ペットショップで犬を購入する場合

引用の出典元:www.flickr.com

多くのペットショップでは、いろいろな犬種のブリーダーと契約し、契約したブリーダーから子犬を仕入れています。そして、この仕入れた子犬を店頭で販売しています。

ペットショップの大きな特徴は、店頭で直接子犬を見たり、触ったりできますし、一度にいろいろな犬種を見ることもできる点がメリットです。

また、大手のペットショップは、生命保証等(購入後一定の期間、先天的な病気での死亡等の場合、代金などの返却保証など)がついていたり、全国展開しているペットショップは、顧客の希望する犬種を全国規模で探してくれたりもします。犬を飼うときに必要なゲージやドッグフード、ペットシーツなども一度に買い揃えることができます。

ただ、中には、ペットショップに卸すためだけに繁殖させているブリーダーがいるのも事実です。

場合によっては、パピーミルと呼ばれるところから仕入れられていたり、その子の親の情報などの確認がしにくいという点も見られます。ペット先進国と言われている海外諸国では、ペットショップで生態販売してはいけないという法整備もされていたりもして、日本でも賛否両論なのは事実ですね。

ブリーダーから犬を購入する場合

引用の出典元:www.flickr.com

一口にブリーダーと言っても、実は二種類のブリーダーが存在します。

それは、主にペットショップに卸しているブリーダーと、ペットショップには卸さずに独自に販売しているブリーダーです。

前者の場合は、大手のペットショップと契約し、そのペットショップへ卸す場合が多いようです。

一般的に、「ブリーダーから購入する」というと、後者のブリーダーを指すことが多いですね。

後者は、ブリーダー自身が直接販売する場合です。つまり、犬舎が販売場所となっており、この場合は専門犬種に限られることが多いようです。ですから、子犬が欲しいと思った場合、あらかじめ犬種を決めた上での購入と言うことになります。

後者の場合、犬舎を見学することができたり、、子犬が生まれ育った環境を実際に見ることができます。子犬の親犬や叔父、叔母などを見ることによって、成長したときの大きさや性格などを見ることができるので、数年後のイメージを持つことも可能です。

ペットショップとブリーダーを比較してみると?

引用の出典元:www.photo-ac.com

子犬を購入する場合、ペットショップがいいのか、ブリーダーからがいいのかと言うことは、それぞれにいい点もあれば悪い点もあります。これらを比較して、どっちが良いという正確な答えは出せないでしょう(その人の価値観や倫理観じゃないでしょうか)。


ただ、一つ言えることは、どちらから購入するにしても現在のペットブームに乗っかって、単に金儲けばかりを考えている悪徳な業者には注意すべきということです。

とはいえ、悪徳業者はどうやって見分けるのでしょうか?

ペットショップでは、

子犬がいるゲージの中が清潔にされているのか?
子犬の健康状態はいいのか?
ペットショップでの飼育状況はどうなのか?
店員が、無理に購入を勧めていないか?
店員が、質問にしっかり答えてくれるのか?

などを見てみるのは、そのペットショップを評価する一つの方法ではないでしょうか?

ブリーダーに関して、犬舎見学を嫌がるブリーダーは、あまりお薦めできません。また、犬舎見学に行っても子犬だけをみせ、親犬をみせたがらなかったり、子犬の飼育状況をみせたがらなかったりする場合も同様です。

また、ペットブームに乗って流行の犬ばかりを繁殖させたり、しっかりとした繁殖計画がなされていないブリーダーもいます。

こういったブリーダーは、パピーミルと言われています。

ブリーダーの場合は、まず、犬舎見学を快く引き受けてくれ、その犬種に関するどんな小さな質問にもしっかりと答えてくれるブリーダーを捜すことがいいでしょう。

また、ブリーダーは個人の場合が多いので、電話やメール、また、直接会って信頼できる人かをしっかり見極めることも大切ですね。

広がる購入場所の選択肢。業者を見極めることが大切

引用の出典元:www.flickr.com

最近は、ペットショップやブリーダーからの購入の他に、ショップのホームページやブリーダーが直接販売するための多くのサイトが見受けられます。

これらのインターネット販売における問題もいろいろありますが、これらも「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正で規制が強化されています。

ペットショップのホームページはもちろんですが、各種ブリーダーからの直接販売をうたっているサイトも、動物取扱業の登録がされていなければサイトに掲載できないようになっています。

また、現物確認(直接、実際の子犬、子猫を確認する)と言う規制がありますし、インターネットサイトも今は、生命保証も一般的になっています。

ですから、今は、ペットショップやブリーダー、そしてインターネット販売と、その選択肢は多くなってきています。

いずれにせよ私たちは、しっかりと納得するまでの説明を受け、質問し、そして購入することが大切になのではないでしょうか。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi pug-pug
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード