びしょびしょの毛布の中には捨て犬が

引用の出典元:www.thedodo.com

12月の冷たい雨が降る日の午後、カリフォルニア州サクラメントの公園で2匹の子犬が発見されました。

母親が息子を学校に迎えに行った帰り道の公園を通ったとき、2人はなにか落ちていることに気が付きます。それは、ひどく汚れてびしょびしょの毛布でした。

そして、毛布の中には体を震わせる2匹の子犬の姿があったのです。親子が子犬を触ってみると動くこともなく、抱き上げた体は氷のように冷え切っていました。

親子は子犬をサクラメントSPCA(動物虐待防止協会)に連れて行きましたが、到着時に1匹の子犬はすでに死んでいました。

体力は残されていたものの顎と首に擦り傷が

引用の出典元:www.thedodo.com

獣医師の元に運ばれた子犬には血糖値を改善するためのカロシロップが投与されました。そして、数分後には温かい食事をたっぷりと食べることまでできたのです。

生き残ったオスの子犬は"ペティー"と名付けられ、獣医はペティの状態が落ち着いたのを見計らって丁寧に診察し始めます。

ペティーのお腹には、真菌(カビ)が原因の白癬が広範囲に見られ、顎と首には擦り傷がありました。

まだ立つこともできずヨタヨタしていることら、生後1ヵ月未満だろうと推測したのですが、これが間違いであることがのちに判明します。

当初は、栄養失調なのかなんらかの病気なのか判らなかったのですが、様々な検査を行い該当しない病気を除去していった結果、ペティーは「小脳形成不全」だということが判明しました。

【小脳低形成・形成不全】
小脳の低形成では制御が上手く出来なくなります。分かりやすいのは、フードを食べようとした時、顔がお皿にぶつかったりして散らかしながら食べます。

歩く時も「スタスタ」歩けず、酔っ払ったように見える場合があります。これらの症状があっても、じっとしているとほとんど異常なく見えます。

いざ動き出すと「カクカク」「ふらふら」とした行動が目につきます。低形成は先天的なものでは基本的には進行はしませんが、後天的なタイプは進行します。

その悪化の度合いによって生活の質も変わってきます。先天性では最低限の事が出来ていれば、生活をし続ける事は可能です。/アンジュ動物病院

出典:小脳低形成・形成不全|八王子,立川で動物病院(アニマルホスピタル)

自らの障がいにどう対処するか学ぶ子犬

引用の出典元:www.facebook.com

医療施設を併設したサクラメントSPCAには、養育コーディネーターという育ての親の役割をするスタッフもいます。

ペティーの育ての親となったサラ・バラニーニ氏は、転んだ際に怪我をしないよう、プールの中に毛布をたくさん積み重ねて環境を整えます。

ペティーは病気以外はまったく普通のヤンチャな子犬。好奇心が強くあちこちを探検し、新しい人と出会い、オモチャで遊ぶのが大好きなのです。



サラさんは医療チームと連携し、普通の子犬同様にトイレの場所や他の犬との遊び方など、ペティーが自立して生きていけるようにトレーニングに励みます。

ペティー自身もどうやったら転ばないか、どうやったら顎をぶつけずに上手にご飯が食べられるか、あきらめずに時間をかけて学習していきます。

ひととおりプール内を嗅ぎまわったあと、自分のお気に入りの場所でぐっすりと眠るペティー。そんな姿は心温まるものですが、彼は人間の手を借りなければ生きていくことができないのも事実です。

育ての親であるサラさんはペティーを愛情深く育てる一方で、新しい里親の元に行ったときのことも考えると言います。

「ペティーにあらわれる症状に合わせて、安全に過ごせる環境を作り出すことができる献身的な家族が必要なのです」

安心できる素敵な里親さんに出会えた

引用の出典元:www.facebook.com

小脳形成不全を抱えた犬は、急に倒れてしまうこともあるので、日々ケアができる里親さんが現れるのが理想です。

そしてついに4月、5ヶ月齢に成長したペティーに、安心して委ねられる里親さんが現れました。愛し合う2人の間にペティーという大切な子どもができたのです。

優しい笑顔が素敵な2人の献身的な愛を受けて、ペティーは生涯幸せに暮らしていくことでしょう。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード