飼い主は動物病院に愛犬を捨てた

引用の出典元:www.thedodo.com

インドネシアのバリ島は、その美しさから多くの日本人も観光に訪れています。ティンティンもバリ島での暮らしを満喫していたはずなのですが…。

オスのピットブル、ティンティンは病気にかかってしまいます。飼い主は動物病院に連れてきたものの、そのまま愛犬を置き去りにし、再びティンティンの顔を見に来ることはありませんでした。

さらに、獣医ともあろうものが飼い主からお金をもらっていないことを理由に、一切の治療を行わなかったのです。

そして、ティンティンは食事もほとんど食べさせてもらえない状態で、院内に放置されてしまいました。

消えかかろうとしていた命に一筋の光が!

引用の出典元:www.thedodo.com

ティンティンが飼い主からも獣医からも放棄されてからどのくらいの月日が流れたのでしょう。ある日、病院内によろめくように歩く犬がいるのを、地元の男性が目撃します。

男性は、バリの動物保護団体『BARC』のFacebookに、犬の写真とメッセージを届けました。

『BARC』の代表、オーエン氏は、痩せ衰えた犬の姿を見た瞬間、「自分たちにできることがあるはずだ、絶対に助けなければ」と決意します。

写真から見る限りでも、ティンティンはかなり衰弱しており、まさにその命は風前の灯火でした。

いったいなぜこんな状態で放棄されているのか、まったく情報がありませんでしたが、とにかく希望を持ってすぐに行動に移すしかありません。

犬の命を脅かしていた病気の正体は?

引用の出典元:www.thedodo.com

早速、通報のあった動物病院に向かいます。獣医はすんなりとティンティンを引き渡し、オーエン氏はすぐに別の動物病院へと連れて行きました。

ティンティンの衰弱しきった体を見た獣医は24時間体制を組み、直ちに点滴を施します。様子を見ながら水分やエサも与えました。もしや腎不全を患っているのでは?と獣医は感じたと言います。

しかし、獣医がティンティンの血液を検査した結果、腎不全ではなくダニによる軽症の血液寄生虫症を患っていたことが判明したのです。

彼の命を脅かしていたのは何か重大な病気ではなく、飢餓状態にあることでした。

ティンティンを診断した獣医は、おそらく飼い主が病院に置き去りにした段階で、すでに飢餓状態だった可能性があると考えています。

笑顔が似合う元気な男の子に生まれ変わる!

引用の出典元:www.thedodo.com

あれほどガリガリだったティンティンでしたが、2ヵ月後、体重は2倍に増え、人生を満喫する準備が整いました。

ティンティンは走り回って遊ぶのが大好きな活発な男の子に生まれ変わり、「モッテコイ!」が大のお気に入りです。

「多くの人から注目を浴びるのが大好きで、あれほど酷い目にあったにもかかわらず、人間を100%信頼しているんです」とオーエン氏は語りました。

ティンティンは今、BARCによって救助された多くの犬を収容する『カングーペットリゾート』に一時的に住んでいます。

ペットリゾートにはプールもあり、たくさんの犬友達と遊んだり泳いだりと、毎日を楽しく過ごしているそうです。

ただ、バリの犬事情は想像を絶するものがあり、バリに1万2千年以上昔から住んでいる犬を軽蔑扱いし、バリ政府は頻繁に毒矢で野良犬たちを毒殺しています。

今回のティンティンのような西洋の犬種に関しても、しっかりとした知識や飼い方が普及しておらず、鎖に繋ぎっぱなしや小屋に閉じ込められたまま、その犬生を終えることが多いそうです。

オーエン氏によれば、富裕層は見栄のために犬を輸入し、飾り物のようにして小屋に閉じ込める飼い方がステータスだという誤った認識を持っているとのこと。

バリの人々にも正しい知識を得ていただいて、ティンティンのように不幸な飼われ方をする犬がいなくなることを願います。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード