犬にもやしは与えてもいいの?本当に安全なの?

引用の出典元:shutterstock.com

まず、犬にもやしを与えることは基本的に問題ありません。
もやしの95%は水分と食物繊維であり、犬の体に負担となる成分は含まれていないと考えられています。

野菜の価格が高騰している中でも、常にリーズナブルなもやしは私たち人間だけでなく犬にとっても非常におすすめの食材です。

愛犬の食事や健康管理のためにも、もやしの適切な与え方や注意点を知っておきましょう。

もやしの成分と期待出来る健康効果とは?

もやしの95%は水分と食物繊維です。
そのため食材から水分をしっかりと補給出来るため、夏バテ予防や脱水予防にも有効です。さらにカロリーが少ないことからダイエット、便秘解消にも非常に効果的。

抗酸化力が高く免疫力をアップさせてくれるビタミンCや、脂肪の代謝を促進したり皮膚や粘膜の健康を守ってくれるビタミンB1・B2も含まれています。

さらに体内の余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているため、今増加しつつある犬の生活習慣病予防にも役立ちます。

もやしを与える時のポイントと注意点

もやしは生でも火を通しても与えることが出来ます。

ただし含まれているビタミンCは熱に弱いため、生のまま細かく刻んで与えるのがおすすめです。煮たりゆでたりして加熱する場合は、栄養素が溶け出しているのでその水分ごと与えるようにしましょう。

食物繊維が豊富で元々消化しにくいため、野菜の消化に慣れていない犬や、消化力が弱い犬の場合は出来るだけ細かく刻むようにしてあげて下さい。
大切な栄養が流れ出してしまわないよう、与える直前に切るのがポイントです。

正しい与え方でもやしパワーをしっかりGET!

引用の出典元:shutterstock.com

栄養豊富、メリットたくさんのもやしですが、一度にたくさん与えすぎると下痢を引き起こしてしまう可能性があります。
愛犬のお腹の調子に合わせて適量を見極めるようにしましょう。

また、もやしは非常に傷みやすい野菜なので購入後は出来るだけ早めに与えるようにしましょう。

与え方次第でより健康に、そして食感も楽しい食事の一材料となるもやしをぜひ活用してみて下さいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ