①.肩こりに効くツボ

引用の出典元:shutterstock.com

多くの犬は、人間より体高が低いですから上を見上げる動作が多く、意外にも「肩こり」は多いんですよ。

また犬には鎖骨が無く、重い頭を筋肉と靭帯だけで支えているので、ますます肩周辺に負担が掛かっています。

肩こりは自覚症状ですし、犬たちは自分が肩が凝っていると感じていないかもしれませんが、紹介する2つのツボを擦ったり、軽く押したりしてマッサージしてあげると、目を細めたりして何とも言えず気持ちが良さそうな顔をしますよ。

肩井(けんせい)


人間のツボは、肩の上部の真ん中あたりにあります。
犬は、肩甲骨の前側にある左右の窪み(人間でいうとワキの下あたりになるでしょうか)にあります。


曲池(きょくち)


前脚の外側、肘を曲げた際にできるシワの内側にあります。

②.ストレス解消に効くツボ

引用の出典元:shutterstock.com

運動不足やお留守番など、犬もストレスが溜まってイライラすると、さまざまな病気を誘発してしまいます。

日頃から、病気予防の一環として体調が悪くなってしまう前に、ストレス解消のツボをマッサージしてあげると良いかもしれませんね。

攅竹(さんちく)


人間でいうところの、眉毛の内側(左右1カ所づつ)


絲竹空(しちくくう)


人間でいうところの、左右眉毛の外側(左右1カ所づつ)
※ “攅竹”から“絲竹空”に向かってマッサージします


印堂(いんどう)


左右の攅竹の間です。


頭の百会(あたまのひゃくえ)


頭頂部です。
※ 両手で犬の頭を挟むように持ち、親指を使って、“印堂”から“頭の百会”に向かって頭全体を擦るようにマッサージします。

③.車酔いに効くツボ

引用の出典元:shutterstock.com

最近では、犬と一緒に旅行するご家族も増えていますが、乗り物に乗ると酔ってしまったり、酷い時は嘔吐してしまうことも少なくありません。

乗り物に乗る前には、車酔いの対策をしてあげることはもちろんですが、気の流れを良くし胃の働きを整えるツボを指圧してあげるのも良いですよ。

内関(ないかん)


前脚の内側、手首から肘までの間を4等分した、手首から1/4の部分。2本ある筋肉の間の窪み。
※ あまり力強く押さなくても大丈夫です。

ツボ押しは、究極のスキンシップ

引用の出典元:shutterstock.com

はじめのうちは優しく押して、どのくらいの強さなら嫌がらないのか、愛犬の様子を観察しながら行いましょう。

嫌がる時は無理をせず、軽く撫でるだけでも効果はあります。

ツボ押しやマッサージは、私たち飼い主と愛犬の究極のスキンシップです。お互いがゆったりした気持ちで行うことで、愛犬自身のリラックス効果はもちろん、私たち飼い主も心が穏やかになり、とても癒された気分になります。

また、犬の全身をくまなく撫でたりすることで、愛犬のちょっとした身体の変化に気づきやすくなり、病気の予防に役立ちますよ。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ