空腹に苦しんだ犬は石を食べていた

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカ西海岸にあるカリフォルニア州のサン・ハシント砂漠から、4歳と思われるメスのピットブルが保護されました。

"ロッキー"と名付けられた犬の体は痩せ細り、極度の飢えに苦しんでいた様子です。しかし、妊娠しているのか、お腹だけが妙に膨らんでいることに気が付きます。

X線検査の結果、驚くべき事態が明らかになりました。あまりの空腹に耐えかねて、ロッキーは石をたらふく食べていたのです。

直ちに胃から石を除去する緊急手術が始まります。手術は無事に成功し、ロッキーは健康を取り戻しました。

犬の聖地のような施設で暮らし始める

引用の出典元:www.thedodo.com

その後、ロッキーはしばらく一時預かりの里親の元で過ごしたあと、オレゴン州のユージンに広大な敷地を持つ動物保護団体『ラバブル・ドッグ・レスキュー』に引き取られることになります。

そこは犬が自由に森で遊べる、いわば犬の聖地のようなところです。

カリフォルニア州からオレゴン州までの輸送の際には、『シェルター間輸送レスキューチーム』が無料でサポートしてくれました。

ラバブル・ドッグ・レスキューに到着すると、ロッキーは持ち前の明るさと遊び好きな性格を発揮してスタッフから愛される存在になります。

ロッキーは聖域で遊び回ると鼻をブヒブヒ鳴らして喜び、スタッフたちを大笑いさせてくれました。「ロッキーは人間に助けてもらったことを心から喜んでいる」、そうスタッフは感じていたそうです。

広大な森林をハイキングしたり走ったり、ハグされることが大好きな犬へと成長したロッキーですが、数カ月経っても他の犬と馴染めないことがスタッフの心配の種でした。

犬同士のマナーが欠如していた

引用の出典元:www.thedodo.com

実は、ロッキーはかなり親分肌的な一面があり、一時預かりの里親宅でほかの犬と遊ぶときも、興奮し過ぎていたようです。

犬同士の社会性を身に付けなければ、永遠の里親を見つけることはできません。施設で暮らし始めて1年が経ったころ…、ようやくロッキーに最適な里親が現れました。

ロッキーの里親に名乗りを上げたのは、1年前、同じ施設から6歳になるブルドッグとピットブルのミックス犬"ハンク"の里親になったダイアンさんです。

ハンクの飼い主家族は、ちょうど姉妹が必要だと考えていました。カウンセラーやトレーナーのアドバイスにより、まずはハンクの家で数時間だけ遊ばせてみたほうが良いということになります。

2匹は数時間もかなり激しい遊び方を見せたため、時には止めに入らなければいけない状態になってしまうものの、スタッフはなんとかうまくいくのではないか、と感じます。

しかし、残念ながらダイアンさんは、あまりにも激しく遊ぶ2匹の様子に恐怖心を持ち、ロッキーとハンクの相性が合わないと判断したため、ロッキーは再び施設に戻ることに。

最高の友情が芽生える

引用の出典元:www.thedodo.com

ハンクの飼い主、ダイアンさんは、どうしてもロッキーの行く末が気になって仕方がありませんでした。そこで数日後、再び施設に連絡を入れ、2度目のマッチングを試したいことを伝えます。

施設側はすべてうまくいく解決策を考え出しました。ロッキーとハンクの2匹をトレーナー宅で24時間集中的にトレーニングしてもらうことでした。

経験豊富なトレーナーにトレーニングしてもらうことで、問題が発生したときにも安全に対応でき、犬同士の信頼関係を築くことができると言います。

そしてそれは功を奏しました!4日間のトレーニングを終えた2匹は、無事にダイアンさんの家族になることができたのです。

同時に、トレーナーからは激しく遊ぶ際にどう対応すれば良いかのテクニックも教わります。

こうしてロッキー改めロキシーとハンクは最高の友人になり、切り離せないほどの友情関係を築くことができました。

ロキシーを迎え入れることができたダイアンさんは、「施設の人たちのお陰で今の幸せがあります。ロキシーを心から愛しています!」と語っています。

動物保護団体や里親さんたちのおかげで、また1つ、犬の命が輝き始めました。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo