ご主人の出張のたびに現れる分離不安症

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカ、ペンシルバニア州に暮らすジョー・ゲッツさんと妻のリンジーさん家族。3歳と6歳の子どもにも恵まれ、幸せに暮らしているのですが、唯一、愛犬のことが気がかりでなりませんでした。

それは、10歳になるゴールデンレトリバーの"ルーシー"に起きる分離不安症です。ルーシーは、ご主人のジョーさんが出張に行くたびに鳴き続け、元気を失ってしまいます。

ジョーさんはことのほかルーシーを可愛がり、愛していました。しかし、それがルーシーの分離不安症を増長させていたのです。

最初は姿が見えなくなると寂しそうにしているだけでしたが、症状は徐々に悪化し始めます。

ジョーさんがスーツケースを出して出張の用意をしているだけで、寂しさから鳴き続けるように。ついには、ベッドにぐったりと横になり動くことすらおっくうがるようになっていました。

愛犬の存在すら疎ましく…

引用の出典元:www.photo-ac.com

獣医にルーシーの状態を伝えると、抗うつ薬を飲ませたらどうか、と告げられます。

しかし、ルーシーはもともと甲状腺の病気も患っていたため、「今以上に薬を飲ませて体に負担を与えることはしたくない」と断りました。

そこで、夫婦はなんとか薬なしで分離不安症を改善できないかと、様々な方法を試してみます。

ジョーさんが出張に出掛けて寂しいなら、とiPhoneで声を聞かせてあげたのですが、まったく元気を取り戻しません。

ジョーさんの匂いが染みついた洋服をルーシーの目の前で広げてみても、なんの反応もなし。

徐々に妻のリンジーさんの精神も参ってしまい、「主人が出張に行くから悪いんだわ。ルーシーと一緒にいることさえ嫌!」と感じるようになるのです。

何を試しても一向に良くならない愛犬の心の病気は、家族の間に重たい空気を作り上げていきました。

子どものおねだりした「猫」が功を奏して

引用の出典元:www.thedodo.com

せっかく楽しいはずの愛犬との暮らしが、なんだか重荷になってきたころ、子どもたちが「もう1匹ペットがほしい!」とおねだりします。

さすがに、ルーシーの一件もあり犬を飼うのは躊躇した夫婦でしたが、猫ならなんとか飼えるのではと考え、地元のシェルターに行き穏やかそうな猫を探すことに。

里親を待っているたくさんの猫たちの紹介文を見て、「この子は人懐っこくて明るい穏やかな猫です」と書かれた"ピート"を家族に迎えることになるのです。

猫のピートを家に連れて帰った当初は、ピートも賑やかな環境と大きな犬に驚いてしまい、隠れて様子を見ていました。


alt="">


しかし、なんとその晩には、ルーシーとピートは同じソファで眠ってしまうほどの仲良しになったのです。

猫が犬の分離不安症を癒してくれた

引用の出典元:www.thedodo.com

さすがに、その日のうちに犬と猫が寄り添って眠るのは、予想外の嬉しい光景でした。それからというもの、ルーシーのそばにはいつもピートの姿があり、まるで親友のような関係に。

猫のピートはルーシーの毛づくろいをし、ルーシーもピートの枕代わりになってあげます。

そんな日々を過ごすうちに、ルーシーの心にはピートと一緒に日向ぼっこを楽しむ心の余裕も生まれてきました。

今まで人間にしか愛情の矛先が向いていなかったルーシーは、猫のピートが来てくれたおかげで人間以外の命と一緒に遊ぶ楽しさや安心感を得ることができたのでしょう。

ルーシーはまだ、ジョーさんがスーツケースを開けて出張の準備を始めると鳴いたり落ち込んだりしますが、以前と比べればかなり軽くなり良い方向に向かっているということです。

愛情深い猫のピートが家族になったことで、ジョーさん一家には笑顔の絶えない明るい未来が待っていることでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード