シュナウザーの特徴:3種類で大きさが全然違う!

引用の出典元:www.shutterstock.com

ミニチュア・シュナウザー


  • サイズ:小型犬
  • 体高 :オス 30~35cm メス オスよりも小さい
  • 体重 :オス 4~8kg メス オスよりも小さい

スタンダード・シュナウザー

  • サイズ:中型犬
  • 体高 :オス 45~50cm メス オスよりも小さい
  • 体重 :オス 14~20kg メス オスよりも小さい

ジャイアント・シュナウザー

  • サイズ:大型犬
  • 体高 :オス 58~71cm メス オスよりも小さい
  • 体重 :オス 20~25kg メス オスよりも小さい


3種類のシュナウザーは、それぞれの犬種でだいぶ大きさが違うのがわかります。ジャイアント・シュナウザーとミニチュア・シュナウザーを比べてみると、体高は2倍、体重は5倍程度もあります。

長い眉毛と長いひげをたくわえた特徴のある風貌は、まるで賢い哲学者のようです。シュナウザーの名前は、ドイツ語で「口ひげ」を意味する「シュナウツ」が由来です。

シュナウザーは、とても知能が高く、教えたことは着実に吸収します。礼儀正しい気質を持っているので、決まった時間にいつもの行動をしないと、機嫌が悪くなるほどです。礼儀知らずの態度には、犬にも人にも厳しい態度を見せることも。長いひげを生やした厳格なおじいちゃんのようです。

ネズミ獲りや家畜の番をする使役犬グループに分けられていて、どのシュナウザーも筋肉質で、しっかりとした骨格が特徴です。オスのほうがメスよりは大きく頑丈な印象です。ネズミを獲る際に怪我をしないように、眉毛や口ひげがあるのです。

シュナウザーの被毛はダブルコートで、密集したアンダーコートとザラザラした手触りのワイヤー状のオーバーコートが特徴です。毛色は、ソルト&ペッパーやブラックが中心です。

ミニチュア・シュナウザーは、ソルト&ペッパー、ブラック&シルバーがほとんどですが、まれにソリッドやホワイトも販売されています。

シュナウザーの歴史:ネズミ獲りが得意な犬種


  • 原産国:ドイツ
  • 用途 :作業犬、番犬

3種類のシュナウザーはドイツが原産で、優秀な作業犬や番犬として飼育されてきました。シュナウザーの原型となったスタンダード・シュナウザーは、14世紀にはすでに存在していた記録が残っています。その大きさから、狩猟犬としても活躍していました。

ミニチュア・シュナウザーは、19世紀後半になってから、スタンダード・シュナウザーと、テリアの血統を引いている小型犬のアーフェン・ピンシャーや、プードルを交配させて小型化されました。ネズミ獲りが得意で農場で活躍していました。

日本では、スタンダード・シュナウザーはほとんど見られることはなく、超希少犬種です。飼いたい場合は、シュナウザーのドッグショーに行き、ブリーダーさんに相談したり、海外のブリーダーさんから輸入したりする方法があります。

ジャイアント・シュナウザーは、17世紀から19世紀初頭にかけて作出されたといわれています。スタンダード・シュナウザーと、グレートデーンやウルフ・スピッツやポインターといった複数の大型犬を交配させて体を大きくし、牧牛犬として使われていました。警察犬や護衛犬や救助犬としても活躍の場を与えられました。

ミニチュア・シュナウザーは、家庭犬として、またショードッグとして多く飼育されていますので、最も入手しやすい犬種です。日本には戦後アメリカ人が持ち込んだのが始まりで、2000年頃から人気が出始めた犬種です。

ジャイアント・シュナウザーは、一部の愛好家によって家庭犬やショードッグとして少数頭が飼育されています。

2014年度ジャパンケネルクラブのスタンダード・シュナウザーの登録頭数は、138犬種中、番外です。(2012年度には121位でわずか4頭でした。)ジャイアント・シュナウザーの登録頭数は、138頭中83位で31頭です。

それに対して、ミニチュア・シュナウザーは、138犬種中、9位で7994頭と、3種類の中で最も登録頭数が多いことがわかります。

シュナウザーの性格:四方八方に気が回る

引用の出典元:www.shutterstock.com

シュナウザーの性格は、いつも平静さを保っているわりに、かなりの遊び好きな性格です。また、警戒心に富んでいる性格から、四方八方に気が回るので、素早く走り回るネズミをいち早く発見して捕獲できました。シュナウザーにとって、ネズミ獲りは遊びだったのでしょうね。

家庭犬としても優秀で、しつけをよく覚え、きちんと守り続ける素直な性格を持っています。しかし飼い主がルーズな生活リズムだと、ストレスを感じてしまうという、なんともまじめな性格だ、とも言えますし、自己主張する性格だ、とも言えます。

そして不作法に近寄ってくる犬には、容赦なく威嚇して吠えることもある、厳格な性格を備えています。飼い主以外の人には、警戒心を見せることがありますので、犬を理解していない人に、無駄に触らせる必要はありません。

シュナウザーのこういった性格から、攻撃性や無駄吠えするように見えることもありますが、闘犬のような攻撃性はなく、幼犬の頃から社会性を学ばせておくことで、警戒心を必要以上に出させなくし、無駄吠えを予防することができます。

シュナウザーは、飼い主に対してとことん尽くす献身的な性格で、子供のお守までするという優しい性格です。特にミニチュア・シュナウザーは、甘えん坊な性格ですので、飼い主といつも一緒にいたがります。

シュナウザーの性格まとめ


  • 平静
  • 遊び好き
  • まじめの反面、自己主張が強い
  • 警戒心が強い
  • 厳格
  • 献身的
  • 優しい

シュナウザーの平均寿命とかかりやすい病気

ミニチュア・シュナウザーとスタンダード・シュナウザーの平均寿命は12~14年、ジャイアント・シュナウザーは11~14年程度と考えられています。

いずれのシュナウザーも、体は丈夫であまり病気はしません。先天的な病気もなく、とても飼育しやすい犬種です。

シュナウザー共通で気を付けてあげたい病気として、皮膚疾患や外耳炎・耳ダニといった耳の病気があります。週に1~2回、丁寧にコーミングし、耳毛は適宜抜き、イヤークリーナーなどを利用して、菌が繁殖しないよう手入れをして予防します。

ミニチュア・シュナウザーに関しては、尿路結石にかかりやすいので、水分をしっかり摂らせます。定期健診では、尿検査を受けさせて予防します。フードを水やお湯でふやかし、積極的に水分を供給してあげましょう。

またどの犬種でもそうですが、老犬になってくると白内障にも注意が必要です。特にミニチュア・シュナウザーは若年性の白内障になりやすいです。屋外の光では強すぎて、瞳が小さくなってわかりにくいため、室内光の下で瞳が白くなっていないか、定期的にチェックしてあげましょう。

シュナウザーの飼い方のコツ:規則正しい生活を

引用の出典元:www.shutterstock.com

スタンダードとジャイアント・シュナウザーは、屋外と室内飼育のどちらにも対応できます。中型・大型犬ですので、どちらかというと犬を一度は飼ったことのある人に向いています。

ミニチュアはシュナウザーの中でも、一番飼いやすい犬種です。初めて犬を飼う人でも、問題なく飼育することができます。ミニチュア・シュナウザーを飼うなら、室内飼育が理想的です。体臭も少なく、抜け毛も少ないので手入れはラクなほうです。

また、甘えん坊で遊び好きの側面もありますので、あまり留守が多い家庭よりも、いつも誰か家にいたほうが安心して暮らすことができます。子供さんがいる家庭にも向いている犬種です。

シュナウザーは、まじめで自己主張が強いですから、飼い主は朝・夕の散歩、食餌のタイミングなどをあまり変えずに、規則正しい飼育をしましょう。

運動は、1日に30分を2回程度行いますが、運動不足になるとストレスから無駄吠えしやすくなります。知的好奇心を満たすような遊びや、長距離の歩行散歩が向いています。

被毛の手入れで注意したいのは、口ひげと眉毛です。ご飯の時に汚れやすいので、食餌の後は濡れタオルで拭いて雑菌が繁殖しないようにします。数か月に1度のトリミングも必要です。行きつけの「犬の美容室」を作っておくと、色々な相談もできますよ。

シュナウザーには、毅然としたリーダーシップをとり、家族で一貫したしつけを行いましょう。

シュナウザーの動画:ボク、なんでもできるよ!

引用の出典元:www.youtube.com

サックス奏者の女性が抱き上げたのは、ホワイトのミニチュア・シュナウザーのマイカ君です。

生まれて12週の子犬はイタズラ大好きで、しつけもスポンジのように入っていきます。

女性の「スワレ」「フセ」の指示に、ピタッと座る姿が可愛いですね。

なんと、「マワレ」もマスターしている子犬は、誇らしげに「簡単過ぎるよ、もっと難しいこと教えて」と言わんばかりです。

大好きなぬいぐるみのオモチャにかじりつくのは、ネズミ獲りの名残でしょうね。

この女性のしつけ方は、褒めて、おやつのご褒美をあげる、というオーソドックスなしつけ方で、とても良いですね。

オモチャを与えたままにせず、ちゃんと飼い主のストップで口から離す、というしつけは見習いたいですね。

ちょっと女性がこけて、シュナウザーの左手を痛くしてしまったようで、連発する「I'm so sorry!」は、本当に可愛がっている感じが伝わってきます。

賢いシュナウザーは、褒められたい一心で、ご褒美がなくても教えたことをどんどん吸収していきます。

甘えて、顔をペロペロするしぐさが、もうギュ~っとしたくなるほど可愛いですね~♪

後半の、シュナウザーの甘えた鳴き声を聞いたら、きっとあなたもメロメロになっちゃいますヨ。

好奇心旺盛なシュナウザーと暮らそう!


シュナウザーは規則正しいライフスタイルを好みます。

これまでちょっと怠け者だったとしても、シュナウザーをお家に迎えたその日から、犬のリズムを崩さないように暮らしてあげましょうね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ