ケージ内で犬が死んでいる!?

引用の出典元:www.boredpanda.com

アメリカ、テキサス州オースティンの当局に「不潔で汚れきったケージ内で、犬が横たわっている。もしかしたら死んでいるかもしれない」と通報が入りました。

担当者が問題のケージに目をやると、確かにケージ内は汚物まみれです。汚れた体で横たわった犬は生きているのか死んでいるのかもわからない状態でした。

瞼を閉じることすらできず、極端な飢餓状態に陥っている様子です。痩せた首には、かつて飼い主が着けたであろう首輪がありました。

そのとき、犬の肋骨がほんの少しだけ動いたのです!

諦めない心が奇跡を起こす!

引用の出典元:www.boredpanda.com

ただちにオースティン動物センターへと搬送され、獣医の診察が始まりました。体温を測っても体温計が反応しないほど低体温になっていた犬は、自力ではまったく体を動かすことさえできませんでした。

獣医たちは、哀れな状態のこの犬が回復するのは難しい、と判断します。誰もが絶望感を抱える中、エリザベス・マンセラ医師が医療チームに参加しました。

エリザベス医師は一縷の望みを託し、この犬を3時間にわたり温かいお風呂に入れて体温を上げようとします。さらに、何とか体温を取り戻せるよう犬の体に優しくドライヤーを当てて温めました。

エリザベス医師は処置をしている間、「あなたはじきに良くなるわ」とずっと話しかけていました。

するとどうでしょう。命を繋げるほどにまで体温が上昇し、この犬は蘇ったのです。

天使にも似たエリザベス医師の諦めない心が奇跡を起こし、尽きようとしていた命を救ったのかもしれません。

家族としてソフィーを支え続ける

引用の出典元:www.boredpanda.com

彼女は、奇跡を起こしたこの犬に"ソフィー"と可愛らしい名前を付け、自分の家族として迎えることを決めました。

ソフィーは完全に回復を遂げ、エリザベス医師の家族として幸せな毎日を過ごしています。

エリザベス医師は、「ソフィーは、もうこれからは空腹や寒さに耐える必要はありません」と力強く語りました。

寒い外気の中、糞尿にまみれ水も飲めない状態で、ソフィーはどのくらいの時間をケージ内で過ごしていたのでしょうか。

今でこそ、大きな瞳が印象的なソフィーですが、保護した当初は嘆かわしい目でエリザベスさんを見上げていたと言います。

痩せていた体も、だいぶふっくらして可愛くなりましたね。

残酷な飼育放棄が世の中からなくなることを願ってやみません。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード