バスに置き去りにされたスタッフォードシャー・ブル・テリア

引用の出典元:www.boredpanda.com

イギリスのロンドンを走る公共バスは、大型犬であっても利用できるので、愛犬家たちも犬と一緒に普通にバスを利用しています。

朝9時半ごろ、男性2人連れがスタッフォードシャー・ブル・テリア(通称スタッフィ)を連れてバスに乗り込んで来ました。

普段通りにバスを運行していたポール・マックさんは、見慣れた光景がゆえに特に違和感は感じなかったと言います。

しばらく走行したのち、運転手のマックさんは犬がポツンと取り残されていることに気が付きました。慌てて5分間だけ運行をストップし飼い主がいないか確認しましたが、時すでに遅し。

朝、犬を連れて乗ってきた男性2人こそが、まさに犬を置き去りにした犯人だったのです。一般的にロンドンのバスは前払い制で、そのまま後方の扉から下車できるシステムなので、マックさんも気が付くのが遅れたのでしょう。

会社側からバスの運行が終わるまでは、犬をバス内に留めておくように言われたのか、マックさんはその日の運行を終えると、急いで犬の元へと近づきました。

震えたまま悲し気な瞳を向けるスタッフィ

引用の出典元:www.boredpanda.com

スタッフォードシャー・ブル・テリアはとても頭の良い犬種で、飼い主に従順で明るく人懐っこい性格です。それなのに、このスタッフィはブルブルと震えたまま悲し気に見つめるだけで、動こうともしませんでした。

マックさんは家に連れて行ってあげようと考え会社に相談してみたのですが、万が一噛まれたとしても労災として認められない、と言われ当日は連れて帰るのを断念します。

その代わり、その晩はバスの中で一緒に付き添い、不安げなスタッフィを安心させてあげることにしました。一切、その場から動こうとしないスタッフィに水と食べ物を用意し、優しく声を掛け時間を過ごします。

フェイスブックに情報を掲載したら思わぬ事実が!

引用の出典元:www.boredpanda.com

その晩、マックさんは自身のフェイスブックにスタッフォードシャー・ブル・テリアが置き去りにされたことを掲載しました。

そして、翌朝には動物保護団体にスタッフォードシャー・ブル・テリアを預けに行き、別れを告げます。さらに、フェイスブックに掲載された犬の情報はたちまち拡散し、その数日後には飼い主が名乗り出たのです。

本当の飼い主はあの男性2人ではありませんでした。パウリーナさんという女性がこの情報を目にし、「間違いなくうちの"ボストン"に違いない」と申し出ました。

バスに置き去りにされる数日前、パウリーナさん家族が愛犬と散歩をしているとき、ほんの一瞬だけ目を離した隙に逃がしてしまったというのです。

必死になって現場付近を探したり、インターネットの情報を探したりした結果、この情報に辿り着いたということでした。

となると、バスに置き去りにした2人は迷子になっていたスタッフォードシャー・ブル・テリアを拾った、ということになります。

しかし、動物保護施設に連絡した様子もなく、バスに犬を置き去りにしたことを考えると、あわよくば自分たちの犬にしようと思っていたのかもしれませんね。

しかし、スタッフィは賢く飼い主に従順な気質を持っているので、飼い主の元から自分が脱走してしまったこともわかっていたでしょうし、ましてや知りもしない男性らに懐かなかったのかもしれません。

いずれにせよ、ボストン君が飼い主の元に戻ることができたのは何よりでした。

マイクロチップが装着されていれば…

引用の出典元:www.boredpanda.com

パウリーナさんには、8歳の息子・フィリップ君と3歳の娘・ゾフィアちゃんがいます。無事に家族の元に戻れた4歳になるボストン君も笑顔が戻って嬉しそうです。

パウリーナさんは犬を逃がしてしまったあと、すぐにかかりつけの獣医に相談したそうですが、残念ながらマイクロチップを装着していなかったこともあり、非常に後悔したということです。

イギリスでは2016年4月以降から愛犬にはマイクロチップを装着することが義務付けられています。もし、ボストン君にマイクロチップが装着されていれば、もっと早く見つかっていたことでしょう。

現在は、ボストン君にはしっかりとマイクロチップが装着されています。

日本ではまだ義務化はされていませんが、万が一の愛犬の脱走や盗難を考えると、検討しなければいけないですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード