ぐるぐる回る理由①. 暇つぶし

引用の出典元:www.flickr.com

子犬の場合は、単に自分のしっぽだと認識できておらず、視界に映るものを追いかけている場合が多く、ただの好奇心の表れなので、特に心配はいりません。しかし、成犬の場合は、注意が必要です。いくつかの原因が考えられます。

例えば「暇つぶし」として、ぐるぐる回っている場合。

言うまでもなく、心配無用です。新しいおもちゃを与えてあげる、一緒に遊んであげるなどして、暇を潰してあげると犬は喜びます。

子犬の時に一匹で飼い主のもとに引き取られると、遊び相手がいないためにこのような行為を日常的に行うようになります。

犬は社会的な関わりを好む生き物です。なるべく犬と遊ぶ時間を増やしてあげましょう。

ぐるぐる回る理由②. ストレス

引用の出典元:www.flickr.com

人間で言うと強迫性障害にあたります。犬は人間と違い、やけ食いしたりお酒を飲んだりなどのストレス行動ができないので、しっぽを追い掛け回す、ときにはしっぽをかじったりすることでストレスを表すことがあります。

寂しさや不安がストレスの原因となっている場合が多いので、飼い主がよく遊んであげる、散歩に連れ出すなどすると改善するでしょう。時には、縫わなくてはいけないほどのひどい傷を自ら付けてしまうこともあります。

傷がひどい場合や繰り返す場合には病院で治療を受ける必要があります。外科治療と合わせて心理的な治療が必要となるケースもあります。

エリザベスカラーを装着する場合もありますが、これはあくまで対処療法で根本的な治療にはならないため、原因を確定することが大事です。

ぐるぐる回る理由③. 飼い主の注目を集めたい

引用の出典元:www.flickr.com

たまたまぐるぐる回った時に飼い主が「かわいいね」「上手だね」などと褒めてしまうと、犬はまた褒めて欲しくて何度も何度も繰り返す可能性があります。

あまり繰り返す場合は、意識して、犬が回っているときはその行為に注目しないようにするほうがよいでしょう。



ぐるぐる回る理由④. お尻周りの病気

引用の出典元:www.flickr.com

お尻やしっぽに病気や傷がある場合、不快感や痛みからしっぽを追い掛け回すケースがあります。お尻周辺に異物や傷、腫れ、赤みがないかをチェックしてあげましょう。寄生虫や腸の病気が原因の場合もあります。目に見える範囲に異常がなくても続くようなら病院で判断を仰ぎましょう。


いかがでしたでしょうか?

犬がぐるぐる回っている行為自体は可愛いし、気に止めずにスルーしている方は多いのではないでしょうか。もし思い当たる節があればぜひ動物病院へ相談なさってくださいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi aazusweets
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード