予防接種①:狂犬病予防ワクチン

引用の出典元:shutterstock.com

ご存知の通り、犬の感染症の予防接種で法的に義務付けられているのは「狂犬病」のみです。

狂犬病は発症した際の効果的な治療法はいまのところ存在しません。また、狂犬病を発症した場合、ほぼ100%の確率で死に至るという怖い病気です。

日本国内では、昭和32年以降から狂犬病の発症事例は確認されていません。そのこともあってか、近年では「日本では狂犬病の予防接種を受ける必要はないのでは?」との声も上がっています。

とはいえ、昔に比べて最近では、仕事や遊びに関わらず多くの人々が海外へ行く機会が増えていますし、多くの諸外国との貿易も盛んになってきたことにより、人だけでなく多くの動物も国境を越えて国内に入ってきます。

つまり、狂犬病のウイルスを保有した動物が国内に侵入してこない保証はどこにもなく(もちろん国境にて検疫・検査はありますが)、にほんでも狂犬病が感染・拡大してしまうという可能性は十分あると言えるのです。

また、狂犬病の予防接種を愛犬に受けさせるのには、体を守る以外の意味もあります。

数年前の鳥インフルエンザが国内で発生した際に、大量の鶏が殺処分されたことを覚えてますか?

万が一にも国内で狂犬病が発生した際、どのような事態になるか解りません。

中には、狂犬病の予防接種をしていない犬は無条件で殺処分と主張する過激な人が現れるかもしれません。

世の中の全ての人が、犬を愛しているわけではありませんからね。私たちは、そういう人間社会のルールの中で犬と生きていることを理解しなければいけません。

したがって、愛犬に狂犬病の予防接種を受けさせるということは、狂犬病への感染・発症の確率をゼロにするだけでなく、対外的にも狂犬病の可能性がゼロであることを主張することを可能にします。

結果的に、「有事」の際に無用な殺処分から我が子を守ることになるわけです。


狂犬病の予防接種に関する費用


狂犬病の予防接種には、注射済票交付手数料というものが1頭につき550円必要となります。また、予防接種の料金は自治体にいって異なりますが、概ね1頭につき3,000円前後が一般的のようです。

予防接種②:混合ワクチン

引用の出典元:shutterstock.com

とくに死亡率が高い感染症などを一度に複数予防できるものが混合ワクチンの特徴です。

混合ワクチンは予防する感染症の数によって、3~9種まであることが一般的に知られていますよね。

では、あなた愛犬には何種類の混合ワクチンは必要なのでしょうか?

実は、犬によって必要な混合ワクチンがあるというよりは、(もちろん犬の個体差も考慮しますが)地域ごとにおける感染症の発生状況などを考慮する必要があります。

そのため、愛犬に混合ワクチンの予防接種を検討する際には、かかりつけの獣医師と相談することをおすすめします。

混合ワクチンの予防接種の時期や回数ですが、初年度は生後60日前後に1回目、その3~4週間後に2回目(場合によっては3回目がある)を受けるのが一般的です。

2年目以降は、毎年1年に1回は予防接種をしておくと安心です。


混合ワクチンの予防接種に関する費用


混合ワクチンの予防接種に必要な費用は、何種類の混合ワクチンを受けるかで変動します。

一般的に、一度に多くの感染症を予防できる混合ワクチンの方が費用は高くなりますね。

相場感の目安として、7種混合ワクチンで平均7,000~9,000円くらいです。

予防接種③:フィラリア症予防

引用の出典元:shutterstock.com

犬の感染症の中でも、フィラリア症は蚊に刺されることで感染する病気として有名です。

フィラリア症に感染してしまうと、犬の体内で幼虫が成長することで心臓や肺動脈に寄生します。フィラリア症は、最悪の場合は死に至ることもある怖い病気なんですよ。

ただし、この恐ろしい病気も予防接種で回避することが可能です。

必要な期間(蚊が多くなるシーズン)に1ヶ月に1回の投薬でほど100%予防することが出来ます。

フィラリア症の投薬は、「蚊が出始めた1か月後から、蚊がいなくなった1か月後」まで毎年・毎月続けましょう。

蚊の出る時期は地域によって異なりますが、関東地方では4月~11月と定めている動物病院が多いですね。

また、案外見落としがちなのは、フィラリア症の予防を始める前に愛犬が既に感染してないかどうかを検査する必要があるということです。

万が一すでに感染していた場合、フィラリア症の予防薬を投与することによって犬の体内に潜むフィラリア原虫が一気に死んでしまい、心臓や血管に詰まってしまう恐れがあるのです。

ウチの子は大丈夫!だと過信せずに、必ず事前に獣医師の診断を受けましょう。


フィラリア症の予防接種に関する費用


フィラリア症の予防接種に必要となる費用ですが、犬の体重によって薬の量が変わりますし、動物病院によってもマチマチです。そのため一概にいくらとは言えません。

とはいえ、それほど大きな変動でもないので、おおよそ1回の予防接種で840円~2,000円くらいを目安に考えておくと良いでしょう。

予防接種④:ノミ・マダニ

引用の出典元:shutterstock.com

日本でも気温が上がってくると、犬の天敵であるノミやマダニといった寄生虫の活動が活発になってきます。

犬がノミやマダニに刺されると、刺された部分に強烈な痒みを伴う皮膚炎が起こったり、他にも感染症などの様々なトラブルが起こります。

とくにマダニに刺されることで起こる代表的な感染症「犬バベシア症」は、バベシア原虫が血液に寄生することで犬の血液を破壊してしまいます。

犬バベシア症によって犬には貧血や黄疸がおこり、最悪は死に至ることもあるんですよ。したがって、ノミや未だにもきちんと予防接種を受けさせてあげてくださいね。


ノミ・マダニの予防接種に関する費用


ノミ・マダニの予防接種に必要となる費用も、犬の体重によって薬の量が変動しますが、おおよそ1回あたり1,000~2,500円くらいの料金だと考えておくと良いでしょう。



いかがでしたか?

犬を様々な感染症から守ってくれる予防接種の必要性を感じていただけたでしょうか。

愛犬の健康、そして命を守れるのは私たち飼い主しかいません。

可愛い愛犬の笑顔を無くさないためにも、今回ご紹介した4つの予防接種を忘れずに受けさせてあげてくださいね(老犬や病気の場合の予防接種は、獣医師と相談のうえ決めるようにしましょう)。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo