命の瀬戸際に立たされた飼い犬を保護

引用の出典元:www.youtube.com

若いシベリアンハスキーと思われる犬が保護されました。捨て犬ではありません。れっきとした飼い犬にもかかわらず、首元には血が滲みリンパ液が溜まっています。

飼い主のあまりにも愛情のない飼い方に胸を痛めた隣人が、動物保護団体に通報したことがきっかけでした。

スタッフが飼い主の家に行き確認すると、家族は誰一人としてこの犬の様子を見に来たことがないと言うのです。首の傷を見て見ぬふりをして、死なない程度にエサや水だけを与えていたのかもしれません。

飼い主は、この犬が子犬だったころに首輪を付け、屋外に繋ぎっぱなしにしていたのです。首元に巻き付いた小さな首輪は、成長していく彼の命をじわじわと奪おうとしていました。

犬の成長とともに適したサイズの首輪に交換するのは当たり前です。スタッフは、完全な飼育放棄・ネグレクトと判断し、飼い主から犬を引き離すことを決定しました。

除去された首輪が辛さを物語る

引用の出典元:www.youtube.com

保護スタッフは首元に注意しながらリードを付け、車へと誘導します。歩く後ろ姿は、まるで老犬のように足関節が曲がっていました。

可哀想なことに、この犬は散歩の楽しさすら経験したことがなかったのです。

獣医は、運び込まれたシベリアンハスキーに全身麻酔を施し、直ちに首輪の除去手術に取り掛かります。

成長した犬を苦しめていた首輪はガッチリと皮膚に食い込み、血液やリンパを滞らせていました。

除去された首輪はかなりボロボロの状態です。自分の首に食い込んでくる首輪を、懸命に足で引っ掻いて外そうとしていたのでしょう。

犬の首の傷が完全に回復するまでには4週間もかかりました。

飼い主の神経がまともなら、たった1秒で彼の苦痛を解放できたはずなのに…。

飼い主がいながらも助けてもらえず、苦しい日々を過ごしていた犬の気持ちを思うと胸が締め付けられます。

走る喜びを初めて知る!


保護犬の体はふっくらとして筋肉も付いてきました。もうどこにも彼を苦しめる人はいません。保護施設のスタッフや一緒に遊んでくれる友達もたくさんいます。

彼は、それまで動けなかった時間を取り戻すかのように、とてもエネルギッシュにドッグランを走り回るのでした。

全世界に静かにはびこるネグレクトの恐怖。もし、隣人の通報がなかったら、元気な彼の姿を見ることはできなかったかもしれません。

たくさん散歩をしてくれて永遠に愛してくれる里親さんが1日も早く見つかりますように!

そして、愛情をかけることができない飼い主が世の中からいなくなることを願わずにはいられません。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード