愛犬に残された数日の余命

引用の出典元:www.instagram.com

アメリカの北東部に位置するニューヨーク州に、DJを生業とするトーマス・ニール・ロドリゲスさんとポーは暮らしていました。

15歳という長寿のポーの体は、腎不全と治療ができない2つの大きな腫瘍に蝕まれていました。2015年2月、獣医からは、「ポーに残された余命は、あと数日と思われます。」と告げられました。

ポーとの出会いは、1999年の年末に訪れたニューヨークのシェルター。ポーはまだ生後8週間の子犬でした。あの日から二人で過ごしてきた長い時間が、はかなく消えかけようとしていたのでした。

最高の大冒険に出かけよう!

引用の出典元:www.instagram.com

ちょうどその頃、ロドリゲスさんは、婚約者と共に、全米35都市を車で横断する計画を立てていました。

ポーは、ピットブルとラブラドールのミックス犬です。もともと遊び好きで、いろいろなことに興味深々です。

愛犬の余命を告げられ、計画を中止することもできましたが、ポーらしい最期の時間を過ごさせてあげる道を選択しました。

愛犬に残された大切な時間。三人で作る、最高の冒険の旅「ポーの大冒険」の一瞬一瞬が、こうしてインスタグラムに刻まれていったのです。

飼い主が予測したとおり、ポーは、この大冒険の日々に大満足です。旅先で初めて見る素敵な景色は、ポーの心をウキウキさせ、ポーの体の腫瘍をも治してくれる薬になっていきました。

気が付けばアメリカ縦断を完走!

引用の出典元:www.instagram.com

ニューヨーク育ちのポー。初めてみる大自然や縦断先での経験を満喫します。アリゾナでは宇宙人や仏像に出会い、ニューオリンズでは馬とご挨拶し、ラスベガスのネオンに感動し、と、多くの冒険を体験していきます。

旅先で、新しいお友達もたくさんできました。そして、気が付けば全米を1ヵ月半かけて1万9千キロもの距離を冒険していました。無事、自分の故郷ニューヨークへと戻ってくることができたのです。

数日間の余命しかなかったポーは、大いなる冒険によって蘇ったのです。インスタグラムには、「まるで魔法じゃないか。」「信じられない!」と、たくさんのコメントが寄せられました。

愛犬を魔法にかけてあげたい!

引用の出典元:www.instagram.com

老犬になり、病気を抱えていたポー。それでもこんなに素敵な大冒険を経験できたのは、飼い主のロドリゲスさんの深い愛情があったからこそです。

シェルターから救い出されてから、毎日可愛がられていたポーは本当に幸せな犬です。インスタグラムの写真を見ていると、ポーがどれだけ愛されているのかが伝わってきます。

余命が数日だった犬に奇跡が起きた!SNSで話題を集めた二人の大冒険の5枚目の画像

もし、あなたの愛犬が、獣医から余命を告げられたとしたら、その時はポーのことを思い出してください。

悲しい気持ちで愛犬の最期を迎えるより、明るく笑顔で接してあげれば、愛犬に魔法がかかるかもしれないのですから。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo