痛みを懸命に我慢する愛犬

引用の出典元:www.gettyimages.co.jp

シベリアンハスキーの「ケイン」は、飼い主さんと長年暮らしてきました。しかし、高齢犬になったある日のこと、ケインの後ろ足は突然動かなくなってしまいます。おそらく関節の状態が悪くなったのでしょう。

動物病院に連れて行き診断してもらいましたが、高齢犬のため足の手術は行われず痛み止めが出されました。

高齢犬の場合、たとえ手術が必要な状態であったとしても麻酔のリスクのほうが大きければ、外科療法ではなく温存療法や対処療法がとられることが多いものです。

飼い主さんは、痛がるケインの足を摩ってあげるか、痛み止めを飲ませることしかできず、大変胸を痛めていました。

痛み止めが切れれば再び襲ってくる痛みを懸命に我慢するケイン。歩けなくなっていく日々を過ごすうちに、ケインは生きる気力すら失っていくのでした。

あまりにもいたたまれなくなった飼い主さんは、「ケインの元気な表情を再び見たい!」と薬以外に良い方法はないか探し始めます。

愛犬にプールセラピーを行う

引用の出典元:www.youtube.com

飼い主さんは、ケインの後ろ足にかかる負担を少しでも軽くしてあげようと、"プールセラピー"を行い始めました。

プールセラピーは、浮力と抵抗力によって愛犬の足腰に負担をかけずに運動効果を得ることができ、高齢犬にも有効なセラピーです。


www.youtube.com


飼い主さんは水中をゆっくり歩き、ケインの体に水流の負荷を与えます。ケインも安心した表情でプールセラピーを満喫しています。

飼い主さんは愛犬を抱きしめた状態で静かに語りかけ、まるで心に溜まったストレスを取り除いているかのようです。

まさか!愛犬が歩き出すなんて

引用の出典元:www.youtube.com

プールセラピーが大好きになったケインに奇跡が起きるのは、始めてからわずか数日後のことでした。それまで歩くこともできず生きる気力まで失くしていたケインが、歩き始めたのです!

いったいケインの後ろ足の痛みは何だったのか!?と飼い主さんも目の前で歩くケインの姿に驚きを隠せません。

日本でも水中セラピーを行っている施設がありますが、ワンコだけが入る小さいプールだったり、セラピストさんが付き添って運動させるところが多いようです。

ケインの場合、飼い主さんに抱きかかえられて一緒にプールに入ったことで精神的なストレスが緩和され、驚異的な回復をみせたのかもしれません。

あきらめない気持ちが奇跡の原動力に

引用の出典元:www.youtube.com

飼い主さんは、ケインの奇跡をこう語ります。

「ケインが生きる喜びを取り戻すことができるなら、僕はどんなことだって手伝いたいんだ。なんといってもケインは僕にハッピーな毎日を与えてくれる相棒だからね!」

高齢犬だからといって、あきらめずにセラピーにトライした飼い主さん。その強い気持ちが奇跡を起こした一番の原動力だったのかもしれませんね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ