水族館が保護犬たちの里親に?

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

水族館で出会える動物たち、それはもちろん海や水に関係する生き物たちです。しかしシカゴのShedd水族館は、そんな私たちのイメージを裏切ってくれるちょっぴり特別なアクアリウム。

なんと彼らはシェルターに保護されている犬たちの里親になったのです!

Shedd水族館によって引き取られた犬は今現在6頭。彼らは水族館でトレーニングを受けて、パフォーマンスショーに出演していると言うではありませんか!

海の仲間たちと陸に生息する犬のショー、かなり興味深い試みですが水族館はなぜこのような行動に出たのでしょうか。

すべての犬にチャンスを!どんな犬にも才能がある!

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

Shedd水族館が保護犬を引き取った背景には、「捨てられた犬だからと言って飼い犬と何一つ変わらない存在。トレーニングすれば多くの人たちを喜ばせるパフォーマーにだってなれる!」ということを証明するためでした。

もちろん死と隣り合わせで生きるシェルターの犬たちを救うことが第一の目的ですが、トレーニングを受けることで捨て犬たちが新たに人生の光を見ることができるのです。

ゴミ溜め場で発見された犬・ピーチは、パフォーマー犬の中でも小回りが利く運動神経の持ち主。シェルターにいたらそんな彼女の才能すら誰も知らずに命を終えていたかもしれません。

トレーニングや水族館でのパフォーマンスを通して、保護犬たちが新たに人間への信頼を取り戻し家族を見つける手助けになることを水族館は祈っています。

ちょっとしたアイデアが捨て犬たちの未来を切り開く!

人間が犬を愛して飼い続ける一方で、捨てられて劣悪な環境で生きる捨て犬の数も増え続けています。一度捨て犬になってしまうと新しい飼い主を見つけることは大変難しく、多くの小さな命が人知れず日々消えていっているのです。

今までは「捨て犬を保護したい!」という人がシェルターに足を運んで気に入った犬を選ぶことが里親システムの主流でありました。

しかしシカゴの水族館のように、少しのアイデアで保護犬たちが輝いて多くの人たちに彼らの隠れた魅力を知ってもらえるチャンスを作る事ができるのです。

捨てられて見えなくなってしまった犬たちの本来の良さや魅力を引き出してあげること、それこそがシェルターで新しい家族を待つ犬たちが里親を見つけられる大きなヒントになるのかもしれません。

参照:Chicago Aquarium Adopts Rescue Dogs, Because They Care About Land Mammals, Too!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード