「犬捨て場」で発見されたた黒い犬

引用の出典元:www.odditycentral.com

ロシアのロストフという街の郊外にある、「犬捨て場」として有名な埋立地で、その犬は発見されました。

最初に犬を見つけたのは、若いカップルでした。うずくまって動けない黒い犬を見つけたとき、脚は両方とも骨折していて、痛みのせいかうめき声をあげていたといいます。

首輪が付いている瀕死の犬を毛布でくるんで車に乗せ、病院を探しますが無料で診察してくれる病院はなかなか見つかるはずもなく、何件も何件も訪ね回ります。

ようやく治療代を安くしてくれる動物病院を見つけ、診察してもらえることに。体中には裂傷や打撲の跡があり、やはり犬の脚は手術が必要でした。

誰か、この黒い犬を保護してください!

引用の出典元:www.odditycentral.com

第一発見者のカップルは、治療こそ受けさせましたが、犬を飼育できる環境ではなかったため、この傷ついた黒い犬を保護してくれるよう、その日のうちにインターネットで発信しました。

当然、まだ犬は歩ける状態ではなく、保護を引き受けてくれる人は出てきませんでした。そこに名乗りを上げたのはニーナさんたった一人でした。

ニーナさんは母親と娘の3人暮らしで、すでに保護犬2匹と保護猫3匹とも暮らしていたので、本来なら余裕はありません。しかし、誰も引き取り手がなければ、この黒い犬の行く末がどうなるかをわかっていました。

わが家で育てることはできなくても、まずはこの黒い犬が良くなるまで保護しよう、と決意したのです。

麻酔から目覚めた犬からのアリガトウ

引用の出典元:www.odditycentral.com

ニーナさんは、まだ麻酔が効いてもうろうとしている犬を自宅へと連れて帰り、汚れた体をきれいに拭いてあげました。

しばらくして目を覚ました犬は、「アリガトウ」という意味だったのか、おそるおそるニーナさんの手を舐めてきたのです。

手術の経過も良く、徐々に犬は元気を取り戻していくのでした。ニーナさんはグルジア語で「黒」を意味する「シャビー」と名前を付けました。

シャビー、逢いたかった!

引用の出典元:www.odditycentral.com

悪夢のようなあの日から半年が経ち、シャビーは完全に元気になりました。ニーナさんの家計は苦しく、今いる保護ペットを飼育するのが精一杯。このまま一緒に暮らしたい気持ちはあったのですが、里親探しを始めます。

そして、ニーナさんの街からおよそ300㎞離れたボロネジという街で、シャビーは新しい飼い主と暮らすことになりました。

それから数日後。

シャビーが脱走した、と新しい飼い主から連絡を受けます。目の前が真っ暗になり、シャビーの無事を祈ることしかできませんでした。

そして2週間後、シャビーが戻ってきたのです。しかも、新しい飼い主の家ではなく、ニーナさんの家にです!

300㎞もの距離を、飲まず食わずでさまよい歩いてきたシャビーの体は、痩せ細ってボロボロになっていました。最後の力を振り絞るように、ニーナさんの腕の中に力強く飛び込んできました。

2人は抱き合って共に涙を流したのです。

「犬も泣いたり笑ったりできるんです。たいていの人は信じようとしないだけなのかも。これからはずっとシャビーと一緒です。この子を他の人に託すなんてもうできません。」

出典:Devoted Dog Walks 300 Kilometers to Return to Owner Who Saved Her | Oddity Central - Collecting Oddities


この出来事はロシアのメディアに取り上げられ、ニーナさんとシャビーには寄付の申し出もあったといいます。

しかし、彼女は気持ちだけ受け取って、寄付金は受け取らなかったそうです。

そんな彼女の言葉に胸が熱くなります。




「皆さん、本当にありがとうございます。皆さんのあたたかいお心遣いには大変感謝しております。でも私はお金が欲しいわけではありません。私は自分が飼う動物の面倒は自分でなんとかします。それでも何をしたいと思ってくださる方は、どうか世界中にいるであろう、助けを必要としている動物たちを助けてあげてください。どうかお願いです。動物は世界で最も献身的で愛すべき友人です。彼らには私たちの愛と思いやりが必要なんです。」

出典:Devoted Dog Walks 300 Kilometers to Return to Owner Who Saved Her | Oddity Central - Collecting Oddities

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード