動物保護団体によって安楽死を免れたアダム

引用の出典元:www.facebook.com

アメリカ中西部に位置するインディアナ州のアニマルシェルターからアダムは引き取られました。引き取り手は地元で保護活動を行う「Lucky Dog Retreat Rescue(ラッキードッグ リトリートレスキュー)」です。

まさにアダムはラッキーでした。シェルターでは、アダムの皮膚病があまりにも酷かったため、治療ではなく安楽死が予定されていたのです。

アダムの顔は赤く腫れ上がり、お尻から尾っぽの先までの被毛が抜け落ちていました。動物保護団体の創設者、ロビン・ハーマンさんはアダムの様子を見て、ノミやダニによる皮膚病だろう、と感じたと言います。

皮膚病の原因は人間アレルギーだった

引用の出典元:www.facebook.com

動物保護団体と連携して保護犬の治療を行う動物病院「Animal Medical Center(アニマルメディカルセンター)」は、アダムの皮膚病治療を開始しました。

しかし、数ヶ月経ってもアダムの皮膚病が快方に向かうことはなく、ハーマン氏は、「やはり安楽死の道しかないのかもしれない」と感じ始めます。

この段階では、長年犬の治療に携ってきた獣医をもってしても、アダムの皮膚病の本当の原因が、まさか"人間アレルギー"だとはわからなかったのです。

しかし、アダムの治療を担当していたアンダーソン獣医は諦めませんでした。そして、詳細な血液検査を行い、アダムが人間アレルギーを持っていることを突き止めます。

実に、アダムが保護されてから4ヶ月が経過していました。

皮膚病や脱毛の悪化は自己免疫不全によるもの

引用の出典元:www.facebook.com

アダムを苦しめていたアレルギー源は人間だけではありません。猫のフケやハエ、ゴキブリや昆虫の一部、食べ物ではクルミにアレルギー反応を示していました。

アダムの治療をさらに効果的に行うため、インディアナポリスにある動物の皮膚科学クリニックに定期的に通うことになります。

同病院のローリ・トンプソン博士の診断により、アダムは"自己免疫不全"であることがわかり、本格的に治療が始まりました。

自己免疫不全になると免疫機能が正常に働かなくなり、自らの体の細胞を攻撃し始めます。このことでアダムの免疫機能は自らの毛根すら異物と捉え、脱毛が止まらなかったのです。

トンプソン博士によれば、犬が人間のフケに対してアレルギー反応を呈することはしばしばあるそうです。

それでも、通常であれば重度の皮膚病になることはないのですが、アダムの場合は加えて自己免疫不全に陥っていたため、皮膚病が悪化してしまったのです。

病気からの回復で取り戻した愛らしい姿

引用の出典元:www.facebook.com

本格的治療から3ヶ月。なんの犬種かもわからないほど脱毛していたアダムでしたが、ラブラドールのミックスだとわかるまでに回復しました。

アダムは、ラッキードッグ リトリートレスキューのスタッフの一人、ベス・ウェバーさんの家族に迎えられ、定期的に自己免疫不全の治療を受けています。

この病気は生涯投薬治療が必要だということですが、アメリカやイギリス、オーストラリアなど世界中からアダムの治療費にしてほしいと、寄付金が寄せられました。

動物保護団体のおかげもあって安楽死の運命を乗り越えたアダムですから、再び奇跡が起きて完治するかもしれません!それを祈りましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo