ミニチュア・プードルの外見の特徴:ふわふわモコモコ抱き心地抜群の小型犬

引用の出典元:www.shutterstock.com

ミニチュア・プードルは大人気犬種「プードル」の中のひとつのサイズです。

プードルは国際基準で4種類が認められており、JKCでもその基準にのっとりスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイに分けられています。

一時爆発的な人気を集めた「ティーカップ・プードル」や「タイニー・プードル」はトイよりもさらに小さなサイズですが、正式に認められているものではありません。

ミニチュア・プードルの平均的な体高は28~38cm、体重は5~8kgで小型犬に分類されます。

ちなみにスタンダードは体高45~60cm、体重19~30kgで大型犬。ミディアムは体高35~45cm、体重は8~15kgで中型犬。トイは体高25~28cm、体重3~4kgの小型犬。

ミディアムは独立犬種として認めている国やサイズ公認していない国などがあり、基準が定まっていない部分がありミニチュア・プードルと混同されやすいということがあります。

プードルのもっとも特徴的なポイントといえる被毛は、カールしたシングルコートでふわふわ&もこもこでぬいぐるみのような姿です。毛が伸びてくるため、トリミングを行う必要があり、カットのスタイルによって印象が左右します。

ドッグショーで基本的に認められているカットは子犬限定の「ザ・パピー」、プードル本来の機能性を重視した「イングリッシュ・サドル・クリップ」、「コンティネンタル・クリップ」となっています。

この「クリップ」は胸元と足の関節部分の毛を残して保護するプードル独特の刈り込み。そのスタイルは伝統的なプードルの象徴となりましたが、最近では全体を丸くカットする「テディベアカット」や頭部の毛を高くする「モヒカンカット」などが人気で、スタイルはさまざまです。

カラーはブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、レッド、ベージュ、シルバー、カフェオレ、モカなど豊富で一色毛であることが理想です。2色以上のパーティカラーは日本では認められていません。

ミニチュア・プードルの歴史


プードルの原産国はフランスとされていますが、歴史研究が進められる中でプードルと思われるような犬は東西ヨーロッパやロシアなど広い地域に存在したと考えられています。

元となった犬に関しては不明な点が多く原産地の論争も続いていますが、今の時点ではドイツや中央アジア、ロシアにいた「バーベット」という水猟犬だという説が有力だとされています。

その犬種がフランスに持ち込まれて改良が進められ、カモ狩りなどの水鳥猟で長く活躍してきました。

「プードル」という名前もドイツ語で「水音をたてる」という意味の「プデル」という言葉に由来しており、ドイツでは「プデリ、プデル」と呼ばれています。ちなみにフランスではカモ狩りの能力にあやかって「カニッシュ」と呼ばれています。

元々はカモ狩りや水辺での獲物回収を仕事にしていたプードルですが、優れた頭脳と陽気な性格、社交性の高さなどからあらゆる仕事が与えられるようになり、警察犬や救助犬はもちろんサーカスなどでも活躍するようになり一般市民からも高い注目を集めました。

ミニチュア・プードルは16世紀頃には作られていましたが、1950年頃にサーカスなどで大変活躍し人気に火をつけました。

ミニチュア・プードルの性格:とても聡明で友好的、感情表現が豊か!

引用の出典元:www.shutterstock.com

ミニチュア・プードルの性格は、とても飼いやすく初心者向けと言われるトイ・プードルとほとんど変わりありません。

プードルはみな、とても聡明で友好的、感情表現が豊かなタイプが多いと言われています。

ミニチュア・プードルならではの独自の性格というのは特にありませんが、プードルの中でも特に穏やかだと言われるスタンダード・プードルに比べると、やや神経質な面を持っている場合もあります。

また、誰にでもフレンドリーに接するトイ・プードルに比べると、初対面の人などに対してはやや警戒心を抱く傾向も。

ただし、これは個体差と変わらない程度のレベルなのでサイズに左右されるほど大きな違いではないようです。

プードルは人との関わりに喜びを見出すタイプの犬種なので、遊びはもちろん、トレーニングで指示を出されることや仕事を与えられることも非常に楽しみ、嬉々として取り組むでしょう。

遊び好きで活発、運動神経抜群な上、頭脳明晰、学習能力も高いのでまさに「優等生」とも言える犬種です。

その能力の高さから、甘えが過ぎてわがままになってしまったり自分の思い通りになるように飼い主をコントロールしようとすることもあるほどなので、小さいうちから基本的なしつけや正しい接し方をしておくことが大切です。

ミニチュア・プードルの寿命はどれくらい?


ミニチュア・プードルの平均的な寿命は13~15年。

寿命については個体差が大きなものですが、プードルは比較的ガンや犬種特有の内臓疾患が少ないとされるため長寿の犬も少なくありません。

長生きをするからこそ、年齢を重ねる程に食事や運動、生活環境などの見直しが非常に大切になってきます。それぞれの体調にあわせた生活を送らせてあげるようにしましょう。

ミニチュア・プードルの気をつけるべき病気

引用の出典元:www.shutterstock.com

ミニチュア・プードルに起こりやすい病気は、他のプードルと同様で膝蓋骨脱臼やてんかん、皮膚疾患、流涙症など。

遺伝的な内臓疾患はあまりないと考えられていますが、目や耳、皮膚、関節などにトラブルを抱えやすい傾向にあります。特に、膝蓋骨脱臼は生まれつき持っていることが多いので、飼い始める時にしっかりと検査や確認を行って成長過程で負担をかけないよう配慮するようにしましょう。

特に、足の骨が細いので高いところからのジャンプやすべりやすい床の上での運動などは注意が必要です。

また、内臓疾患で唯一起こりやすい病気としては甲状腺機能低下症ヤアジソン病などの内分泌系の疾患。

これら副腎に関わる病気は、元気がなくなってくるという症状が見られることが多いので様子がおかしいと感じたら、動物病院で血液検査を受けるなどしっかりと健康チェックを行うようにして下さい。

ミニチュア・プードルの飼い方と向いている家庭


ミニチュア・プードルは基本的に人が好きで社交的、かまってもらったり遊んでもらうことが大好きなので、家庭内でも人との関わりがとても重要なポイントになる犬種です。

かまってもらえない、遊んでもらえない時間が多すぎるとストレスを感じたり、欲求不満になったりしてイタズラをしたり、問題行動という形で表現することがあります。ミニチュア・プードルは頭の回転が早く賢いため、「飼い主が困ること」や「自分に振り向いてくれること」をすぐに覚えイタズラをくり返すこともあります。

かまってもらうことが大好きなタイプの場合、怒られることすら「声をかけてもらえた!」と喜んでしまうことがあるので、冷静に対応しつつ散歩や遊びの時間などを増やして根本的な問題解決をはかりましょう。

見知らぬ人には警戒し吠えてしまうこともあります。家への訪問者(インターホン)に対しても吠えがちな傾向にあるので、しっかりとしつけをしておくようにしましょう。

運動能力が高く、飼い主への忠誠心も強いのでトレーニングなども意欲を持って取り組みます。プードルはドッグスポーツなどでも優秀な成績をおさめることが多い犬種なので、体の負担にならない程度にドッグスポーツやドッグダンスなどを楽しむとより深い信頼関係でつながることができると思います。

子供や他の犬、猫などとも仲良く暮らすことができるタイプなので、子供のいる家庭や多頭飼いの家庭でも比較的スムーズに暮らし始めることができるでしょう。

また、被毛は抜けにくいと言われていますが全く抜けないわけではありません。抜けても他の毛に絡まって落ちないので余計目立ちにくいという面もあります。絡まった毛をそのままにしておくと毛玉や束になってしまうので、トリミングに出すだけでなく自宅でも数日に1度は軽くブラッシングをしてあげるようにして下さい。

カールしているため、汚れやほこりを巻き込みやすいため、ブラッシングをすることでそれらを落とすこともできます。ミニチュア・プードルは皮膚疾患を起こしやすい犬種でもあるので、こまめなケアで毛や皮膚の清潔を保つようにしましょう。

パピー動画♡ ミニチュア・プードルのマイペースさに注目!

引用の出典元:www.youtube.com

チワワやトイプードル、ポメラニアンと戯れるミニチュア・プードルの子犬♡

おだやかな性格と小型犬の中でのサイズ感がわかりやすい動画です♪

ミニチュア・プードルの魅力と特徴まとめ


ミニチュア・プードルはとても知的で感受性が豊かな魅力あふれる犬種です。小型犬ながら運動神経抜群で好奇心、冒険心が強いため、どんなことも楽しみながら取り組みます。

ドッグスポーツやアウトドアなど楽しみの幅が広く、程よいサイズで安心してどこにでも連れていけるミニチュア・プードルは犬を飼う醍醐味をたっぷりと味わわせてくれる犬種と言えるかもしません。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード