犬も人間と同じ。ダイエットは食事の見直しから。

引用の出典元:www.ashinari.com

犬も人間と全く同じで、ダイエットをして体重を落としたいのであれば、まずは日頃の食事を見直しましょう。

毎日の食事の量はどのくらいでしょうか?食事の他におかしなどを与えていますか?

食事の量を減らすことは、犬にとってもダイエットの基本的かつ最善の方法です。

ダイエット中に食事を与える上での注意点を把握し、愛犬のダイエットを無理なく健康的に進めましょう。

ダイエット中は1日の食事の量を管理する。

引用の出典元:www.ashinari.com

ダイエットに大切なのは、1日の食事の量をきっちりと管理することです。

目分量で食事の量が異なったり、かわいいからとおやつを与え過ぎているということはありませんか?

逆にダイエット中だからといって、極端に食事の量を減らしてしまうなんていうことはありませんか?

面倒でもダイエット中は1日の適量をきっちり軽量して、食事のコントロールをしましょう。

また、ダイエット時はおやつは厳禁です!空腹の素振りを見せたとしても、グッと心を鬼にして与えるのを我慢しましょう。

それがダイエット成功の近道なのです!

ダイエット中は食事の回数を分ける。

引用の出典元:www.ashinari.com

成犬の食事は、朝と夜の1日2回が基本です。

しかしダイエット中は1回の食事量が減るため犬が空腹感を感じてしまいます。

空腹感を感じると、与えられた食事を早食いして更に空腹を感じたり、基礎代謝が下がって痩せにくくなり、ダイエットにも逆効果です。

ダイエットによる愛犬のストレスを少しでも減らしたいですよね。

そこでダイエットをしている時の食事は、1日に2回ではなく数回に分けて与えることがオススメです。

そうすることで、少量でも頻繁に食事の時間があるので空腹の苦痛を紛らわすことができます。

もちろん、ダイエットは食事だけではなく運動も大事。

引用の出典元:www.flickr.com

この点も犬のダイエットは人間と同じですね。

ダイエットの効果を上げるには、食事だけに気を遣うのではなく、運動量を増やすこともポイントです。

しかしダイエットを始めたからといって急に激しい運動をさせてはいけません。

はじめは散歩の距離を長くしたり、家でボールやおもちゃで遊ぶ時間を増やすことでも十分ダイエットとなります。

また、ダイエット時の運動は、血糖値の低い食事の前に行うと効果的とも言われています。

食事や運動など、どのように行えばダイエットに良いのか、一度かかりつけの獣医さんに相談してみるのも良いと思います。

愛犬のダイエット、犬だけではなく飼い主も一緒になって取り組んで行きましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi k_nisim
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード