里親探しとインターネットの力

引用の出典元:www.huffingtonpost.com

シェルターに収容されているピットブルの雑種マーチ(March)にとって、この3月(March)は試練の多い月でした。

しかし、檻の中で背中を丸めて壁を見つめる彼の写真がネットで拡散された後、それは多くの人の目に留まりました。そして、マーチに新しい家族が見付かるよう寄付金が集まりました。

アメリカはフィラデルフィアのシェルターACCT Phillyに勤めるドーバン・コリンは語ります。

「マーチがもう少し人目に付くようになればいいなと思っていたけど、この写真がこんなに話題になるとは思いもしなかったのよ。おびただしい数の人たちが、マーチや彼のような動物たちを想ってくれていると知るのは、素晴らしいことだった。世界中で狂ったことばかり起きているけど、この出来事で世の中もまだまだ捨てたものじゃないなと思ったわ。」

マーチに何が起こったか?

マーチは今年3月に、迷い犬としてシェルターに連れてこられました。

路地のバック・ポーチにいたところをアニマル・コントロール・オフィサーに保護されたのです。マーチはすぐにシェルターに適応し、職員たちは彼が甘えん坊でとても心優しく、ハッピーで社交的な犬だと知ります。

3月17日に、保護動物の輸送のボランティアを受け持つドーバンが、マーチを安楽死のない別のシェルターに連れて行ったときのこと。手違いがあって、マーチは再びACCT Phillyに戻されることになってしまいました。

「心配しなくても大丈夫。」と帰りの道中、ドーバンはマーチに話し掛けていたそう。しかし、また元の場所へとんぼ返りさせることに強い罪悪感を感じた彼女は、寄り道してハンバーガを買い、マーチに与えたのだとか。

その2日後にドーバンはマーチの様子を確認しにシェルターに戻ると、マーチは風邪を引いていて、気が滅入ったようにうなだれていました。せっかく新しいシェルターに向かったのに、また戻ってきたことに加え、風邪を引いてしまったことはマーチにとって、かなり辛かったに違いありません。

この件以来、彼女はマーチとの間に絆を感じ、彼が里親を見付けられるようどうにかしたいと思いました。

マーチを救うために取った策

引用の出典元:www.facebook.com

そこでドーバンは、手始めにマーチの悲しそうな写真をインターネットに掲載しました。また、寄付金を募るサイトYou Caringで『Save March at Philly ACCT 』を立ち上げ、マーチにフォスター・ファミリーか新しい家族を探すための金銭的協力を呼びかけました。

そして、余った寄付金は、ACCT Phillyの他の動物たちに使用することも明らかにしておいたのです。当初の目標額は500ドルでしたが、現時点ですでに970ドルの寄付金が集まっています。




3月21日に、マーチは別のシェルターに引っ越しました。そこでは安楽死はなく、里親を見付けるチャンスがより期待出来るのだそう。実際、マーチの話が広まると、ACCT Phillyには彼の里親になりたい人たちからの問い合わせが殺到する事態に。

ドーバンは言います。「マーチには必ず新しい飼い主が見付かるはず。だって、彼は私の心を鷲掴みにした犬だから。」

話題にならない動物にも注目を

彼女のような献身的な動物保護関係者には、頭が下がる思いです。マーチは彼女に会うまで幸せな生活を送ってこれなかったかも知れません。

しかし、ここまで親身になってくれるドーバンと出会えたことは、マーチにとって不幸中の幸いでしょう。

インターネットで話題になった動物の里親になることを希望する人は多数います。しかし、マーチのようにスポットライトが当たらない動物たちも、新しい家族を待ち望んでいるのです。

たとえ話題にならなくても、彼らを家族に迎えたいと希望する人たちの問い合わせが殺到するのが理想であることは言うまでもありません。

参照:Viral Photo Of Sad Dog Returned To Shelter Spurs Hundreds Of Adoption Offers

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード