3匹の子犬は障害を抱えていた

引用の出典元:www.thedodo.com

バックヤードブリーダーによってシェルターに持ち込まれた子犬には"ボー"、"デイジー"、"ルーク"と名付けられました。

この3匹はまっすぐ歩くことができず、売り物にならないから、という身勝手な理由でした。

わずか6週齢という、小さな体を互いに寄せ合う3匹。可哀想なことに、またもや人間の犠牲となってしまったのです。

シェルターで子犬を診断したところ、母体で酸欠になったことが原因で、先天性の小脳の機能障害があることが判明しました。

彼らには特別なケアが必要です。シェルターのスタッフは、ニューヨーク市に拠点を置く『ボーンズ・アンド・カンパニー(Bones and Co.)』にこの子犬たちを面倒看れないか相談します。

ボーンズ・アンド・カンパニーは、すぐに3匹を引き取ることに同意し、3匹はニューヨークへと移送されました。

1匹にはすぐに里親が現れたものの…

引用の出典元:www.thedodo.com

ニューヨークに到着した3匹にさらに詳しい医療検査が行われた結果、当初心配されていたほど悪くはないと診断されました。

確かに、障害により少々不自由な点もありますが、日常生活が困難になるほどのことはないレベルだったのです。施設では早速3匹の里親を募ります。

3匹のうちでもっとも元気の良かったルークは、まっさきに養子縁組が成立し施設をあとにします。ところが、兄犬のボーと妹犬のデイジーにはまったく里親が現れません。

実は、この2匹には聴覚障害があり、ボーは左耳、デイジーは両耳がまったく聞こえなかったためグルグルと回ってばかりで、1匹だけになるととても不安になってしまうのです。

兄犬のしぐさを真似て生活する妹犬

引用の出典元:www.thedodo.com

特に、妹犬のデイジーは両耳が聞こえなかったことに加え、体の成長も遅かったと言います。兄犬のルークやボーのすべてを真似することで、なんとか耳の不自由さを乗り越えていました。

しかし、ルークがいない今、ボーだけが頼りです。デイジーはいつもボーの動きを見て今何が行なわれているのかを把握します。

ボーも片方の耳が聞こえず音がどこから来ているのかをすぐに判断するのは難しいですが、デイジーが困らないように決してそばから離れません。

ボーが朝目を覚ませばデイジーもともに目を覚まし、食事のときにもボーの様子を目でキャッチして一緒に食べることができました。

ボー兄さんが妹デイジーの介助をしてくれるおかげで、デイジーは日常生活に支障をきたすことなく過ごせています。

生後5カ月になった2匹に里親を!

引用の出典元:www.thedodo.com

そんなボーとデイジーに里親が現れたのですが、残念なことにわずか10日間で施設に戻されてしまうのです。先住犬が2匹を受け入れてくれなかったのが理由でした。

施設では不幸なマッチングを避けるため、動物を飼っていない家庭に2匹を迎え入れてほしいと願っています。

2匹にはいくつかの問題や面倒な習性があるかもしれませんが、彼らは日々たくましく成長しています。迎え入れてくれた家族の幸せをより大きなものにしてくれることは間違いありません。

生後5カ月になったボーとデイジー。可愛い2匹を理解し愛してくれる家族と出会えることを祈ります。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード