることは、やはり食べ物の質が寿命のカギを握っていることと。与えるなら非加熱の食材が良いということなのです。

では、加熱と非加熱食材の違いは何なのでしょうか?
ここで、この章のテーマとなる「乳酸菌」が登場するのです。

腸内の環境を善玉菌でいっぱいの良い状態でキープする為には、この「乳酸菌」の他、酵素が欠かせません。ですが、この「乳酸菌」と「酵素」は熱に弱く、48度で死滅するといわれています。

つまり、市販されているほとんどのドライフードは、加熱処理の段階で酵素と乳酸菌がゼロの状態になってしまっているという訳なのです。

いくら、他に良い栄養素を摂取していたとしても、肝心の、腸を働かせるための「酸菌素」と「酵乳」が全く取れていない状態では、腸内環境が良くなることはあり得ないのです。

乳酸菌と酵素について詳しく知りたい!

いつものドッグフードに一振りでOK!今日から始める愛犬の健康づくり!

引用の出典元:shutterstock.com

腸内環境を整えて、愛犬の健康を気にかけたい方は「ずっと一緒だワン」がおすすめです。

「ずっと一緒だワン」は、いつものドッグフードにふりかけのようにスプーン一匙分をかけるだけで、約400億個(ヨーグルト4個分)もの乳酸菌を摂取することができます。

しかも、「ずっと一緒だワン」に配合されている乳酸菌は、胃酸の影響を受けない特殊成分の為、生きたまま腸へ届けることができるんです!

さらに、「ずっと一緒だワン」には、先ほどの章でご紹介した「酵素」もたっぷり含まれています。

その名も”長生き酵素エンザミン”!

このエンザミンは、特許も取得した特殊な成分で、熱に強く胃酸の影響を受けずに腸へ働きかけることができる耐性の強い成分なのです。

実際に、このエンザミンを犬に投与した臨床試験を行っている藤井開発研究所では、わずか3日目で犬のうんちの状態変化を確認したと認めるなど、その効果はお墨付き!エンザミンが腸内の善玉菌を活性化することが公の機関でも証明されています。

その他にも、エンザミンを摂取することによって


  • 肥満解消
  • 体内のヒアルロン酸量アップ(毛艶が改善された)
  • ガン細胞を退治するNK細胞を活性化したetc…

様々な健康効果が発見されています。

このように、「ずっと一緒だワン」は乳酸菌・エンザミン・オリゴ糖の3つの成分を活用して、腸内バランスを正常化することで、愛犬の免疫力のアップや何歳になっても若々しい身体づくりに貢献してくれる優れたサプリメントなのです!

今なら、初回限定500円でお申し込みができます。
もちろん、全国送料は無料。



与える手間もないので、ぜひ毎日の健康習慣の一つとして、気軽に初めてみませんか?

「ずっと一緒だワン」お申し込みはこちら

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Tsunayoshi公式
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード