電話ボックスに遺棄された犬

引用の出典元:www.facebook.com

イギリス、ロンドンで小さな動物保護団体を運営する女性、エマさんの元に1本の電話が入りました。あろうことか、大きな犬が電話ボックスの中に捨てられていると言うのです。

すでに夜になっていましたが、助けを必要とする犬が待つ現場へと車を走らせます。ライトに照らされていたのは、電話ボックスの中で立ちすくむ大きなオス犬でした。

サルーキミックスと思われる犬の首には細い紐が巻き付けられており、飼い主に捨てられたことは明らかです。

ここに閉じ込めて捨てれば、きっと誰かが拾ってくれるとでも思ったのでしょうか…。

エマさんが"バリー"と名付けた犬は片方の前足を浮かせており、ケガをしているようです。

犬はとても疲れている様子でしたが、狭い電話ボックス内では横たわることさえできず、ずっと立ち続けていたのです。

交通事故の治療をしてもらえずに捨てられたか

引用の出典元:www.thedodo.com

エマさんはバリーを保護しようとしますが、やはり歩けない様子です。なんとか抱きかかえた瞬間、エマはがっくりと脱力し、そのまま車の中で眠ってしまいました。

すぐに救急動物病院に直行し診察してもらったところ、バリーは足だけでなく右肩を骨折しており、全身には治りかけの古傷があったのです。

バリーの耳にはノミやダニがたくさんおり、肺からは出血していたこともわかりました。

おそらくバリーは交通事故に遭い、飼い主が治療させないまま1~2週間放置したあとに捨てられた可能性が高い、と獣医は判断しました。

この段階ではバリーは自力で歩くことができず、脚の神経にダメージが疑われたため、切断する可能性が伝えられます。

自然治癒力と人からの愛を受けて回復を目指す

引用の出典元:www.thedodo.com

改めて別の動物病院の骨専門獣医にバリーの脚を診てもらったところ、きちんと治療を受ければバリーの脚は自然治癒する可能性がある、と診断が下りました。

保護したエマさんは、バリー自身の治癒力に願いをかけます。そして、少しずつ体重を増やしていったバリーの再検査で嬉しい結果が出ました。

一生治らないかもしれないと言われていた脚のダメージは、ものの見事に回復していたのです。

骨折していた肩甲骨のケガも良くなったバリーは、一時預かりボランティアの家で養生しています。

エマさんは、「バリーを癒やすにはしばらく時間がかかると思いますが、無事に完全回復すれば、最高に愛してくれる家族が見つかるでしょう」と、バリーへの温かい気持ちを語りました。

辛い過去に負けずに生きてほしい

引用の出典元:www.thedodo.com

バリーを運び込んだ救急動物病院での治療費は、エマさんの動物保護団体を支持する人からの寄附金で支払われました。

しかし、手術などを含めた治療費は20万円を軽く超える額だったため、エマさんは自腹を切るとともに資金調達に奔走しているとのこと。

無責任な飼い主に出会ってしまったことで辛い経験をさせられたバリー。一日も早く、永遠の家族の元で走り回れる日が来ることを願っています。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ