犬の抜け毛対策の基本はブラッシング!

引用の出典元:shutterstock.com

根本的に犬の抜け毛対策をするためには、ブラッシングが効果的です。犬の換毛期は特に抜け毛がひどくなりますので、アンダーコートを中心に徹底的にブラッシングします。

とはいえ、力任せにするのではなく、抜け毛に効果的なブラシを活用して対策します。一番おすすめなのは、『ファーミネーター』や『フーリー』といったアンダーコートをしっかりと除去するブラシを活用することです。

これまでラバーブラシやスリッカーブラシしか使ったことがない、という方はとにかく毛の取れ方の凄さに驚かれると思います。

犬の抜け毛を積極的に取らずにいると、新しい毛が生えにくくなったり、毛に付着した様々な汚れや菌が悪さをして、地肌に炎症を起こしフケが出やすくなったりします。

またブラッシングをすれば血流が良くなり美しい毛が生えますので、ブラッシングは毎日行って犬の抜け毛を根本から対策して下さい。

サイクロンタイプの掃除機で、犬の抜け毛対策!

引用の出典元:shutterstock.com

お部屋に舞い上がる犬の抜け毛は、アレルギーの元にもなりかねませんね。『ダイソン』に代表されるサイクロンタイプの掃除機は、犬の抜け毛も強力に吸い込みます。

ブラッシングを行った後に、サイクロンタイプの掃除をかけて、抜け毛の取れ高を目で確認してみて下さい。抜け毛の悩みが、いつの間にか「抜け毛を取ったぞ!」という妙な満足感に変わってきますよ!

カバーオールを着せて、犬の抜け毛対策!

引用の出典元:shutterstock.com

犬の抜け毛は換毛期になると、さらに量が増えます。しかし、環境や体調によっては、掃除機を頻繁にかけられない、ということもありますね。

そんな場合は、犬にカバーオールという4本の足までスッポリと包み込む服を着せて対策しましょう。犬を抱っこしたいのに抜け毛が気になって控えていた、という方もぜひ試してみて下さい。

抜け毛が落ちる本数が圧倒的に違いますので、これまで抜け毛がびっしりついて悩んでいたソファや車内も気にならない程度になること間違いなし。

犬のパジャマとしても使えますし、冷房対策、寒い季節の防寒下着としても使えます。

抜け毛が付かない・持ち込まない工夫をして、犬の抜け毛を対策しよう!

引用の出典元:shutterstock.com


犬の抜け毛は、所構わず付いてしまうものです。気が付いたら絨毯が毛だらけだったり、外出先で洋服が毛だらけだったことに気付いたりしますよね。


絨毯をコルク素材に変えて、犬の抜け毛対策


絨毯はどうしても抜け毛がささってしまいます。床の抜け毛が簡単に掃除機で吸えるように、コルク素材でできたジョイント式のマットが効果的です。普通の吸引力の掃除機で抜け毛は残らず吸い込めます。犬の足も滑らず、クッション性が高いのも魅力です。


飼い主の洋服を工夫して、犬の抜け毛対策


ツルツルした素材のスモックやエプロンなどを着用して、少しでも抜け毛が付かないように工夫します。また、犬の毛色が目立たない服の色にしても良いですね。


静電気防止して工夫して、犬の抜け毛対策


静電気防止剤を使えば、若干ですが犬の抜け毛が付きにくくなります。


部屋の入り口に足用マットを設置して、犬の抜け毛対策


各部屋の入口に、わざと抜け毛が付くように絨毯素材の足用マットを置いて、部屋に持ち込まないような対策をします。コロコロなどで抜け毛を定期的に除去して下さい。


愛犬の抜け毛が付かない、そして家に持ち込まない工夫をすることで、犬の抜け毛は対策できます。

ぜひ、お試しください♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード