いったいこれは何なんだ!

引用の出典元:www.facebook.com

ロシア・シベリアの中心的都市、ノヴォシビルスクのアパートからモンスター犬は保護されました。動物保護団体のスタッフがアパートに立ち入ると、部屋からは異常なまでの汚物の臭いが…。

室内ではグレー色の大きな塊がかすかに動いていました。「まさか、この塊が保護対象の犬なのか!?」スタッフは静かに歩み寄ります。

近付いてみてもどこに頭があるのかもわからないほど、まさしく「モンスター」のような姿と化していたのです。

飼い主の死、そして遺産相続争い

引用の出典元:www.facebook.com

保護された犬は「オールド・イングリッシュ・シープドッグ」でした。この犬の飼い主だったゴレ・ズダノフさんは、1年前に愛犬を残して79歳で亡くなっていました。

飼い主が亡くなってから1年間もの間、オールド・イングリッシュ・シープドッグはこの部屋で独りぼっちで暮らしていたのです。

親戚はズダノフさんの所有していたアパートを、どうやって遺産相続するかでいさかいを起こし、犬には最低限の水とエサを与えるのみでした。

ベランダに出て用を足せるようにはしてありましたが、アパートの貴重品の見張り番としてずっと部屋に閉じ込めていたというのですから、鬼畜としか言いようがありません。

1年後、ようやく親戚たちの間で相続の決着が付き、このアパートを売りに出すことになりました。売る前に邪魔になった犬を引き取ってほしいと、あまりにも身勝手な理由で動物保護団体に連絡を入れたのです。

保護犬の被毛は排泄物でカチカチに固まっていて、ベランダに行くどころか自力で立ち上がることすら困難な状態に陥っていました。

もともと、オールド・イングリッシュ・シープドッグは牧羊犬として活躍していた犬種です。子ども好きで明るく穏やかな性格の犬種で番犬としての性格は備えていません。

ましてや長毛で毛量が多いので、毎日のブラッシングやケアが欠かせない犬種なのです。

保護犬は名前すら呼ばれたことがなかった…

引用の出典元:www.facebook.com

犬に水とエサだけ与えて、何の面倒もみていなかった親戚たちは、この犬の名前すら知らなかったと言います。

動物保護団体のスタッフは、保護犬に"ココス"と名付け、まずは被毛を除去することから始めます。6人のスタッフが3時間もかけて除去した被毛の量は、100リットルの大きなゴミ袋に4袋分もありました。



彼の全身を覆っていた被毛が取り除かれると、痩せ細った体と無数の腫瘍が露わになり、スタッフたちは思わずココスを抱きしめずにはいられませんでした。

ココスの1年にも渡る孤独感と絶望感はどれほどのものだったのか、想像するだけで心が張り裂けそうになります。

笑顔を取り戻したココス

引用の出典元:www.facebook.com

動物愛護団体の計らいで、ココスは新しい飼い主となったエレナ・リッボさん元で暮らせるようになります。まだまだ心と体のケアは継続中ですが、エレナさんと一緒に散歩ができるまでに回復しました。

「ココスにはできる限りのことをしたい」と語るエレナさん。エレナさんからの愛情を一身に受けるココスは今、笑顔を取り戻し、幸せな第二の犬生を送っています。

人間の身勝手に巻き込まれ、しなくてもいい辛い経験をしたココス。これからはもう安心して過ごせますね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード