犬の里親になるなら保護犬への理解を

引用の出典元:theanimals.pics

犬の里親になる場合、保護された成犬を引き取ることが多いです。そのため、里親のあなたは子犬から飼うよりも一緒に過ごせる時間は短くなってしまいます。

あなたは里親として犬達の「犬生」についてよく知って、理解を深めておく必要があります。

里親システムは素晴らしいものですが、保護されている犬には、新しく飼い主になるあなたの知らない犬生があります。

捨てられたり、虐待されたりといった過去のある犬の里親になるかもしれません。

だからこそ、「うちで過ごすこれからの犬生では、世界一幸せなワンコにする」という気持ちを固める事が里親になる為の心構えの第一歩です。

犬の里親としての苦労も引き受ける覚悟を!

引用の出典元:www.freestockphotos.name

里親になったあなたには、大事な犬の健康を守る義務があります!

保護されて里親を待っている犬のなかには、病気をかかえていたり、警戒心が強くごはんを食べないなどの理由で点滴や治療が必要な犬もいます。

里親の主催者に、引き取る犬の健康状態の説明をよく聞いておいてくださいね。

おうちに迎えてからも犬の様子をこまめにチェックし、健康を守れる里親になりましょう。

里親になったら、獣医さんにすぐ診てもらえるような環境を用意しておけば安心です。

里親だからこそ犬が受け入れるまで待つ

引用の出典元:www.flash-screen.com

里親会からの保護犬ばかりではありませんが、犬の性格はそれぞれで、人懐っこい犬もいればちょっと人間と距離をおく犬もいます。

心に傷を負っている犬は、なかなか懐いてくれないこともありますが、いきなり知らないおうちに連れてこられて不安になるのは、どんな犬でも当然のこと。

里親として犬と少しずつ信頼関係を作りましょう。焦らずのんびり犬が受け入れてくれるのを待ちましょう。

あなたの愛情が必ず犬に伝わる日がきます。その時が本当の里親になった日です。犬と一緒にのんびり成長していきましょう。

里親として保護された犬のいのちを救える!

引用の出典元:dreamdogsart.typepad.com

犬の里親になるのは、保護された犬のいのちを救うことでもあります。

犬を飼いたい人みんなが里親という手段を選べば、いつの日か無駄に奪われるいのちがなくなるかもしれません。

里親会などで保護されている犬には可愛くていい子がたくさんいますから、ぜひ譲渡会に行ってみましょう。

あなたの運命のワンコとの素敵な出会いがあるといいですね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Peachtree
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード