飼い犬の連続窃盗か?

飼い犬が忽然と姿を消すという事件が群馬県の昭和村で最初に起きたのは、昨年(2014年)の12月。最初はメスで雑種犬のハナちゃんだった。

ハナちゃんは庭のベンチとワイヤーで繋がれていたが、夜があけて飼い主が確認したところワイヤーが切れていた。そこにハナちゃんの姿はなかった。

「石でこすれたのか、なぜワイヤーが切れたのか分からない」と飼い主は語るが、この後も昭和村では続けて犬たちが姿を消していった。

今年(2015年)8月には、ハナちゃんの家から5分ほどの住宅でもミニチュアダックスフンドが、9月にはオスの柴犬が姿を消した。

飼い主たちは口を揃えて「愛犬がいなくなる理由も分からないし、何かを引きずった跡もないんです」と証言しているという。

同時に2頭の愛犬が消えたご家庭もある。

そのご家庭では、8歳のセッター犬と紀州犬を飼っており、夜は檻に鍵をしていたにもかかわらず2頭は姿を消した。不思議なことに、翌朝に飼い主が確認したところ、檻にはきちんと鍵がされてあったのだ。

1年間で7頭、警察も捜査を開始

先月23日(2015年11月)にも、4頭もの犬を多頭飼いしている家庭から1頭だけが姿を消したという。

飼い主の女性は、「いつもはよく吠えるのに、その日の晩は4頭とも吠えなかった」と話している。また、「その晩は人の気配があり、なにかがやがやした感じだった」とも女性は証言している。

この1年間、群馬県昭和村では合計7頭もの飼い犬が姿を消した。

消えた犬たちの犬種や年齢はバラバラだが、共通して屋外で飼われていた。なにより、消えた晩に吠えた形跡がないことが不気味で仕方がない。

警察は窃盗の可能性があるとして調べているが、仮に人間による窃盗だとすると、よほど犬に慣れた人間なのか、はたまた何度か通って犬に慣れさせたのか。

訓練された猟犬が盗まれることは稀にあるらしいが、今回はセッター犬以外は猟犬にできない犬種。窃盗だとしても目的がハッキリしないことが、さらに不気味である。

2015年2月には、10代の複数の少年らが犬を誘拐し首や足の骨を折るなどの虐待を行うという衝撃的な事件もイギリスで起きたばかりだ。

絶対に許せない!犬を誘拐し首や足の骨をおる虐待をした少年たち

何よりもまず、消えた犬たちが無事でいてくれることを切に願う。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Tsunayoshi公式
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード