人間不信に陥ってしまったワンコが心を開くまで

保護団体の男性スタッフが近づくと、ワンコは男性の手が届かない場所に逃げてしまいます。

そこで男性は仕方なく、首に捕獲用の紐をかけて引っ張りますが、ワンコは悲鳴をあげて暴れてしまいます。

そんなワンコを見かねて、男性は長い時間をかけて語りかけることにしました。

「自分は怖くない人間だと」
「僕は、君を助けにきたんだ」

と、優しくワンコに伝えます。

男性スタッフが諦めずに愛情を持って語り続けた結果、ワンコは少しずつ心を開いてくれるようになりました。

諦めずに語りかけ続けた結果・・・

引用の出典元:www.youtube.com

男性が諦めずに語り続けた結果、最後は自分から外に出てきてくれたワンコ。

ワンコの目に、今までの「孤独」や「哀しみ」といった感情は見当たりませんでした。

どんなにワンコが怯えて心を閉ざしてしまていても、「この子を救いたい」という強い信念によって長時間にも及ぶ「語りかけ」を行ってくれた男性スタッフ。

優しい言葉と想いは、時間をかければ必ずワンコにも伝わるのですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ