極寒の廃屋で寒さと飢えに耐えていたピットブル

引用の出典元:www.thedodo.com

2017年1月、犬の救助要請を受けたのは、アメリカ、ニュージャージー州にある『No More Pain Rescue』の創設者のエリカさんと婚約者のマイクさんです。

通報の内容は、空き家に勝手に住み着いたカップルがピットブルを置き去りにした、というものでした。

現場に行ってみると、空き家といってもすでに窓が割れて外気が吹き込むほどの廃屋だったのです。早速屋内に足を踏み入れると、そこには糞尿にまみれたガリガリのピットブルがいました。

通報者によると、このピットブルを置き去りにしたカップルは、大雪の日にあまりの寒さに耐えかねてこの空き家から出て行ったとのこと。

凍えるほど寒い部屋の中には水もエサもなく、ピットブルはひとりぼっちで寒さと飢えに耐えていたのです。

頭にはタバコによる火傷の跡まで

引用の出典元:www.thedodo.com

エリカさんとマイクさんがピットブルに近づくと、まるで待っていたかのように尻尾をブンブンと振りながら2人に飛びつきました。

すべてのあばら骨が浮き出たピットブルにリードを付けて廃屋から外に連れ出すと、迷うことなくまっすぐに彼らの車に飛び込んできたのです。心底、心細かったのでしょう。

"アシュレイ"と名付けられたピットブルのメスは、およそ1歳程度と推測されます。可哀想なことに、アシュレイの頭にはタバコの火を押し付けられた火傷の跡がありました。

アシュレイは置き去りにされただけでなく、確実に元の飼い主から虐待を受けていたのです。しかし、こんなに幼い犬に恐怖を与えた人間の行方は分かっていません。

エリカさんたちはアシュレイを動物病院に連れて行き、体力がつくまで家で面倒を看続けます。その結果、アシュレイはふっくらとした可愛い姿を取り戻すことができました。

消防署が永遠の家になる

引用の出典元:www.instagram.com

『No More Pain Rescue』は動物を愛する4人のメンバーによって立ち上げられた非営利団体ですが、まだ物理的なシェルターがありません。

そこで、彼らは知り合いがいるニューヨーク市の消防署『FDNY』に連絡を入れることに。消防署側は、このピットブルに里親が見つかるまで一時預かりをする、と快く受け入れてくれました。

アシュレイは、尻尾を振りながら消防士たちの顔を舐めて全員に挨拶をして回る、という愛嬌の良さを発揮します。

こんな可愛いアシュレイが気に入られないわけがありません。数日後、エリカさんの元にアシュレイを正式に消防署に迎え入れたい!という連絡が入りました。

消防署職員として大活躍!

引用の出典元:www.instagram.com

晴れて消防署の正式な愛犬になったアシュレイは、消防車に乗って一緒に街を巡回します。消防士たちからおやつをもらったり、オモチャで遊んでもらったりと、アシュレイは最高に幸せな生活を手に入れたのです。



■「ワタシ、新聞に載っちゃった!」

過酷な過去は、多くの人の善意とアシュレイの明るさで断ち切ることができました。可愛いアシュレイは新聞やテレビでも取り上げられ、多くの人の意識向上に役立っています。



さらには、アシュレイ専用のインスタグラムまで開設されました。アシュレイが消防士と一緒に遊ぶ姿や活躍ぶりが可愛いと、すでに2万人以上のフォロワーが付いています。

ピットブルを飼育してはいけない、というエリアがある一方で、こうした公的機関がピットブルを看板娘に迎え入れてくれたことは、本当に有意義なことですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード