世界共通!犬を使ったCMは成功する?

引用の出典元:www.beaglestreet.com

私たちの日常はあらゆる広告で溢れています。

特に可愛い動物、犬を使ったCMは人々の注目を集めやすくテレビをつければ必ずと言っていいほど犬のコマーシャルを目にしますよね?

日本でも携帯電話会社CMでお馴染みの白い“お父さん犬”は、犬を使ったCMで大成功をした一例ではないでしょうか。

CM以外でも、人気有名人が飼っている犬種がその年に売れる犬の犬種トップになることも少なくありません。

それほどまでに、犬が持つ“広告力”は人間にとってかなり大きな効力を持っていることが分かります。

保険会社の風変わりなキャンペーンとは?!

イギリスの生涯保険の会社であるBeagle Streetは、犬に関する保険を取り扱った会社かと思いきや、実は人間のための生命保険会社。テレビをつけるとCMが放映されているのでイギリス国民には良く知られた保険の会社です。

もちろん名前にちなんでビーグル犬もしっかり登場。

しかし、数ある保険会社の中から国民に選んでもらうのはとっても大変なこと。

「どのように自社の保険を宣伝していくか」ということが他の会社と差別化をしていくポイントであります。

そこで目をつけたのがm看板犬である犬のJelemy。

彼を使ってどうにかBeagle Streetを幅広い人に知ってもらえないか、、、と考えだしたのが「100£であなたの愛犬の名前をJelemyに変えませんか?!」というものでした。

一体、どこの愛犬家がこんなリクエストに応えるのでしょうか?

あなたの愛犬が1カ月間、保険会社の広報役に!?

引用の出典元:www.thesun.co.uk

実際にはBeagle StreetのTwitterへ「名前を変えます」登録をすると、Jelemyとプリントされた首輪が飼い主さんの元に届きます。

それを受け取った人は1カ月間、愛犬にその首輪をつけ続けるという条件で100£を受け取ることができるのです。

つまりBeagle Streetの真の目的は、「完璧に名前を変えて欲しい!」というわけではなく、Beagle Streetの首輪をつけて1カ月間だけ宣伝をして欲しい、、、というのが狙いだったのです。

これなら、お小遣い稼ぎに1カ月間だけ、愛犬が保険会社の広報役になっても悪くないですよね?

企業も頼りにしちゃう!?犬が持つコマーシャル力は世界一!

あらゆる場面で犬がいると多くの人の心を動かすことができます。

そのため、あらゆる企業が自社の宣伝をする際に、コマーシャル力の高い犬を使って人々の関心や興味を引こうとしているのです。

イギリスの保険会社Beagle Streetも、そんな私たちの"犬好き"を分かった上でこのような宣伝方法を発案したのかもしれませんね。

皆さんは1カ月間だけなら、愛犬に"Jelemy首輪"をつけてみたいと思いますか?

参照:WOULD YOU CHANGE YOUR DOG’S NAME TO JEREMY FOR £100?

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード